Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 映画・テレビ
  5. コロナ直撃〝売上は半分以下〟も… 飲食店を営む女性たちはこんな工夫をしていた!

LIFESTYLE

2020.06.14

コロナ直撃〝売上は半分以下〟も… 飲食店を営む女性たちはこんな工夫をしていた!

人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、働く女性へのヒントを見つける連載。今回は、コロナ禍で奮闘する飲食店スペシャル。過去に放送した飲食店を営む女性たちの〝いま〟をピックアップ!

コロナ禍で奮闘する女性たち。彼女たちを支えるルールとは…

誰もが手探りだった非常事態のなか、キラリと光る新しいルールでコロナと力強く向き合う女性たちをご紹介!

■高野多賀子さんの場合(ラーメン店「多賀野」店主)

東京・品川区のラーメン店「多賀野」。店主・高野多賀子さんのこだわりが詰まったシンプルな中華そばを目当てに、以前は行列の絶えない人気店として名を馳せていました。しかし、4~5月の自粛期間中はテイクアウトのみの営業で、売り上げは以前の半分に。そんな状況下で、彼女が決心したこととは…。

新しいルール:もう行列は作らない

6月に入り店内営業を再開した高野さん。「お客さんには安心して来てもらいたい」そんな思いで導入したのが、店頭の予約システム。これにより、お客さんは並ぶ必要がなくなったそう。65歳を迎えてもなお、新たな試みを始める姿に感化されます!

■田中嘉織さんの場合(そうめん専門店店主)

東京・東中野にあるそうめん専門店「阿波や壱兆」。店主の田中嘉織さんは、故郷・徳島の特産品である「半田そうめん」を広めたいと、和洋中さまざまな変化が楽しめるそうめん店をオープン。コロナの影響を大きく受けたという田中さんもまた、新たな取り組みを始めていました!

新しいルール:そうめんをYouTubeで広める

映像制作の仕事に携わる息子さんの後押しもあり、お店の情報を発信するため、YouTubeをスタート。いままでなかなか取り組めなかったことも、コロナがきっかけで始められているそう。〝コロナでchange〟が田中さんの心の中のキーワード。逆境をもチャンスに変えられたら最強ですね!

■永松真依さんの場合(「かつお食堂」店主)

東京・渋谷区にある「かつお食堂」。削りたてのかつお節を溢れんばかりにのせた〝究極の猫まんま〟を提供していたこのお店も、コロナによる自粛期間中は、持ち帰りのみの短縮営業に。そんななか、店主の永松さんが余った時間を「かつおと向き合うために」と始めたことは…。

新しいルール:かつおをさばく度にデッサンする

以前から、「かつおになりたい」と断言するほど、かつおの虜になっている永松さん。現在は、かつおをさばく度にデッサンしているのだとか。弱肉強食の世界で生き抜いてきたかつおのことを考えると、「自分の悩みなんてちっぽけだな」と頑張れるという。これだけ夢中になれるものがあれば、たとえ困難な状況でも、自分を強くもつことができそうです!

■阿部由希奈さんの場合(カレー料理人)

全国を巡りながら、彩りも豊かで独創的なカレーを提供していた流しのカレー料理人・阿部由希奈さん。カレーづくしの日々を送っていた彼女にも、コロナの影響はあったという。「自分の料理の幅を広げたい」と、新たに始めたこととは…。

新しいルール:家でカレーは作らない

コロナの影響で時間ができたいまだからこそ、家のスパイスをすべて処分し不得意なジャンルに挑戦。さらに通販サイトを立ち上げ、週に2日テイクアウト営業をするなど、流しのカレー屋さんは一時お休みに。現状に満足をせず、新しいことにも積極的にチャレンジしていく姿勢を見習いたいです!

■荒木優花さんの場合(「グリル佐久良」シェフ)

洋食の激戦区、東京・浅草で愛され続けている「グリル佐久良」。このお店で、接客を担当する祖母と2人で、今は亡き祖父の味を守り続けているのが、シェフの荒木優花さん。自粛期間中は、祖母の年齢も考え、店を完全休業していたという。そんな彼女はいま…。

新しいルール:暇つぶしに弾き語りをする

新たな趣味として荒木さんが始めたのが、ギターによる弾き語り。もともとやってみたい気持ちはあり、インターネットで見つけて思い切って買ってみたそう。そしていまでは、毎日数時間も費やすほどの立派な趣味に。コロナがきっかけで新たなことを始めた人も多いのでは。一生の趣味が見つけられたら素敵ですね!

■黒田尚子さんの場合(「神戸アジアン食堂バルSALA」店長)

神戸・南京町にある「神戸アジアン食堂バルSALA」。店長の黒田尚子さんは、日本社会になじめないアジア各国の女性たちを支援するため、彼女たちを雇い、各国の料理を提供する店として営業してきました。そんな彼女も、コロナ禍を機にあることを再認識したという。

新しいルール:1日1回テイクアウトする

コロナが流行してから黒田さんが日課にしていること、それは毎日テイクアウトをすること。いままでたくさんの人に支えてもらった。だからこそ自分も、少しでも大好きな飲食店の力になりたい… そんな思いで、1日1回テイクアウトすることを決意。

コロナがきっかけで、いままで気付かなかった人の温かさに触れたり、なにげなく送っていた日常がすごく尊いものなのだと気付かされたり… きっとそんな経験をしている人も多いのではないでしょうか。

* * *

次回の「7ルール」の放送は、6月16日(火)よる11時00分~。主人公は、肉好きの間で話題の塊肉専門店オーナー・片根淳子さん

Oggi.jpでは、番組を振り返りながら仕事をする女性たちへのヒントを見つけていきます! 次回もぜひチェックしてみてくださいね♡

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出す新感覚ドキュメント。スタジオでは、YOUさん、若林正恭さんに加え、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんが縦横無尽な人生観トークを繰り広げます。

【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】

オフィシャルWeb

Twitter

Instagram


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.05

編集部のおすすめ Recommended

Feature