Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カーディガンコーデ
  4. 紺カーディガンコーデ11選【レディース】使える最新の着こなし

FASHION

2018.01.26

紺カーディガンコーデ11選【レディース】使える最新の着こなし

紺カーディガンコーデ。今回はレディース向けの紺カーディガンコーデをご紹介。万能アイテムの紺カーディガンは持っておきたいアイテム。たくさんの紺カーディガンコーデをピックアップ! お気に入りのコーデを探してみて。

この冬に着たい紺カーディガンコーディネート

【1】紺ロングカーディガン×長め丈ボルドースカート

紺ロングカーディガン×長め丈ボルドースカート

ロング丈の紺カーディガンには、同じくロング丈のボルドースカートを合わせて。トップスは白シャツにして、紺、白、ボルドーの王道好配色でバランスのとれたすっきりコーデに。
小学校の同窓会へ出席。テラスレストランかぁ…ロングカーデをアウターに

【2】紺ロングカーディガン×グレースカート

紺ロングカーディガン×グレースカート

紺ロングカーディガンはベルトでウエストマークするとアウターの印象が強めに。白シャツ×グレースカートというモノトーンコーデをきゅっと引き締める紺色がアクセントに。
最近急に冷え込んできて…ニットタイトに合うタイツをおろしました★

【3】紺カーディガン×フレアスカート

紺カーディガン×フレアスカート

紺カーディガンをはじめフレアスカートの紺色もコーディネートのポイントに。全身紺コーデには、トップスや小物で白をチョイスしてすっきりとした印象を与える。
バレンタインのお返しに、彼が指輪を渡してきた。結婚しよう、って私たち喧嘩してたんじゃないの?

【4】紺カーディガン×グレーワンピース

紺カーディガン×グレーワンピース

紺カーディガン×グレー×黒小物のモノトーンコーデは、シックでデキる印象をアップさせてくれる旬コーデ。きちんとしたい時にマネしたいコーディネート。
ボランティアに活きそうなIT系のセミナーへGO! 人を惹きつけるこの講師の話し方はなんでだろう?

【5】紺ロングカーディガン×白デニム

紺ロングカーディガン×白デニム

真っ白なホワイトコーデには紺ロングカーディガンを合わせて、動きやすさと大人のカジュアルスタイルの両立が叶った今どきスタイルが完成!
土曜のAM8:00に幼なじみから着信。急に「バスケするぞ」だって(笑)! カーデをサッとはおって出発

【6】紺カーディガン×ストレッチパンツ×チェスターコート

紺カーディガン×ストレッチパンツ×チェスターコート

グレーのチェスターコートにベージュのパンツという淡いコーディネートのポイントになるのが紺カーディガン。くつろげるストレッチパンツ×スニーカー。襟付きコートをはおることで、手抜き感のないエフォートレススタイルに。
災害IT支援ボランティア育成講座の講師をするため、九州に移動

【7】紺カーディガン×デニム×ロングコート

紺カーディガン×デニム×ロングコート

トップスに紺カーディガン、ボトムスはデニムでロングコートを颯爽と羽織って。薄めブルーのデニムを取り入れた、きれいめカジュアルスタイルの出来上がり。
スタイリスト坂野陽子さんのプチプラアイテムコーデ【GAPのデニム編】

【8】紺カーディガン×ストライプシャツ

紺カーディガン×ストライプシャツ

ストライプシャツをパンツにINして、ベルトでウエストマーク。紺カーディガンを肩に羽織った大人女子コーデはオフィススタイルにもおすすめ。
電話番してたから、少し遅れてランチへ

【9】紺カーディガン×黒ブラウス×デニム

紺カーディガン×黒ブラウス×デニム

大人っぽい色のデニムには、黒ブラウス×紺カーディガンできれいめスタイルに。インに着たボトルネックの黒ブラウス&紺のカーディガンの効果で、デニムでもキリッと。
カメラマンとの6月号の撮影打ち合わせは、大人っぽいデニムコーデで

【10】紺カーディガン×スカーフ×白シャツ

紺カーディガン×スカーフ×白シャツ

紺カーディガン×白シャツの好バランスコーデに、紺系のスカーフをチラリと見せて。首から垂らして前で結んでから、端はシャツの中にIN。
【HOW TO】ヴィンテージ風スカーフのおしゃれな巻き方5選!

【11】紺カーディガン×スカーフ×ベルト

紺カーディガン×スカーフ×ベルト

首元のスカーフにある赤とベルトの赤がポイントのコーディネート。小物を効かせることにより紺カーディガンが新鮮な印象に。
1DAYジュースクレンズで調整中!


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.04.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature