Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. シューズ
  4. みんなは、何を選んでる? 働く私たちの【リアルな通勤靴】を大調査しました!

FASHION

2019.10.12

みんなは、何を選んでる? 働く私たちの【リアルな通勤靴】を大調査しました!

【Oggi11月号をチラ見せ!】実際のところ、働く女性たちはどんな視点でどのような通勤靴を選んでいるの? Oggi読者の皆さんが抱えている、通勤靴に対するさまざまな想いや悩みを大調査! リアルに働く読者50人に聞きました。

Oggi読者50人に聞きました! 働く私たちと通勤靴リアル意識調査

通勤靴

靴[2]¥18,000(TOMORROWLAMD) ジャケット¥36,000(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) ニット¥49,000(ドレステリア 銀座店〈ドレステリア〉) パンツ¥12,000(エレメントルールカスタマーサービス〈バンヤードストーム〉) バッグ¥38,000(ジャンニ キアリーニ 表参道店〈ジャンニ キアリーニ〉)

◆通勤靴を選ぶとき、9割が〝履きやすさ〟を最重視していた!

Q.通勤靴を購入する際に、最も重視するポイントはなんですか?

1位 履きやすさ(45人)
2位 デザイン(3人)
3位 価格(2人)

「移動が多い日もあれば一日中立ちっぱなしの日も… 疲れにくい靴に出合いたい!」(企業広報・30歳)
「オーダーメイドで自分にぴったりな一足をつくりたい!」(マスコミ勤務・35歳)
「動きやすくてかつきちんと見える。そんな靴が理想!」(メーカー勤務・33歳)

履き心地のよさを求める人が圧倒的多数を占めると同時に、足の痛み・疲れに関する悩みが浮かび上がってくる結果に…。デザイン面は、通勤用の靴ゆえに洒落感よりも脚がきれいに見えることを重視する傾向にありました。

行き着く先は、おなじみブランドの高機能シリーズ!?

「足の幅が広く、〝銀座かねまつ〟の『WOMAN & MYSELF』という甲高幅広足向けのシリーズを愛用」「〝ダイアナ〟の『ルフリー』シリーズがお気に入り」など、いろいろ試した結果、足の悩みにスポットを当てた機能性パンプスに行き着いた読者も多数。

◆やっぱり頼りになるから… 合わせやすい黒を買う

Q.通勤靴は何色を選ぶことが多い?(複数回答)

Q.通勤靴は何色を選ぶことが多い? 結果グラフ

人気のTOPは黒でしたが、どの色も基本的には「合わせやすいから」という理由でランクイン。また、脚をスッキリ見せてくれることも大事な決め手に。中でも、スーツ派はシャープに見える黒かネイビーの2択の人が目立ちました。

「ベージュは、肌なじみがよくて脚がきれいに見えるし主張も強すぎない」(会社員・33歳)
「グレーは、黒よりも重くなりすぎずスタイリングもこなれて見える気がする」(企画営業・33歳)
「赤は女性らしいアクセントとして使うのが好き!」(IT関連会社勤務・31歳)

◆できることなら、1万円台におさめたい

Q.通勤靴を購入するときの価格の目安は?

Q.通勤靴を購入するときの価格の目安は? 結果グラフ

気に入った一足ほど、〝特別なとき〟ではなくデイリーにどんどん履き倒したい通勤靴。躊躇なく履ける価格帯に人気が集中。その一方「これなら絶対疲れないという一足に出合えたら、値段が高くても飛びつく」という声も。

「通勤靴は大事な消耗品。使い勝手のいい靴をコスパよく見つけたい」(専門職・30歳)

◆8割がヒールとフラットの両方を使い分け

Q.あなたはヒール派? フラット派? 両方派?

Q.あなたはヒール派? フラット派? 両方派? 結果グラフ

基本は「仕事をする上で背筋も伸びる」ヒールできちんと感を出しつつ、いざとなったら「頑張らなくてすむ」フラットに頼る… というスタイルが主流。「本当はヒールを履きたいけど足が痛くて…」とフラット靴を選んでいる人も(涙)。

「通勤電車はいつも満員。ヒールでは踏ん張れず気づけば毎日フラットに…」(会社員・32歳)
「毎日ヒールは疲れる! 足を休ませたいと思う日はフラットを選んでいます」(会社員・27歳)
「気合いを入れる日はヒール、座り仕事が多い日は頑張りすぎないフラットで」(会社員・35歳)
「通勤スタイルをきれいに見せるため! 身だしなみの一環です」(企画営業・33歳)

◆結局… スタイルよく見えて、疲れなくて、おしゃれな万能靴が欲しい!!

Q.ヒールの高さは何cmくらいを選ぶことが多い?

Q.ヒールの高さは何cmくらいを選ぶことが多い? 結果グラフ

スタイルよく見せたいものの「派手すぎはNG」「高すぎると歩きにくい」と約5~7cmに票が集中。「安定感のある太めを選ぶ」「毅然と見えるピンヒール一択」と太さにもこだわりが。

「背の低さをカバーする高めヒールが中心! 形の美しさを重視します」(IT関連会社勤務・31歳)
「コンサバな職場なので、5cm〜7cmできちんと感があって派手に見えないバランスに」(公務員・32歳)
「歩きやすさが一番。だけど少しでもヒールがあると背筋が伸びるから3cm〜5cm派!」(会社員・35歳)

絶賛発売中のOggi11月号では、そんな万能靴を徹底的にリサーチし、本当におすすめのものだけを詳しく、しかも大ボリュームでお届けしています! ぜひチェックしてみてください。

TOP画像:靴[8]¥27,000(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉) ニット¥7,000(エレメントルールカスタマーサービス〈バンヤードストーム〉) スカート¥28,000(TOMORROWLAND) バッグ¥87,000(アマン〈ザネラート〉)

※文中の[ ]内の数字は、靴の[ヒールの高さ]を表し、単位はcmです(編集部調べ)。

Oggi11月号「働く私たちにとって本当に使える〝通勤靴〟って?」より
撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE/人物) スタイリスト/入江未悠 モデル/安座間美優 撮影協力/KDDIウェブコミュニケーションズ デザイン/hoop. 構成/旧井菜月
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.11.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi12月号 P183に掲載のバナナ・リパブリックのコートの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥25,818 →(正)¥27,637

Oggi12月号 P242に掲載のイレーヴのジャケットの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥66,000 →(正)¥72,000

Feature