Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 2泊3日分の旅荷物を大きめトートにパッキング! オシャレ女子の国内旅♡

LIFESTYLE

2019.08.01

2泊3日分の旅荷物を大きめトートにパッキング! オシャレ女子の国内旅♡

旅行の荷物、何をどれくらい何に詰めて…と悩むことありますよね。そこで今回はOggi.jp’sの阿部芙美香が出かけた2泊の国内リゾート旅の場合を紹介。

Oggi.jp's 阿部芙美香

身軽が嬉しい! 2泊3日・リゾート旅のパッキング術♡

◆夏の2泊3日なら、大きめトートがあれば十分!

旅行に行くとき、なるべく荷物は少なめで向かいたい私。預け荷物もないので、飛行機を降りた後もスムーズに移動できるのが嬉しいです。

最近、沖縄の座間味島へ行ってきたので、その際のパッキング術をご紹介します。(と言っても簡単なものですが……!)

白T×ショートパンツ

今回は、左の大きめトートを持って沖縄へ向かいました。快適なフライトタイムを過ごしたいので、着て行った服も白T×ショートパンツとリラックス仕様に。ビーチサンダルなら、到着前からリゾート気分が味わえます♪

持っていった洋服

今回持って行ったお洋服たち。リゾート旅であれば、持っていく服も薄手なので、大きめトートバッグがあれば十分。ここに、化粧ポーチと下着、PCと充電器を足しただけの、極力少ない荷物です。

水着はクリアポーチに

水着は、クリアポーチにまとめて入れます。柄が覗くので、見た目的にもリゾート旅気分を盛り上げてくれます! さらにクリアポーチなら、現地でビーチに行く際にも重宝するのでおすすめ。

そして、スペース確保のために、かごバッグの中に衣類や小物をまとめて入れています。小さなアイテムも、バッグの中に収めておけばなくす心配がないですよね。

シュノーケリング ウミガメ

沖縄の離島へ行くのは今回が初めてだったのですが、座間味島の海は本当に綺麗でした……! 2泊3日で、3日連続ウミガメに会えたのです…♪

とにかく透明度が高く、一度潜ったら病みつきに! 近頃はずっと座間味島の海に潜りたくてうずうずしてしまい、次はいつ行こうかなと早くも計画中な私でした。

海の透明度

Oggi.jp's 阿部芙美香

1991年生まれ。IT企業にて、2年間ウェブマガジンのエディターを経験し、現在は東京と地元の新潟を行き来しながらフリーランスライターとして活動。趣味は、映画鑑賞とシュノーケリング。Oggi.jp’sでは、“いつもの日々がちょっぴり豊かになる”ようなTIPSを発信。
Instagramアカウントはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.12.10

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号 P.158に掲載の常盤薬品工業の商品について誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)ニューボーン WブロウEX N 01 ¥1,200 →(正)ニューボーン パウダリーペンシルブロウEX 01 ¥850

Feature