【漫画試し読み付き】中1で学校へは行かず渋谷へ! 令和のギャルタレント・みちょぱのルーツとは? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 【漫画試し読み付き】中1で学校へは行かず渋谷へ! 令和のギャルタレント・みちょぱのルーツとは?

LIFESTYLE

2021.01.23

【漫画試し読み付き】中1で学校へは行かず渋谷へ! 令和のギャルタレント・みちょぱのルーツとは?

今やテレビで見ない日はない、タレントのみちょぱさん。彼女の等身大の話を全2回に分けてお届けします。今回は「プライベート編」。

ギャルから学んだみちょぱのマインドセット

少女コミック誌「Cheese!」2月号にて、ギャル系JK漫画『ラブ・パラサイト』の連載がスタートしました! これを記念して、現在の日本のギャルの代表であり、明るく元気なキャラクターとストレートな痛快ツッコミが人気な「みちょぱ」さんにスペシャルインタビューを行いました。

みちょぱさんは、外見が派手なこともあり、自由奔放と思われがちだが、実は彼女は自分の中に独自ルールを持っているしっかり者。例えば、心霊ロケ、グラビアなど、体を張る仕事はNGなんだとか。

そんな彼女のマインドをインタビュー形式で2回に分けて掲載していきます! 今回は「プライベート編」です。

ギャルのこと

中学高校はギャルに憧れて、制服でどこか出かけるときはルーズソックスを履いてました。ルーズを履けば、勝手にギャルになれると思ってて(笑)。ギャルが着るような服を一式そろえたし。

私、中学校で仲いいグループから急に嫌われたとき、「意外と一人のほうがラクじゃん?」って気づいて。休み時間になったら「教室がウザい」って携帯持ち出して、一人でトイレに行って。

渋谷に行ったり、サークル入ってたり、中3で「美舞羽凛」っていうギャルサー作ってイベントしたり。大人も一緒だったから「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」とかも学びましたね。やっぱりギャルって、結局マインドだなって思いますね。

渋谷のこと

中1くらいのときに反抗期で、学校いかずに勝手に渋谷行ってましたね。ピアスも開けたいし、髪の毛も染めたいけど、マジメな中学校だったから自分の好きなことできなくって

学校行ったふりして荒川土手で寝て、ママが仕事に出たら一回家に帰って、メイクして渋谷に行くっていう(笑)。そのくらいがMAXギャルでしたね!

ママのこと

ママは心配性です、昔っから。でも、自分でも昔ヤンチャしてた人だから、気持ちはわかってくれてはいたと思うんです。家出のときも、無理矢理連れ戻すことはなかったし。

たまに、ママに愚痴ったりするけど、「そうだよね、私もそう思った」ってそれ以上に被せてくる。だから「そういうことじゃないんだよ。そこまで求めてないんだよな」って面倒くさくなって、その後はスルーします(笑)。

憧れのギャルとかはいません。現実味がない人には興味ないので。でも、ayuの曲はママと一緒によく聞いてたな。

家出のこと

隣の中学校の友達ん家へ、1ヶ月位家出したこともあります。そこの親も「そんな時期もあるよね」って、やさしくて(笑)。ママは「勝手にすれば」って感じで、飽きたら戻ってくるって思ってただろうし。

どうやって家に戻ったか? それは、ママに携帯解約されて(苦笑)。携帯ないと生きていけないんで帰りました(笑)。

女友達のこと

友達は5〜6人、小さい範囲で濃い感じに。さっぱりして、面倒くさくなくて、結構言い合える仲です。

相談されることが多いですが「ちょっと強くアドバイスしてあげたほうがいい」とか、「強くいうとしょげちゃうタイプだから、そうだよね〜って言おう」とか相手によって接し方を変えてます。

でも自分の相談ごとは自己解決。自分で考えたほうが早いから、友達には事後報告が多いです(笑)。

少女まんがのこと

好きな少女まんがは『なまいきざかり。』『初めて恋をした日に読む話』とか。年下の男子の恋バナが現実的ではなく面白かった! 『黒崎くんのいいなりになんてならない』の黒崎くんもドSでやさしくて好き。

今回の新連載も自分と重なるところがあるか、とっても気になります! 「いよいよ始まるのかと!」(笑)。でも、先生は恋の対象じゃない。恋愛対象になる先生と出会えなかったです(笑)。

おうち時間のこと

仕事終わったらマジでずっと家にいます。基本ゲームしてますね。オンラインで倒す系だったり、スマホでパズルみたいなのもやるし、『ある森』とかもやるし、オールジャンルです。

愛犬もいるし、それで勝手に休めてるんじゃないのかな? ギャルのイメージだと「パリピ!」みたいなイメージで思われるんですけど、そういうのは面倒くさいです(笑)

次回は、みちょぱさんの恋愛観をお届けします。お楽しみに!

注目の『ラブ・パラサイト』を試し読み!

雨村澪先生の『ラブ・パラサイト』の1話を特別に試し読みができちゃいます!

試し読みはこちらから

* * *

池田美優
1998年10月30日生まれ。A型。静岡県出身。『みちょぱ』の愛称で、雑誌『Popteen』専属モデルとして、ティーン女子が選ぶカリスマモデルに選出される。『TOKYO GIRLS COLLECTION』『GirlsAward』など多数のファッションショーに出演。テレビのバラエティ番組などでも活躍中。

2021年Cheese!2月号「『ラブ・パラサイト』連載スタート スペシャルインタビュー みちょぱの『ギャル恋』」より
撮影/中野修治 ヘアメイク/Misu(アディクトケース) 構成/江口彩子(プロスペック)
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.02.25

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi3月号『あまり「塗りたくない日」の程リップ、ちゃんと「塗りたい日」の映えリップ』P.162掲載の商品の価格に誤りがありました。正しくは、カネボウ化粧品 ルナソル シークレットシェイパーフォーリップスが¥3,500(セット価格)、カネボウ化粧品 ルナソル デューイマット リクイドが¥3,800になります。お詫びして訂正いたします。

Feature