ゴルフでも、今またキャップが再ブーム!【Oggi GOLF FASHION】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. ゴルフ
  5. ゴルフでも、今またキャップが再ブーム!【Oggi GOLF FASHION】

LIFESTYLE

2019.07.05

ゴルフでも、今またキャップが再ブーム!【Oggi GOLF FASHION】

かわいすぎず大人っぽい。シンプルすぎずちょっぴり遊び心が効いている。いつものファッションの延長で、ゴルフでも「かっこいい私」! そんな30歳からのゴルフスタイルをOggi GOLFは提案します。今回はキャップの選び方をご紹介!

エディター 佐々木陽子

キャップのカジュアル感がかっこよさの決め手!

ゴルフスタイルの印象を大きく左右するのが帽子。キャップ、サンバイザー、ハンチング、ハット、たくさんある中で何を選ぶかはとっても重要。サンバイザーがここ数年主流でしたが、今またブームが再燃しているのがキャップ。普段のカジュアルスタイルでも注目されているけど、ゴルフだったらより抵抗なくかぶれちゃいますよね。取り入れるだけでおしゃれさが加速する、今夏おすすめの3つのタイプのキャップを紹介します。

【1】デニム素材

デニム素材のキャップ

デニム素材のウエアはご法度でもキャップなら許容範囲。デニムが持つこなれ感をキャップで入手して。どんな着こなしでも合わせやすいのもデニムならでは! 上・¥6,500(ジュン アンド ロペ)、下・¥5,200(ヤマニ〈アドミラル ゴルフ〉)

【2】パイル素材

パイル素材のキャップ

夏らしいパイル素材はかぶり心地も◎。ボーイズっぽいおしゃれ感は、パンツスタイルにはもちろん、あえてミニスカートなどのかわいい着こなしのアクセントにしても。上・¥5,500(ブリーフィング ゴルフ 玉川髙島屋S・C店〈ブリーフィング〉)、下・¥4,800(セント・アンドリュース)

【3】ヴィンテージ調

シンプルなキャップでおしゃれにいくなら、ちょっと色あせたような風合いのヴィンテージ調のタイプを。シンプルな無地タイプでも、今っぽさが手に入ります。左・¥4,200(キャロウェイ アパレル)、右・¥4,500(ビームス&ウィンズ 有楽町〈ビームス ゴルフ〉)

And more! ゴルフ場で発見! こんなヘアアレンジでキャップをもっとかわいく♥

ヘアアレンジ キャップ

ゆるーく巻いたヘアをポニーテールにしつつ、サイドの後れ毛でニュアンスを出して。女らしいヘアスタイルとキャップのバランスが絶妙!

ヘアアレンジ キャップ

キャップの下の低い部分で一度“くるりんぱ”してからゆるーく三つ編みし、スカーフなどでゴムの結び目を隠したおしゃれなアレンジ。

いかがでしたか? キャップってなんとなくスポーティな印象が強いけど、今またそれがおしゃれな時代! 帽子選びに迷ったら、ぜひキャップを手に取ってみてください。

【問い合わせ先】
キャロウェイ アパレル/0120-738-884
セント・アンドリュース/03-6748-0705
ジュン アンド ロペ(ジュン カスタマーセンター)/0120-298-133
ビームス&ウィンズ 有楽町/03-5221-6001
ブリーフィング ゴルフ 玉川髙島屋S・C店/03-6431-0766
ヤマニ/03-5806-8055

スタイリスト/高橋裕美 撮影・構成/佐々木陽子


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature