Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. Myジュエリー
  4. 【時計屋さんの時計】全方位好印象を約束するジュネーブの老舗「ボーム&メルシエ」

FASHION

2017.12.29

【時計屋さんの時計】全方位好印象を約束するジュネーブの老舗「ボーム&メルシエ」

〝ボーム&メルシエ〟の[プティプロメス]¥255,000の魅力とは? 給料1か月分+αで狙いたい、30万円台以下の本格時計をご紹介。選ぶポイントは「由緒正しいブランドであること」「第一印象を大事にすること」の2つです。

小ぶりサイズでも文字盤がシンプルで視認性が高い
〝ボーム&メルシエ〟の[プティプロメス]¥255,000

1830年にボーム兄弟が開いた時計工房が起源。高い技術力を誇り、かつ、本格時計ブランドの中では比較的手に入れやすい価格設定が多いことで、多くの時計ファンから支持される。

この堅実なブランドを身につけたなら、初対面の人からも頼りにされる優しげなオーラが手に入って。「プティプロメス」シリーズは、オーバル(楕円)のケースにきゃしゃな二重巻きのストラップがクラシカルなデザインで永く使えるはず。主張しすぎないフェミニンさに〝先輩感〟も演出できる。

ボーム&メルシエ[プティプロメス]

▲[SSケース×カーフストラップ/クオーツ/径22mm/二重巻きカーフストラップ付き(オレンジ色と2本セット)]¥255,000(ボーム&メルシエ)

新作ストラップでエコ意識を高める!?

新作ストラップの素材は「トラウト」の皮。廃棄されてしまうはずの高級な養殖トラウトの皮を染色し、ウロコの風合いを活かした個性的なアイテムに変換。環境保全に貢献している。

別売りストラップ

▲別売りストラップ 各¥15,000(ボーム&メルシエ)

Oggi最新号の試し読みはこちら

2018年1月号「今度こそ出合う!運命の本格時計」より。
本誌掲載時スタッフ:撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) スタイリスト/川上さやか イラスト/Grace Lee(BUILDING) 構成/村上花名(本誌)

※文中の記号はMOP=マザー・オブ・パール、SS=ステンレス・スチール、18K=18金、RG=ローズゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド。[ ]内は[ケースの素材×ストラップの素材/ムーブメント/ケースのサイズ]を表します。

あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.09.24

編集部のおすすめ Recommended

Feature