【下弦の月】2020年11月幸運の〝星のささやき〟|星ひとみ「天星術」 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. feature(fortune)
  4. 天星術
  5. 【下弦の月】2020年11月幸運の〝星のささやき〟|星ひとみ「天星術」

FORTUNE

2020.11.01

【下弦の月】2020年11月幸運の〝星のささやき〟|星ひとみ「天星術」

今、大注目の人気占い師・星ひとみさんが「天星術」であなたの運命を占います♡ 天星「下弦の月」の2020年11月の幸運の〝星のささやき〟

天性の世渡り上手

下弦の月

◆基本の運勢

自覚はあまりないようですが、コミュニケーション能力はピカイチ。誰とでも会話を弾ませられ、人と人との縁を繋ぐ才能にも長けています。順応性に優れた世渡り上手タイプ。さまざまなことに興味津々で楽しみを見出すのが得意ですが、飽きやすく集中力がないため、長続きしません。また、その場しのぎの会話をしているうちに、本音と建前、他人の話と自分の話がごちゃ混ぜになり、嘘やごまかしが出てきてしまうことも。常に褒められたいという気持ちが強く、根拠のない自信があることから、周囲からは芯がないように見られてしまうかも。知らないことは素直に聞き、知恵や経験を実直に積みあげていくことで、優れた話術に本物の実力が宿ります。

◆11月の運勢

【総合運】
公私ともにさまざまなことが起こり、自分を見失いやすい時期。何を大切にしたらいいか、自分がどうしたいかわからなくなったら原点に戻り、なぜ自分はこれをやろうとしたのか、初心を思い出すことで解決の糸口を見つけられるかもしれません。もしくは、知識や経験が豊富な人に相談することも◎。もしいま何か引っかかる問題があったら、11月中に解決するようにすると、運気の流れをきれいさっぱり入れ替えることができます。不安にならなくても大丈夫。少しずつ運気は上がっていきます。

【恋愛運】
ズルズルと続く曖昧な関係には終止符を打つ時。自分の気持ちに正直になるべきですが、独断で動くと良くない方向に突っ走りがちなので、一旦友達などに相談をしましょう。このタイミングで去る人がいても、追わない方が◎。本当に大切な縁は残りますよ。

【仕事運】
データをなくす、メールを誤送信する、普段はしないケアレスミスが続くなど、何かと思い通りに進まないかもしれません。でも、イライラする態度をあからさまにしてしまっては、さらに悪循環。間違いを指摘されたら素直に謝り、挽回に努めてください。大人の対応を目指して、自分をコントロールして。

【一言】
色々と入れ替えが必要な運気。心の窓を開いて換気を。

【ラッキーナンバー】
ラッキー:8、30
アンラッキー:9、25

【ラッキーカラー】
エクリュ

【ラッキーファッションアイテム】
フォトT、ロゴT

運気が絶好調な人もそうでない人も、星さんの“ラッキー”&“回避”アドバイスを心に留め、年末までのラストスパートを“万全に”乗り切りましょう! それではまた来月に♡

11月28日発売のOggi1月号では、星さんが全16ページに渡って、2021年の運勢を鑑定してくれる占い企画が組まれています。来年の開運アクションや良い月、悪い月などを知ることができるので、こちらも楽しみにしていてください。

もう一度占う‎

イラスト/そで山かほ子 編集協力/宮田典子(HATSU) 構成/辻本幸路

占い師・星ひとみ

占い師、ライフコーディネーター。中国に古く伝わる東洋占星術をベースに、数々の統計学や人間科学、心理学など様々な要素を取り入れたオリジナル運勢鑑定法「天星術」の開祖。巫女の血筋を持つ家系に生まれ、幼少期から占星術や心理学の研究を重ねる。鑑定歴は20年、政財界や大手企業などを中心に1000人以上の顧客を持ち、芸能界では数々の有名人の子供の名付けを任される。鑑定人数は3万人以上。現在『スッキリ』(日本テレビ系)の「誕生月占い スッキリす」の監修を務めるほか、『突然ですが占っていいですか?』(フジテレビ系)に出演、少女コミック誌『Cheese!』でも連載中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.26

編集部のおすすめ Recommended

Feature