【パルファム ジバンシイ】のヘアミストで“禁断の香り”を髪にまとって|オフィス美人の偏愛コスメ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. feature(beauty)
  4. ビューティニュース
  5. 【パルファム ジバンシイ】のヘアミストで“禁断の香り”を髪にまとって|オフィス美人の偏愛コスメ

BEAUTY

2020.04.13

【パルファム ジバンシイ】のヘアミストで“禁断の香り”を髪にまとって|オフィス美人の偏愛コスメ

普遍的なエレガンスと女性らしさを感じさせる【パルファム ジバンシイ】のヘアミストをご紹介。働く女性の美人度を上げるニューコスメ&ケアアイテムを、日々、新作コスメを体当たりで試している30代の美容ライターがレポートします。

石原有起

ブランド伝統の香りを、現代のエレガンスに刷新したヘアミスト

パルファム ジバンシイ ランテルディ ヘア ミスト 35ml ¥4,800

■大人におすすめの理由
・伝統の香水を受け継いだ芳しい香り
・髪に輝きと潤いをプラス
・モダンで女性的なボトル

その唯一無二の香りで、パルファム ジバンシイを象徴するフレグランス「ランテルディ オーデパルファム」から、この春、ヘアミストが登場。

もともとヘアミストのもとになった香水は、50年代にオードリー・ヘップバーンのために捧げられた、メゾン初のフレグランス「ランテルディ」。

“ランテルディ=禁止”と名付けられたその香水は、「お気に入りの香水だから、私以外は使ってはダメ」とオードリーが告げたほど、彼女の愛した香水だったというエピソードも。

シュッと一吹きすると、オレンジフラワーやジャスミン、チュベローズのピュアなホワイトフラワーの香りと、ベチバーやパチョリといったアンダーグラウンド ノートの“禁断の香り”が髪を優しく包み込み、気品あふれる女性らしさを際立たせます。

また魅惑的な香りはそのままに、髪に潤いを与え、紫外線や大気汚染などのダメージから守る効果もプラス。

動くたびにフェミニンな魅力で満たされるヘアミストの香りをまとって!

■ライターIが試してみた!
「髪が風になびくたびに、深みのあるフラワーの香りが漂います。洗練された丸みのあるボトルも、最高にフェミニン!」

パルファム ジバンシイ

ビューティ&トラベルライター 石原有起(いしはら・ゆき)

大学卒業後、女性誌やウェブを中心に、美容、旅行記事の取材・執筆を行うほか、TV・ラジオ出演、講演など多方面で活動中。現在は、年間数百個の新作コスメを試すだけでなく、“旅=美を磨くためのエッセンス”と捉え、国内外を問わず、旅先で美容スポットを体当たりで巡る取材を多く行う。“人生を彩るために、美容する”がモットー。
■Instagram:@yukiishihara1112


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.08

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature