Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. スタイリスト
  4. 金子綾
  5. 人気スタイリスト金子 綾がレコメンド【Deuxième Classeの白シャツ】着こなし3選!

FASHION

2019.08.08

人気スタイリスト金子 綾がレコメンド【Deuxième Classeの白シャツ】着こなし3選!

スタイリスト金子 綾さんオススメの「Deuxième Classeの白シャツ」を使った着こなし3選をご紹介します。

スタイリスト金子 綾も頼る、「Deuxième Classe」の白シャツ

スタイリングのみならず、キレがある女っぽいアイテム選びにも定評があるスタイリスト金子 綾さん。その審美眼に適った金子さんならではの「My Best Basic」なアイテムとその着こなしをご紹介!

スタイリスト・金子 綾さん

スタイリスト・金子 綾さん

1979年生まれ。Oggiをはじめとする数多くの女性誌で活躍する人気スタイリスト。自身のワードローブ選びの極意を紹介したスタイルブック『a only.』(小学館)が好評発売中。Instagram:@ayaaa0707

着ても巻いてもサマになる!

「Deuxième Classe」の白シャツ

▲シャツ¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店〈ドゥーズィエム クラス〉)

クリーンで硬質的な白シャツで、真夏こそきれいめ回帰が気分。

「しばらく続いたカジュアルブームの影響もあり、春夏はコンサバなアイテムがなんだかフレッシュに感じて惹かれています。白シャツはたくさん持っているけれど、ベーシックゆえにちょっとしたニュアンスを更新しないと古くなる。この『ドゥーズィエム クラス』の白シャツは、しっかり立体感をつくってくれるハリのあるツヤっとした素材感と、ボクシィな大きめシルエットが秀逸。

合わせるだけでスタイリングをモダンに昇華してくれる、まさに今の気分にぴったりな一枚。ボタンを上まで留めて、背中を抜いて、斜めに巻いて…etc.どうしてもカジュアルスタイルが多くなる時季、この白シャツを一枚足すだけでスタイリングが引き締まり大人っぽく見える。裾をインしてもアウトしてもバランスがとりやすい丈感でアレンジ力も抜群! まさに頼りになる存在です。」(スタイリスト・金子 綾さん)

「Deuxième Classe」の白シャツ 着こなし3選!

【1】MASCULINE

「Deuxième Classe」の白シャツ着こなし

白シャツのボタンを上まで留め、端正なムードを際立たせて。パンツはクロップドより、しなやかなシルエットのセンタープレスのワイドパンツでさりげなく女らしさを香らせたい。

ゆるシルエットの白シャツも、ハリ感のある素材を選ぶとほっこりせずマニッシュな印象。ストイックな表情の、スタンダード襟との相乗効果で、白シャツ×ワイドパンツのコンサバな組み合わせをブラッシュアップ! ハイカットのコンバースやコロンとしたバッグで程よくラフさを添えるのが老けないポイント。

シャツ¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店〈ドゥーズィエム クラス〉) パンツ¥85,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) バッグ¥48,000(コード〈VASIC〉) 靴¥6,500(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉) ピアス¥73,000(KAORU 伊勢丹新宿本店〈KAORU〉)

【2】FEMININE

「Deuxième Classe」の白シャツ着こなし

白シャツの新鮮なアレンジを考えたときに思いついたのが、無造作に斜めにかけるテクニック。カーディガンには出せない白シャツならではの立体感で鮮度を!

ノースリカットソーに白シャツを巻いて、メンズライクでタフな味わいをプラス! 華奢なバーサンダルで、女っぷりのよさも兼備。

シャツ¥25,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店〈ドゥーズィエム クラス〉) カットソー¥11,000(バロックジャパンリミテッド〈RIM.ARK〉) パンツ¥24,000(エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ〈エーピー ストゥディオ〉) ポーチ¥9,200(BANNER BARRETT 渋谷ヒカリエ ShinQs店〈BANNER BARRETT〉) 靴¥93,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ニナ リッチ〉) ピアス¥65,000(アガット〈agete〉) ネックレス¥25,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉)

【3】CASUAL

「Deuxième Classe」の白シャツ着こなし

上のボタンを外して背中を抜いて着ても、硬めのコットン素材がしっかり構築的なシルエットをつくってくれる。リブニットのタイトやキャップでカジュアルなマインドを注入!

実はシャツの襟はワイヤーが入っていて、着くずしても襟の形を美しくキープ! 足元はベージュのビーサンでヌーディ感を高め、白シャツのデコルテ開きをヘルシーな肌見せへとつなげて。

シャツ¥25,000・「ドゥーズィエム クラス」のスカート¥18,000・「ギャラリー デプト」のキャップ¥9,800(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店) バッグ¥37,000(カレンソロジー青山〈カレンソロジー〉) 靴¥3,200(ハイアン インフォメーション〈ハイアン〉) ピアス¥16,000(アガット〈agete〉) リング¥210,000~(ショールーム セッション〈マリハ〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

「スタイリスト金子 綾のMy Best Basic♡」より
撮影/金谷章平(人物)、渡辺修身(静物) スタイリスト/金子 綾 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/鹿沼憂妃 構成/菅 博子


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature