レッスンへの情熱は冬の寒さに負けません!【Oggi GOLF部活動レポ/1月前編】雷 国悦さん | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. ゴルフ
  5. レッスンへの情熱は冬の寒さに負けません!【Oggi GOLF部活動レポ/1月前編】雷 国悦さん

LIFESTYLE

2021.01.13

レッスンへの情熱は冬の寒さに負けません!【Oggi GOLF部活動レポ/1月前編】雷 国悦さん

2020年末にスタートしたOggi GOLF部 二期生プロジェクト。そのメインの活動でもあるレッスンについて、各メンバーがレポートします。

Oggi GOLF部 雷 国悦

スイングに必要なのは、クラブの遠心力!

夜の冷え込みがますます深まり、レッスンは寒さとの闘い? と思いきや、メンバー全員のゴルフへ情熱からか、熱いっ!(笑)。

復習の意味を込め、私が学んだレッスンの内容を備忘録的にまとめてみました。

クラブを振り切る練習

基本のアドレス(構え)とグリップ(握り方)を学んだ後は、主にクラブの振り切る練習をしてきました。前回は9番アイアンでしたが、今日は初めてP(ピッチング)で練習しました!

合言葉は「くるりんぱ!」

P(ピッチング)で平行に、“くるりんぱ”とクラブを振る。

これが私たちに与えられた課題。

どういう動きかというと… 円を描くイメージで、クラブを減速させずにぐるっと回す、というもの。

その感覚をつかむのは慣れないうちは、とてもは難しい!

最初は重心が安定しなかったり、手首を上げる時に右に曲がりすぎたり。クラブを一周くるんと回せず、頭にぶつかけてしまうことも(笑)。

スタンスやグリップなど、他の部分に意識を反らすと、すぐに手首の力の加減を忘れてしまったり。

時々考えすぎて、スイングすると頭が真っ白になりうまくいかないこともあります。

そんな時は、インストラクターの宮下先生に何度も正しい握り方を確認しながら、正確な内容を頭と体にインプットを繰り返すようにしています。

初心者ゴルファー、雷国悦の今日のレッスンmemo

・正しいグリップを常に意識する。左手のグローブにあるマーク(甲の真ん中の位置)が目線で少し見えるように置く

・スイングを上げる時の順番まずは手首、そして腕
・上げる時は、クラブが後ろに行き過ぎないようにコントロールする
・スイングのフィニッシュは脇を締めた状態が理想

まだスタートして間もないですが、同期のみんなとも徐々に打ち解けてきて、レッスン日が楽しみになってきました。

寒さに負けず、頑張ります!

写真・文/雷国悦 場所/アコーディア・ガーデン東京ベイ(アコーディア・ゴルフ)

こちらの記事もチェック!

Oggi GOLF部 雷 国悦

IT関連会社勤務・30歳/オッジェンヌ(Oggi専属読者モデル)としてファッションや美容など、ゴルフ以外でも誌面で活躍。「ゴルフはずっと本格的に学びたいと思っていたところ。旅先でゴルフをするのもひとつの目標。今から頑張ります!」


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.13

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature