Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ニット
  4. 今年はニットがないと始まらない! エディター三尋木奈保さんがいち早く選んだニットとは?

FASHION

2019.11.12

今年はニットがないと始まらない! エディター三尋木奈保さんがいち早く選んだニットとは?

展示会や撮影でいろんなニットをチェックしたおしゃれプロが手に入れた一枚とは? エディター三尋木奈保さんの、「おすすめ秋ニット」を教えてもらいました!

エディター・三尋木奈保さんが選んだ頼れるニットは…【N.O.R.C by the line】ショート丈ニット

【N.O.R.C by the line】ショート丈ニット

ニット¥16,000(ノーク〈ノーク バイ ザ ライン〉)

「ひざ下丈のスカートと好バランスのショート丈ニットがここ数年の定番です」

【N.O.R.C by the line】ショート丈ニット コーディネート

Knit:N.O.R.C by the line
Bottom:l’heritage martinique
Shoes:LAURENCE
Bag:Bottega Veneta
Earrings:TIFFANY & Co.
Bracelet:TIFFANY & Co.
Bangle:CATH(gold), TIFFANY & Co. (silver)
Ring:Fruitsjolie

「秋冬ほぼ毎日身にまとう、着こなしの軸になるニット。よって選びも重要です。体型が丸みを帯びてくる30代からニットに求めるものは、地厚で立体感があること、首が詰まったデザイン、そしてアウトして着られるショート丈。この3点はここ数年変わっていません。ショート丈のニット×ロング丈スカート。これが最近いちばんしっくりくるバランス。

『N.O.R.Cby the line』は今年デビューしたブランドで、展示会におじゃまさせていただいた際に、今っぽさとベーシックの掛け合わせが絶妙だなと思ったのですが、中でもこのニットにピンときました。絶妙な丈もさることながら、袖や裾のリブが効いていて、自然とメリハリが出ます。カシミア混で1万円台というのもうれしい。フェミニンなフレアよりもタイトスカートですっきりと着こなしたいですね」

ニットに合わせる小物は、メタリックに!

バングル:TIFFANY & Co.

▲バングル:TIFFANY & Co.

バングル:CATH

▲バングル:CATH

リング:Fruitsjolie

▲リング:Fruitsjolie

靴

▲靴¥49,000(THE GRAND Inc.〈LAURENCE〉)

「マットな素材ゆえまったりしがちな、ニットの着こなし。淡い配色も好きなのでバングルで取り入れるシルバーやゴールドの硬質さが必要! ちなみにブーツのヒールもメタリック。マットとツヤで質感をミックスするのが肝です。ニットのまろやかさを拾ったムーンストーンの色石リングでかわいげをひとさじ」

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

Oggi11月号「おしゃれプロ16人の『私、このニットにピンときました!』」より
撮影/石川純平(人物)、寺山恵子(静物) スタイリスト/佐々木玲奈 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) 構成/堀 由佳
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.12.08

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号 P.158に掲載の常盤薬品工業の商品について誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)ニューボーン WブロウEX N 01 ¥1,200 →(正)ニューボーン パウダリーペンシルブロウEX 01 ¥850

Feature