【アイシャドウ】イガリシノブさんプロデュース【WHOMEE】春メイクはピンクがカギ!|オフィス美人化作戦 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. feature(beauty)
  4. ビューティニュース
  5. 【アイシャドウ】イガリシノブさんプロデュース【WHOMEE】春メイクはピンクがカギ!|オフィス美人化作戦

BEAUTY

2019.04.28

【アイシャドウ】イガリシノブさんプロデュース【WHOMEE】春メイクはピンクがカギ!|オフィス美人化作戦

【WHOMEE】にこだわりの3色アイシャドウが仲間入り。働く女性の美人度を上げるニューコスメ&ケアアイテムを美容愛上昇中のaround30ライターがレポートする連載です。

ライター 岸田雅子

【WHOMEE】の新作アイシャドウはニュアンスのある赤みピンク系

■フーミー アイシャドウパレット believe in pink ¥1,800+税

フーミー アイシャドウパレット believe in pink

【働く大人におすすめの理由】

・イガリシノブさんプロデュースコスメ
・おしゃれ顔になれる赤みピンクアイシャドウ
・肌にやさしいスキンケア効果

ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブさんがプロデュースする人気のコスメティックブランド【WHOMEE】。2019年春に発売した第3弾シリーズのテーマは、ずばり目元のメイク! たくさんの魅力的な新作アイテムの中からご紹介する3色アイシャドウで注目したいのが、こだわりのニュアンスのあるピンクカラーです。

ピンクのアイシャドウと言えば「目が腫れぼったく見える」といった苦手なイメージを持っていた人も多いはず。でも、こちらのアイテムなら心配ご無用。肌なじみのいい淡いピンク、赤みのあるブラウン、ダークブラウンをイガリさんの解説イラストの通りに塗るだけで、簡単に色気のあるピンク系アイメイクが叶います。さらにヒアルロン酸Naやスクワラン、マカデミア種子油などの肌にやさしい成分配合。マンネリしがちな大人のアイメイクに、新しいコスメで今っぽい顔にバージョンアップしてみては?

【ライターKが試してみた!】

「アイラインを引かなくても、このアイシャドウだけで印象的な目元をつくれる深みのあるカラーがいい。別売りのクリーミーアイシャドウペンシルとの重ね使いも大人に似合う色みだと思います」

WHOMEE


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature