Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 誕生日プレゼント
  4. 【oeau】既婚・未婚問わずすべての女性にときめきをくれるジュエリー

FASHION

2017.12.15

【oeau】既婚・未婚問わずすべての女性にときめきをくれるジュエリー

【oeau】オーは瑞々しいミニマルな世界観で注目されているジュエリーブランド。今、ジュエリーに求める「ほんのりモードな感じ」は、日本ブランドが断然上手なんです! デザイナーからのメッセージ付きで、定番と最新作をご紹介!

瑞々しいミニマルな世界観が魅力【oeau オー】

決してストイックすぎず、適度なしなやかさを忘れない。それが私たちらしい、「等身大のモード感」。だからこそ選ぶべきジュエリーは、凜としていて上品。繊麗なホワイトゴールドが今どきのニュアンスに。

リング

結婚していても、していなくても――すべての女性にほんの少しのときめきをくれるエポックメイキングなリングコレクション

oeau リング

この秋にローンチしたばかりの最新コレクション『married or not?』は、ダイヤモンドのリングをほしいと思っていても、〝結婚指輪〟という言葉が気になって購入しづらかった、デザイナー自身の経験から生まれたもの。

ステイタスにとらわれず、女性ならだれもが自由に楽しめるリングは、〝エンゲージメント〟や〝マリッジ〟としてはもちろん、自分自身へのご褒美ジュエリーとして贈るのも。

デイリーにつけられるシンプルデザインから、着こなしのポイントになるエッジの効いたデザインのものまで、幅広いラインナップでそろう。

右から/リング[18KWG×Dia.]¥258,000・リング[18KWG×YG×マットYG]¥187,000・リング[18KWG×Dia.]¥425,000・リング[18KWG×Dia.]¥380,000・リング[18KPG]¥110,000(ハルミ ショールーム〈オー〉)

リング、ネックレス、バングル

魅惑的なパールに、エッジィなレタリング。やんちゃに過ごしたい秘めた気持ちを大人に表現できる、意志あるジュエリー

oeau リング、ネックレス、バングル

定番コレクションの中でも人気が高いのが、タヒチ産の天然パールを大胆にあしらったシリーズと、〝yummy〟〝funny〟〝mommy〟のレタリングが印象的なメッセージシリーズ。

どちらも甘すぎない適度な辛さが絶妙に今っぽいから、大人の遊びシーンにぴったり。ベーシックなリトルブラックワンピにも、つけただけで確実にこなれ感を与えてくれる。

右から/リング〝yummy〟〝funny〟[18KWG]各¥93,000・リング[18KWG×黒パール(グリーン)]¥81,000・リング[18KWG×黒パール(シルバー)×Dia.]¥315,000・ネックレス〝funny〟[18KWG]¥86,000・バングル[18KWG×黒パール(グリーン)]¥144,000・バングル[18KWG×黒パール(シルバー)]¥172,000(ハルミ ショールーム〈オー〉)

※文中[ ]内の欧文はYG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、GG=グリーンゴールド、Dia.=ダイヤモンド、PT=プラチナ、SV=シルバーを表します。

oeauデザイナーメッセージ

「きっかけは、祖父のネクタイピンに付いていたダイヤモンドをリングにリメイクしたこと。ジュエリーは時代や世代を超えて受け継がれ、同時に、思いも繫がっていくんだということに強く感激し、28歳で一念発起。〝オー〟が誕生しました。

O₂(酸素)+eau(水)=oeau(オー)。酸素や水のように24時間365日寄り添える存在でいてほしい、ブランド名にはそんな想いを込めています。だからこそ、こだわっているのは上質な素材とつけ心地、そしてシンプルなデザイン。カジュアルからドレスアップまでマッチするよう、重ねづけでもひとつでも楽しめるよう、年齢やシーンを問わずいつでも楽しめるようなジュエリーづくりを心がけています。

私自身が祖父から受け継いだジュエリーに感激したように、つけているだけでワクワクしたり身が引き締まったりする、そんな特別なお守りのような存在のジュエリーであってほしいですね

高田佳代子

大学在学中にファッション誌の編集アシスタントを経験後渡米し、NYへ。帰国後ファッション誌のウェブエディターを経て、幼少より大好きだったジュエリーの会社de L’eauを2015年に設立。同年に〝oeau(オー)〟を立ち上げる。

Oggi最新号の試し読みはこちら

2018年1月号「このモードっぽさ、とにかくツボです! 日本発【Hirotaka】【MARIHA】【oeau】【hum】」より。
本誌掲載時スタッフ:撮影/酒井貴生(aosora・人物)、西原秀岳(TENT・静物) スタイリスト/縄田恵里 撮影協力/UTUWA 構成/佐々木陽子
再構成:Oggi.jp編集部

あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.04.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature