Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ジャケット
  4. ジャケットコーデ
  5. スタイリスト金子 綾さん提案【JOURNAL STANDARD L'ESSAGE】ダブルジャケット着回しコーデ

FASHION

2020.03.28

スタイリスト金子 綾さん提案【JOURNAL STANDARD L’ESSAGE】ダブルジャケット着回しコーデ

スタイリスト金子 綾さんオススメの「JORNAL STANDARD L’ESSAGEのダブルジャケット」を使った着こなし3選をご紹介します。

スタイリスト金子 綾がレコメンド!
「JOURNAL STANDARD L’ESSAGE」のダブルジャケット

メンズライクな仕立てが、スタイリングを引き締めてくれるダブルジャケット。カーディガンのようなラフな羽織り感覚で、ちょっとした硬質さや切れ味を着こなしの仕上げにトッピングしたい。

スタイリスト金子 綾さん

1979年生まれ。Oggiをはじめとする数多くの女性誌で活躍する人気スタイリスト。自身のワードローブ選びの極意を紹介したスタイルブック『a only.』(小学館)が好評発売中。Instagram:@ayaaa0707

真面目になりすぎない長め丈のダブルジャケットは、カーキブラウンが優秀♡

ジャケット¥34,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ジャーナル スタンダード レサージュ〉)

構築的なデザインとゆるシルエットのバランスが優秀すぎ!

「ジャケットって、働く女性にとっては『きちんと感』をプラスしたいときに効果絶大ですよね。私にとっては、『マニッシュさ』や『辛さ』を足したいときに頼りにする存在です。アイテム自体が端正だから、シルエットは窮屈じゃないほうが好き。襟を立てたり、袖のロールアップだったり… ざっくりはおって着くずしてもサマになるシルエットを大事にしています。だから、ボタンもシングルよりもボクシーで落ち感のあるシルエットのダブル派。

この『ジャーナル スタンダード レサージュ』のジャケットは、なんとも言えない絶妙なカーキブラウンにもひかれました。黒や紺より渋めのニュアンスカラーが、カジュアルにもモードにも振り幅広く、洒落た味わいを足してくれる。ジャケットを着なれた大人の女性ならではの、気負いない感覚で取り入れたいです。」(スタイリスト 金子 綾さん)

「JOURNAL STANDARD L’ESSAGE」ダブルジャケットの着こなし3選

1|MANISH

春はまずセットアップが気分。短すぎないハーフ丈のパンツなら大人らしさもキープできる。カーキやベージュのドライな配色でマニッシュな雰囲気を加速

「ロゴTよりも、ヴィンテージ感のある色彩のフォトロンTのほうが、コーディネートになじみやすく気分」と金子さん。ショーパンスタイルもシックな配色で、少年っぽさを回避。

ジャケット¥34,000・パンツ¥16,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ジャーナル スタンダード レサージュ〉) カットソー¥13,000(ステュディオス 渋谷店〈ステュディオス×JANE SMITH〉) バッグ¥20,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈ザ ディレッタント〉) 靴¥49,000(エスケーパーズオンライン〈HEREU〉) ピアス¥27,000(ショールーム セッション〈MODERN WEAVING〉)

2|FEMININE

カシュクールカットソー×リブニットのタイトスカート。そのまま着るとパステルカラーが甘く女っぽすぎるから、ハンサムな大きめラペルのジャケットで、媚びない女らしさに

さりげなく全身にブラウンをリンクすると、色をミックスしても統一感が!

ジャケット¥34,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ジャーナル スタンダード レサージュ〉) カットソー¥12,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) スカート¥39,000(サザビーリーグ〈デミリー〉) バッグ¥35,000(ヴァジックジャパン〈VASIC〉) 靴¥43,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉) サングラス¥49,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) リング¥77,000(エスケーパーズオンライン〈SOPHIE BUHAI〉)

3|TRAD

紺ブレやきれいめパンツを合わせると本気のトラッドになりすぎちゃうから、カーキブラウンのゆるジャケットとダークネイビーのデニムでほんのちょっとだけラフさを足し算

ニットとデニムの色味をダークネイビーでそろえることで、全体が引き締まりメンズライクなムードに。そのぶん足元は、ヒールサンダルで女っぽさをひとさじ。

ジャケット¥34,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ジャーナル スタンダード レサージュ〉) ニット¥18,000(カレンソロジー青山〈カレンソロジー〉) パンツ¥15,800(バロックジャパン リミテッド〈MOUSSY〉) バッグ¥62,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥45,000(THE GRAND Inc.〈LAURENCE〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2020年Oggi4月号「スタイリスト金子 綾のMy Best Basic♡」より
撮影/小川健太郎(人物)、渡辺修身(静物) スタイリスト/金子 綾 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/鹿沼憂妃 構成/菅 博子
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.05.28

編集部のおすすめ Recommended

Feature