Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 海外
  5. 【サクッと言いたい英会話】「風邪ひいちゃって…」英語で言うと?

LIFESTYLE

2019.07.08

【サクッと言いたい英会話】「風邪ひいちゃって…」英語で言うと?

仕事の場面や旅先など、英語が求められる瞬間は急に訪れるもの。今回は意外にパッと出てこない英会話フレーズを外資系IT関連企業勤務・中谷晶子が紹介します!

Oggi.jp’s 中谷晶子

Lesson21:調子が悪いとき、英語で何て伝える??

こんにちは、Oggi.jp’sの中谷晶子です。ついに7月に突入ですね!

まだ引き続き梅雨入りしているこの時期、体調を崩される方も多いのではないでしょうか。私自身も先日久しぶりに喉風邪をひき、ひき始めの数日は声がひどい有様に。打合せの場面でも上手く声が出ず、見かねた後輩が資料の説明を途中からフォローしてくれたりと、ややご迷惑をおかけしてしまう場面も…。

申し訳ないなと思いつつも、体調ばかりはなかなか自分ではコントロールしきれないもの。では、このように風邪を引いてしまったり、少し体調が優れない、そんな時英語でなんて言うかご存知ですか?

◆まずは風邪まではいかなくとも、少し体調が優れないというとき。

「I’m not feeling very well.」

「I don’t feel so good.」

どちらも立っていられないほどではないけど「あまり体調が良くない」というニュアンスを伝えられる定番のフレーズです。

◆風邪のひきはじめや、風邪気味かもというとき

「I think I’m getting a cold.」

「I have a bit of a cold.」

上だと「風邪をひいたかもしれない」、下だと「風邪気味」というニュアンスになります。

◆明らかに「風邪をひいた/ひいている」というとき

「I have a cold.」

「I’ve got a cold.」

どちらも、「風邪で体調が良くない」ことをシンプルに伝えることができます。

ちなみに、今回の私のように風邪の症状の中でも「喉が痛い」というときはこちら。

「I have a sore throat.」

「喉が痛い」と伝えるときには、「My throat hurts.」という言い方もできるのですが、風邪で喉が痛いというときは「sore throat」を使うことが多いです。

もちろん体調を崩さないことが一番!…ではあるものの、こればかりはなかなかコントロールしきれないもの。そんな時にはぜひ今回ご紹介したフレーズを使ってみてくださいね!

風邪 くしゃみ
(c)Shutterstock.com

TOP画像/(c)Shutterstock.com

Oggi.jp’s 中谷晶子

小中学校をアメリカで過ごし、現在はIT企業に勤める33才。2018年4月からOggi.jpにてブログを執筆する“Oggi.jp’s(オッジ ジェイピーズ)”としての活動を開始。趣味は新たなお店開拓。美味しいお肉とお酒を糧に日々奮闘中。働く女性に向け、ビジネスから旅行のシーンまで、簡単ながらこなれた印象を与える英会話情報を発信します。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.09.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号でブランド名の表記に間違いがありました。60ページに掲載のCORSOの靴の問い合わせ先は正しくは“ROPE mademoiselle”です。0120-298-133 になります。お詫びして訂正致します。

Feature