Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 最先端お化け屋敷がエモくて衝撃! 女子会や合コンにおすすめのディナーも!

LIFESTYLE

2019.07.26

最先端お化け屋敷がエモくて衝撃! 女子会や合コンにおすすめのディナーも!

東京・渋谷に新感覚のお化け屋敷「KICHIRI いしがまハンバーグ presents~お顔をちょうだい~老婆の呪面(じゅめん)」が期間限定でオープン! その内容とは…。

ライター Ayako

VRで新感覚の恐怖体験!

お化け屋敷「KICHIRI いしがまハンバーグ presents~お顔をちょうだい~老婆の呪面(じゅめん)」

日本の夏の風物詩のひとつが怪談やお化け屋敷。一般的には遊園地やお祭などで見かけるお化け屋敷ですが、なんとVRを使ってリアルに体験できる居酒屋があると聞いて、実際にホラー体験をしてきました。

◆まるで目の前で起こっているような恐怖のVR体験

特別仕様になっている個室

特別仕様になっている個室。この雰囲気がもう怖い!

今回の試みは現在、東京タワーで開催中の「ハイブリッドお化け屋敷」とのコラボ企画。国内外でホラーアトラクションを20年以上プロデュースしてきた松竹が初となるVRを導入した「KICHIRI いしがまハンバーグ presents~お顔をちょうだい~老婆の呪面(じゅめん)」で、実際にVRを使うパートをそのまま渋谷で体験できるというもの。ゆっくり過ごせる雰囲気の落ち着いた照明が、ドキドキする気持ちを増長させます。

◆お店の中にお化け屋敷!?

VRホラー体験は事前予約でも、予約なしでもOK。VRホラー体験を希望すると、店内にあるお化け屋敷仕様の専用個室に案内されます。入る前に数珠を渡され、それを手に持って中へ。赤黒いライトの部屋に入ると、気持ちがザワザワしてきます。

VRホラー体験

▲専用の個室に移動します

数珠

▲入口では“身を守るため”の数珠を手渡されます…

赤い壁

▲赤い壁に誰かが…!

ちょっと1人では入りたくないこの空間。簡単な説明を受けてVRを装着。そして…。詳しい内容は体験してからのお楽しみ。興味があって体験しても途中でどうしても怖くなったら目をつぶりましょう。

◆居酒屋ならではのおいしい体験がセットに

VR体験をした後は「自宅に帰るまでに使うこと!」というお達しを受け、お清め塩もいただけます。次に特製のデザートかカクテルを選びましょう(VR体験にはこのどちらかのオーダーが必須)。筆者はデザートをチョイス。それが「老婆のフォンダン~おかわりちょうだい~」880円です。

老婆のフォンダン~おかわりちょうだい~

▲「老婆のフォンダン~おかわりちょうだい~」880円

“血”の付いたナイフでフォンダンショコラに刃を入れると…。

きゃーーーーー! 中から赤いものが出てきました!(驚) 赤はラズベリー、黒はチョコの組み合わせですが、VRを見た後のこの仕掛けにはドキドキ。

一緒にいた人が選んだカクテルは「お清め酒~現実か、幻か!?~」780円。血の赤と呪いの黒をドリンクで表現。こちらはブラッドオレンジとブラックウォッカに黒塩がアクセントになっています。

お清め酒~現実か、幻か!?~

▲「お清め酒~現実か、幻か!?~」780円

◆事前予約のコースでホラー体験できる夏の宴も

老婆の呪面コース

グループで利用するなら、VR体験付きのコースを事前予約して。

老婆の呪面コース」5,000円は飲み放題付きの特別仕様のコース。「老婆のフォンダン~おかわりちょうだい~」も含まれ、VRホラーの余韻を残しながら、おいしい食事が楽しめます。また、二次会にもぴったりの23:00以降からのお得な「丑三つ時コース」2,500円もあり、こちらは帰りの時間も考えると、このタイミングでホラー体験しても大丈夫というハートの持ち主におすすめ。

VRの新感覚ホラー体験とおいしい食とのコラボはここでしか味わえない体験。東京タワーで開催中のお化け屋敷を体験した後に、渋谷に足をのばし、ホラー三昧な1日を過ごすのも楽しいかも。でも、くれぐれも帰り道は気を付けて…。

Jホラー×食×VRの新感覚体験
期間:2019年7月20日(土)~10月31日(木)
場所:KICHIRI渋谷
住所:東京都渋谷区宇田川町23-5 ハイマンテン渋谷ビル5F
営業時間:17:00~翌2:00、金、土17:00~翌5:00
定休日:なし
料金:VR体験は無料(専用のデザートまたはドリンクのオーダー必須)

ライター Ayako

北欧大好きライター。特にフィンランドが好きで、7回のフィンランド旅行を経て、昨年初めて一人旅を敢行し、念願のサウナから湖へのダイブを体験。ほかには、蚤の市などでヴィンテージハントを楽しむ。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature