Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 冬ファッション
  5. シーン別【飲み会スタイル】|どんな場でもスマートに、でも心は弾けて♡

FASHION

2019.02.15

シーン別【飲み会スタイル】|どんな場でもスマートに、でも心は弾けて♡

シーン別に、飲み会スタイルをご紹介。どんなシチュエーションでも、浮かずに適正な着こなしができる大人でありたい!

仕事もプライベートも忙しくなるシーズン。いろいろな飲み会の席があるけれど相手や場所が違うと求められる装いも変わる。目上の方が集まる場で優美にスカートを着こなしたり、友人と会う日にはデニムを楽しんだり。予定に合わせてコーディネートを変えられるそんな余裕を持っているのが「かっこいい私」の条件。みなさんにとっての「あるある」なシーン別に絶対はずさないスタイリングを紹介します。

[SCENE1]高級レストランでデート
【ファーニット×レースタイトスカート】

大切な人とのデートには、あざとくなく上品で女らしい装いができることが大人としてのたしなみ。思わず触れたくなるふわふわニットと、レースでも甘すぎないタイトなシルエットが正解です。

着こなしPOINT

✔︎ 毛足が長く、やわらかなり心地のものを指名。肩が落ちているとこなれ見えも
✔︎ ひざ下丈の繊細なレースや、カーキなどシックな色味で大人な落ち着きを。

ファーニット×レースタイトスカート

プレーンなニットよりも雄弁なファーニットで奥行きと特別感を。合わせるタイトスカートは、長めの丈や体のラインを美しく魅せてくれるシルエットにこだわって。

ニット¥22,000(ROPÉ) スカート¥15,000(ユニバーサルランゲージ 渋谷店〈ユニバーサルランゲージ〉) コート[共布ベルト付き]¥70,000(エム・アイ・ディー〈m,i,d,〉) バッグ¥69,000(フルラ ジャパン〈FURLA〉) 靴¥49,000(アマン〈ペリーコ〉)

大好きな人の前では「いい女」をつくりたいから、大人な配色で魅せて

大好きな人の前では「いい女」をつくりたいから、大人な配色で魅せて

仕事帰りに訪れる特別感のあるレストランでも浮かずに華やかな印象に導いてくれるのは、品のよい大人なミルクティー配色のなせる技。

ニット¥34,000(ロンハーマン〈ロンハーマン〉) スカート¥19,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ ネイビー〉) バッグ¥150,000(HAUNT代官山〈ZANCHETTI〉) タイツ¥1,000(Blondoll 新丸の内ビル店〈17℃〉) ピアス¥38,000(エナソルーナ神宮前本店〈エナソルーナ〉) 時計¥24,000(ピークス〈ロゼモン ノスタルジア〉) リング¥70,000(アガット〈agete GINZA〉) メンズ/すべて私物

暗がりでも映えるリッチなファー知的なネイビーが、美人見えを約束してくれる

暗がりでも映えるリッチなファー知的なネイビーが、美人見えを約束してくれる

スカートはベロアがフロッキー加工された、ファーにも劣らぬリッチな素材感。デコルテや素足を出すことで、ドキッとさせちゃうくらいの肌見せも、オールネイビーの落ち着き感ならちょうどいい。

カーディガン¥24,000(エストネーション〈エストネーション〉) スカート¥21,000(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉) バッグ¥38,000(CPR TOKYO〈フリン〉) 靴¥62,000(THE GRAND Inc.〈LAURENCE〉) ピアス¥9,000(ノジェス) ネックレス¥42,000(エストネーション六本木ヒルズ店〈GIGI〉) ブレスレット¥30,000(アガット〈agete〉)

[SCENE2]会社の後輩とプチ飲み会
【ウールプルオーバースティックパンツ】

動きやすいプルオーバーや居酒屋でも浮かないパンツは忘年会シーズンの必須アイテム。年下が多い飲み会なら、顔周りにはキツく見えがちな黒はなるべく避け、まろやかな色を選ぶのが鉄則。

着こなしPOINT

✔︎ ディテールはそぎ落として、丸みのあるコクーンシルエットにこだわって。
✔︎ 日中は仕事で大忙しの年末。軽快でもきちんと見えるセンタープレスが頼りに。

ウールプルオーバースティックパンツ

見た目だけでなく機能も優秀な組み合わせは働く女性の強い味方。後ろ下がりのプルオーバーは腰周りが暖かく、ウエストゴムのパンツは楽ちんなので、忙しい年末にこそ登場回数多めの予感。プルオーバー¥23,000(ebure〈ebure〉) パンツ¥16,000(ユニバーサルランゲージ 渋谷店〈ユニバーサルランゲージ〉) バッグ¥16,000(デミルクス ビームス 新宿〈メゾン ヴァンサン〉) 靴¥44,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ネブローニ〉) メガネ¥25,000(バーバリー アイウェア〈バーバリー〉) 時計¥23,000(ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店〈ルージュ・ヴィフ〉)

仕事への熱い思いに時間を忘れて。ダウンライトの居酒屋でも映える×グレー×グリーンで

仕事への熱い思いに時間を忘れて。ダウンライトの居酒屋でも映える×グレー×グリーンで

伸縮性のあるプルオーバーの襟やすそから白Tをチラ見せ。きれいめなアイテムもスエット感覚でカジュアルに着こなす、ちょっとしたラフさが親しみやすさに繫がるんです。

プルオーバー¥19,000(TOMORROWLAND〈Ballsey〉) パンツ¥19,000(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉) 中に着たTシャツ¥7,500(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉) バッグ[本体]¥37,000・[フラップ]¥24,000・[ショートストラップ]¥23,000(フルラ ジャパン〈FURLA〉) 靴¥49,000(アルアバイル〈ファビオ ルスコーニ〉) イヤリング¥18,000(ジュエッテ) 時計¥9,800(コモノ東京〈KOMONO〉) リング¥15,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈GIGI〉) その他/すべて私物

二軒目いっちゃう? シンプルなパンツスタイルや共通の話題で新しい一面をアピール

二軒目いっちゃう? シンプルなパンツスタイルや共通の話題で新しい一面をアピール

優しいピンクベージュのトップスで顔色を明るく見せつつ、×黒パンツのシンプルな合わせに遊び心のあるファーバッグを効かせて先輩の余裕を。

プルオーバー¥17,000(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) パンツ¥39,000(REYC〈REYC〉) 手に持ったコート¥32,000(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉) バッグ¥32,000(PEACH〈ヴィオラドーロ〉) 靴¥40,000(THEGRAND Inc.〈LAURENCE〉) イヤリング¥23,000(ADER.bijoux〈アデル ビジュー〉) 時計¥39,500(ピークス〈ロゼモン ノスタルジア〉) ブレスレット¥91,000(CHERRY BROWN〈チェリーブラウン〉)

[SCENE3]ビジネススクール仲間と、ホテルで教授の還暦パーティ
【リブニット×ミディ丈フレアスカート】

どんな場面でも圧倒的に華やかで上品に見える、コンパクトなトップスとフレアスカートのコンビネーションできれいめを意識。改まった席だからこそ、明るめの色選びが大切です。

着こなしPOINT

✔︎ 細めのリブでハイゲージのニットなら、十分に上品さをキープできる。
✔︎ ひざ下の丈で、たっぷりとドラマティックに揺れるスカートで印象的に。

リブニット×ミディ丈フレアスカート

本来ならブラウスを着たいけれど、日中は仕事に追われるし寒さも気になる。そんなときには、光沢感のあるシルクカシミアのニットが頼りに。あたたかみのあるウール素材のスカートと合わせるなら、ミントで爽やかさと華やかさをプラス。

ニット¥13,800(シップス プライマリーネイビーレーベル〈シップス プライマリーネイビーレーベル〉) スカート¥18,500(FRAYI.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉) バッグ¥6,472(ザラ・ジャパン〈ザラ〉) 靴¥23,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) ピアス¥12,500(CPR TOKYO〈ジェンマ アルス〉)

鮮やかな朱赤のスカートで、お祝いの席を盛り上げる。存在感を放つ装い

鮮やかな朱赤のスカートで、お祝いの席を盛り上げる。存在感を放つ装い

やわらかな素材でしなやかに揺れるすそがノーブルなスカート。上品なネイビーのモックニットでクラシカルな雰囲気をまとい、ミニバッグやエコファーのショートコートでエレガンスを加味して。

ニット¥14,000(MICA & DEAL 恵比寿本店〈MICA & DEAL〉) スカート¥9,900(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店〈グリーンレーベル リラクシング〉) 手に持ったコート¥86,000(REYC〈REYC〉) バッグ¥40,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈マリア ラ ローザ〉) 靴¥54,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉) タイツ¥1,000(Blondoll 新丸の内ビル店〈17℃〉) ピアス[片耳]¥15,000(aiwa〈カラットアー〉) 時計¥26,000(ピークス〈ロゼモン ノスタルジア〉) リング¥7,000(ノジェス)

洗練さが欠かせない場では、ドラマなスカートを主役にワントーンで

洗練さが欠かせない場では、ドラマなスカートを主役にワントーンで

ベージュだけで魅せるセンシュアルなスタイリングには、コンパクトトップス×表情豊かなアシメトリーのスカートでつくる美人なシルエットが欠かせない。

ニット¥26,000(サザビーリーグ〈ユニオンランチ〉) スカート¥24,000(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉) コート¥100,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ジャーナル スタンダード レサージュ〉) バッグ¥120,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥39,630(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉) イヤリング¥15,700(シップス 大宮店〈ラダ〉) バングル¥25,000(ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店〈サブリナ デホフ〉)

[SCENE4]大学時代の親友とうまいもの女子会
【ざっくりカーディガン×黒スキニー】

この冬注目のローゲージで地厚のカーディガンには、ヴィンテージ感のあるブラウスをインナーに。いっぱい食べてもOKなボリュームのあるトップスに、細身のボトムでスタイルアップも忘れずに!

着こなしPOINT

✔︎ カジュアルなドロップショルダーだからこそ、ベーシックカラーで大人顔に。
✔︎ 何かと使い勝手のいい黒スキニーは、動きやすいストレッチ入りを選んで。

ざっくりカーディガン×黒スキニー

モノトーンのカジュアルなコーディネートを透け感のある花柄ブラウスが程よく女っぽく仕上げてくれる。女子会だからこそ、はおりを脱いだ後の華やかさも意識して。

カーディガン¥25,000(ナゴンスタンス) ブラウス¥18,000(アダム エ ロペ〈ヌキテパ/ロペ 50TH コレクション〉) パンツ¥29,000(サザビーリーグ〈マザー〉) バッグ¥50,000(TOMORROWLAND〈STAUD〉) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉) サングラス¥42,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)

洒落感で差をつけたいのが女心のホントのところ。旬のアイテムを取り入れて

洒落感で差をつけたいのが女心のホントのところ。旬のアイテムを取り入れて

肉厚なニットながら着ると軽いカーディガンは、休日にヘビーユースの予感大。ドットブラウスはあえて前後ろを逆にしてスタイリッシュに見せ、ハット、ブラウス、スキニー、ニーハイを黒で繫げてスリムさを強調することで着ぶくれとは無縁に。

カーディガン¥26,000(RHC ロンハーマン〈RHC〉) ブラウス¥13,500(アダム エ ロペ〈アダム エ ロペ〉) パンツ¥4,250(ザラ・ジャパン〈ザラ〉) バッグ¥274,000(エイチ アイ ティー〈ロウナー ロンドン〉) 靴¥20,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) 帽子¥8,000(アルアバイル〈アルアバイル〉) イヤリング¥32,000(アガット〈agete〉) リング[左手]¥35,000(CHERRYBROWN〈チェリーブラウン〉) リング[右手]¥54,000(チャオパニック・カントリーモール〈GIGI〉)

レースをニットと黒スキニーで着くずして、話題のレストランで乾杯!

レースをニットと黒スキニーで着くずして、話題のレストランで乾杯!

大人なカジュアルを盛り上げるのはケーブルニットとレースのヴィンテージ感。ブルーデニムを合わせがちなところを黒スキニーにしたり、足元も赤のパンプスを取り入れたりすることで、女子会に必須のキレのよさをプラスして。

カーディガン[共布ベルト付き]¥18,000(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) ブラウス[キャミソール付き]¥54,000(ROPÉ ÉTERNEL) パンツ¥11,800(シティ ニュウマン新宿店〈シティ〉) 「エレメ」のバッグ¥49,000・「ペリーコ」の靴¥46,000(アマン) 手に持ったストール¥29,000(エストネーション〈ベグ アンド コー〉) ピアス¥60,000(K.K Shop〈GIGI〉)

[SCENE5]仕事で知り合った友達と結婚お祝いホムパ
【ロング丈ニットワンピース】

動きやすく気張って見えないのに、季節感や旬なシルエットでも魅せられるニットワンピースはホームパーティで大活躍。足元にはタイツはもちろん、今っぽくまとめるならレギンスもオススメ。

着こなしPOINT

✔︎ 今年らしい長めのひざ下~ロング丈で、体が泳ぐゆったりめを選ぶのがコツ。

ロング丈ニットワンピース

丈が長くなるほどに色選びが大事になってくるワンピースは、冬らしいこっくりカラーから手に入れたい。単調になりがちなシルエットも、ヘアバンドやストールで目線を上げたり、アクセントになるバッグを合わせたりしてメリハリを。

ワンピース[共布スヌード付き]¥21,000(CELFORD 新宿ルミネ1〈セルフォード〉) コート¥120,000(ユナイテッドアローズ 日本橋店〈ユナイテッドアローズ〉) バッグ¥30,000(アルアバイル〈セルプイ〉) 靴¥17,000(オデット エ オディール 新宿店〈オデット エ オディール〉) スカーフ¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉)

ドレスコードは着心地も着映えも叶えるニットワンピース

ドレスコードは着心地も着映えも叶えるニットワンピース

[右]ホストもゲストも立ったり座ったりが多いホームパーティでは、シワにならないニット素材でお腹周りもゆったりなオーバーサイズが手放せない。グレーがかった絶妙なブラウンが大人顔なワンピースは、あえてオジ靴でハズすバランスで。

ワンピース¥26,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉) バッグ¥26,000(ショールーム セッション〈Athena New York〉) 靴¥34,000(オデット エ オディール 新宿店〈ペルティーニ〉) ストール¥52,000(エリオポール代官山〈ジョシュア エリス〉) タイツ¥7,500(ROPÉ ÉTERNEL〈ピエール マントゥー〉) ピアス¥16,000・リング[右手]¥16,000(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉) リング[左手]¥12,000(ミュラー オブ ヨシオクボ〈ミュラー オブ ヨシオクボ〉)

[左]鮮やかなパープルが目をひくワンピースを、ターバンやウエストバッグの斜めがけでとことんハンサムに。とはいえちょっとモードで女らしいのが女子会の隠れドレスコート。そんなときは、レオパードのトートやシルバーのペタンコ靴が活躍してくれる。

ワンピース¥32,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) レギンス¥2,400(Blondoll 新丸の内ビル店〈Blondoll〉) バッグ[黒]¥28,000(ROPÉ ÉTERNEL) バッグ[レオパード]¥12,000(アダム エ ロペ〈ガニー〉) 靴14,000(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) ヘアターバン¥4,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈エムシーバーン〉) イヤリング¥10,000(ジュエッテ)

Oggi1月号「『かっこいい私』、ALLジャンル飲み方スタイル」より
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル)、坂田幸一(静物) スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メイク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY/朝比奈、飯豊分)、桑野泰成(ilumini./安座間分) モデル/安座間美優、朝比奈 彩、飯豊まりえ デザイン/Permanent Yellow Orange 撮影協力/LA・ESQUINA、東京おでんラブストーリー、篠原里緒 構成/渡辺みらの
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.12.10

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号 P.158に掲載の常盤薬品工業の商品について誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)ニューボーン WブロウEX N 01 ¥1,200 →(正)ニューボーン パウダリーペンシルブロウEX 01 ¥850

Feature