Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. パンツ
  4. デニムコーデ
  5. 大人が着る【カジュアルモードなデニム】ブランド6選|着るだけで即、今っぽくこなれる!

FASHION

2019.09.25

大人が着る【カジュアルモードなデニム】ブランド6選|着るだけで即、今っぽくこなれる!

Oggi基準の「カジュアルモードなデニム」を、飯豊まりえが着こなします。履くだけで今っぽくなれる6本をご紹介!

大人のカジュアルモードに必要! 厳選6ブランドの【デニム】

Oggi基準の「カジュアルモードなデニム」を、飯豊まりえがフレッシュに着こなします! 着るだけで即今っぽくて、大人に過不足なくしっくりハマるデニムがざくざく。6ブランドそれぞれの、渾身の一本をご紹介。

1【Curensology|カレンソロジー】切りっぱなしグレーデニム

色落ちグレーデニムは、いつものシックなコーデの延長として

あえて短めに設定されたクロップド丈ゆえ、足首にディテールのあるサンダルとも好相性。カジュアル度をおさえたストレートシルエットや包み込むようなヒップ周りのつくりが特徴で、デニム初心者やフェミニン派にも優しい。キャメル×グレーの渋色配色は、適度な肌見せでフレッシュに。

デニム¥21,000・Tシャツ¥9,000(カレンソロジー青山〈カレンソロジー〉) バッグ¥45,000(コード〈VASIC〉) 靴¥19,000(Dhyana.〈ディアナ ドット〉)

2【Whim Gazette|ウィムガゼット】ビッグデニムシャツ

デニムシャツを女っぷりよく着るには、肌やボディラインの見せ方を調整

メンズライクな加工を施しているデニムシャツは、逆説的に女性の体を華奢に見せてくれる。リブレギンスとの組み合わせですっきり。

「ウィム ガゼット」のデニムシャツ¥29,000・レギンス¥14,000・「ニナ リッチ」の靴¥93,000(ウィム ガゼット 丸の内店) バッグ¥26,000(ジャーナル スタンダード 表参道〈マロウ〉) 「agete & MEMORIA」のネックレス[コインチャーム]¥30,000・「agete」のネックレス[チェーン]¥62,000(アガット) リング¥8,000(ノジェス)

3【JOURNAL STANDARD |ジャーナル スタンダード】ブラックワイドデニム

透け感ドットシャツと合わせで、奥行きのあるオールブラックを楽しむ

褪せた色味、はき込んだような素材感に、大人の余裕を感じる一本。

デニム¥28,000(ジャーナル スタンダード 表参道〈ザ ブラック〉) シャツ¥9,000(ジャーナル スタンダード プラスイー〈ジャーナル スタンダード プラスイー〉) バッグ¥12,000(エイトン 青山〈エイトン〉) 靴¥5,400(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店〈ニコラス ライナス〉) イヤリング¥15,000(アガット〈agete〉) リング¥8,500(アルアバイル〈フィリップ・オーディベール〉)

4【Shinzone |シンゾーン】テーパードインディゴデニム

王道のネイビー×インディゴはデニムのシルエットで旬度をアップ

国産にこだわった上質な生地・製法で、デニム通にもファンの多いブランド。まるで、ニンジンのように裾に向かって細くなるテーパードラインの「キャロットデニム」は、こなれ感と上品さを両立。

デニム¥19,000・ニット¥17,800(Shinzone ルミネ有楽町〈THE SHINZONE〉) バッグ¥310,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店〈ビエネン デイヴィス〉) 靴¥45,000(THE GRAND Inc.〈LAURENCE〉) ブレスレット¥13,000(アガット〈Tutti&Co.〉)

5【MOUSSY|マウジー 】ダメージブルーデニム

洗練ダメージデニムにヌードカラーで大人の甘さを添えて♡

キュッとコンパクトなウエスト、太ももから裾まではゆったりめのストレートで脚長効果は抜群! ひざにだけさりげなく入ったカットは、ダメージというより抜け感を演出する役割として。

「MOUSSY」のデニム¥13,800・ニット¥4,980・「SLY」のバッグ¥3,990(バロックジャパンリミテッド) 靴¥75,000(アルアバイル〈ニナ・リッチ〉) イヤリング¥17,000(essence of ANAYI〈RADA〉) リング¥16,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉)

6【Mila Owen|ミラ オーウェン】ハイウエストブラックデニム

デニムの丸いフォルムのおかげで真面目なシャツ合わせが新しく

日本人女性の体型に似合うデニムといえばここ。新作は、付かず離れずの女性らしい丸みのあるシルエット。洗いをかけたようなブラックも軽やかで、こなれ感を増幅させる。これで4ケタプライスという、高コスパ具合に脱帽!

デニム¥8,300・シャツ¥6,400(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) バッグ¥5,990(バロックジャパンリミテッド〈SLY〉) 靴¥14,000(PLST〈NUOVO NICAR〉) 眼鏡¥31,000(MOSCOT Tokyo〈MOSCOT〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2019年Oggi8月号「大人が着るカジュアルはこのブランドで探そう!」より
撮影/金谷章平 スタイリスト/金子 綾 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/飯豊まりえ(Oggi専属) 構成/小林 文
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature