Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. スカートコーデ
  4. Oggi誌面から読み解くHOW TO【フレアスカート】お洒落コーデ術!

FASHION

2017.12.22

Oggi誌面から読み解くHOW TO【フレアスカート】お洒落コーデ術!

オンでもオフでも女らしい印象を与えてくれるフレアスカートは、私たちの鉄板アイテム! でも、だからこそ着こなしがマンネリ化したり、全身のバランスに無頓着になったりしていませんか?! 今回はOggiの冬の最新2号分から読み解くフレアスカートがお洒落にキマるコツをお届けしちゃいます♡

シルエットから考えるフレアスカートコーデ

■ ボリュームフレアスカートのコーデ術

【ボリュームフレアスカート】×【ボリュームショート丈】でこなれる!

ハリ感のあるボリュームフレアスカートなら、スカートに負けないくらいボリュームのあるトップスを合わせるとこなれたバランスに! ただしショート丈というのがポイント。ウエストの位置はしっかりアピールすれば、簡単におしゃれバランスの出来上がり♪

ブルゾン¥96,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) ニット¥12,000(エム・アイ・ディー〈M-プルミエ〉) スカート¥15,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ナノ・ユニバース〉) バッグ¥13,800(キャセリーニ〈ル・ベルニ〉) 靴¥69,000(アルアバイル〈ペリーコ〉) イヤリング¥11,000(エストネーション〈ドミニク・ドゥネーヴ パリ〉) 時計¥29,500(ピークス〈ロゼモン〉)

Oggi1月号「12月は『ブルゾンな女』でいく!」より
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)モデル/安座間美優 構成/高橋香奈子 再構成/Oggi.jp編集部

【ボリュームフレアスカート】×【タイトトップス】でスタイルアップ!

ボリュームフレアスカートを使ってとことんスタイルアップを目指すなら、タイトトップスをインする組み合わせが正解♡ 今年らしいカーデ1スタイルならさらに女らしい印象に仕上がります。

カーディガン¥96,000(ビオトープ〈ケイト〉) スカート¥22,000(ジオン商事〈ドレスレイブ〉) バッグ¥74,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥43,000(ビームス ハウス 丸の内〈ネブローニ〉) バングル¥43,000(シップス 有楽町店〈ゴッソンズ パリ〉)

Oggi12月号「この冬、タイツは『ニュアンスカラー』と『ハーフマット』」より
撮影/藤原 宏(Pygmy Company/人物) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/香川沙耶(Oggi専属) 構成/三尋木奈保 再構成/Oggi.jp編集部

■落ち感フレアスカートのコーデ術

【落ち感フレアスカート】×【タイトトップス】で雰囲気美人!

落ち感の綺麗なフレアスカートなら、そのシルエットを活かしてIラインのシルエットを強調すると美しいバランスに仕上がる様子。足元も華奢なピンヒールがお似合い。

バッグ¥124,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉) スカーフ¥11,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈モナ スルタン〉) カーディガン¥14,000(ビームス ハウス 丸の内〈デミルクス ビームス〉) スカート¥54,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)

Oggi1月号「ひと味ちがう! NOT黒な『美人配色』1か月コーディネート」より
撮影/前田 晃(モデル)、寺山恵子(静物) スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/林田岬優(Oggi専属) 構成/小池百々子 再構成/Oggi.jp編集部

【落ち感フレアスカート】×【ロングコート】でIライン強調!

アウターなら、さらにタテのIラインを印象付けるロングコートが好バランス。スカートスタイルも甘すぎずに仕上がるのでオフィスシーンでも信頼を得られそう。

タイツ/2017年12月号付録 トレンチコート¥130,000・スカート¥30,000(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム ホワイトレーベル〉) その他/スタイリスト私物

Oggi12月号「絶妙な〝トレンチ映え〟カラーの自信作『ヴィンテージグレータイツ』出来ました!」より
撮影/渡辺修身(静物)、藤原 宏(人物/Pygmy Company)スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI)モデル/香川沙耶(Oggi専属)構成/三尋木奈保 再構成/Oggi.jp編集部

色で考えるフレアスカートコーデ

■カラーフレアスカートのコーデ術

【カラーフレアスカート】×【ダークベーシックカラートップス】でどんな色もいつもの自分に引き寄せる

★ダークネイビートップス

スカート¥120,000(ブラミンク〈BLAMINK〉) ニット¥29,000(エイチ ビューティ&ユース〈ジョン スメドレー〉) バッグ¥169,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥92,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) タイツ¥1,600(Blondoll 新丸の内ビル店〈17℃〉) ピアス¥26,000(スティーブン アラン トーキョー〈ソフィー ブハイ〉) バングル各¥20,000(ショールーム セッション〈MARIABLACK〉) リング¥130,000(ハルミ ショールーム〈オー〉)

★黒トップス

スカート¥21,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) ブラウス¥16,000(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈ユナイテッドアローズ〉) バッグ¥29,000(コード〈VASIC〉) 靴¥21,000(エルピーディ〈ルサルカ〉) イヤリング¥15,000(サーキュレーション〈Delphine-CharlotteParmentier〉) バングル¥21,000(SILVER SPOON)

2017年12月号「特別感No.1! シンプル派こそ、フレアスカート」より。
本誌掲載時スタッフ:撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/モデル) 魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/入江未悠 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/土屋巴瑞季 構成/須藤由美 再構成/Oggi.jp編集部

★ダークグレー

いつもは身につけないカラーも、フレアスカートなら取り入れてみたい! そんな気持ちを受け止めてくれるのは、ダークなベーシックカラー。ブラック・ダークネイビー・ダークグレーなら色物スカートも失敗しない♪

タイツ¥1,000(福助〈マッキントッシュ フィロソフィー〉) ニット¥30,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) スカート¥61,000(ビオトープ〈マディソンブルー〉) スカーフ¥12,000(ANAYI) バッグ¥16,000(アダム エ ロペ〈リバティー ベル フォー アダム エ ロペ〉) 靴¥49,000(アルアバイル〈ペリーコ〉) バングル¥53,000(ドレステリア 銀座店〈エディー ボルゴ〉)

Oggi12月号「この冬、タイツは『ニュアンスカラー』と『ハーフマット』」より
撮影/藤原 宏(Pygmy Company/人物) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/香川沙耶(Oggi専属) 構成/三尋木奈保 再構成/Oggi.jp編集部

 

■ベーシックカラーフレアスカートのコーデ術

【ベーシックカラーフレアスカート】×【同色トップス】でこなれ見えワントーン!

ベーシックカラーのフレアスカートなら、同色のベーシックカラーを合わせてグラデーションで遊んでもOK。白、ベージュ、グレー、黒、ネイビーはもちろん、カーキやキャメルでもこの合わせ方は有効♪

スカート¥69,000(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉) ジャケット¥50,000(アストラット 青山店〈アストラット〉) カーディガン¥14,000(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) バッグ¥30,000(ハルミ ショールーム〈カフネ〉) 靴¥54,000(アマン〈ペリーコ〉) 時計¥1,830,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) リング[人さし指]¥40,000・[中指]¥63,000(アガット〈agete〉)

2017年12月号「特別感No.1! シンプル派こそ、フレアスカート」より。
本誌掲載時スタッフ:撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/モデル) 魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/入江未悠 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/土屋巴瑞季 構成/須藤由美 再構/Oggi.jp編集部

 

他にも今回ご紹介したどのコーデにも一貫しているポイントは、

■コンパクトサイズのバッグでメリハリをつける

■足首の細さをしっかり見せられる靴選び

でした!あなたも、マンネリ気味のフレアスカートコーデを色んなコーデ術でリフレッシュさせてみて♡


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.06.19

編集部のおすすめ Recommended

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Oggiの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。 ※2 Oggi7月号でブランド名の表記に間違いがありました。70ページに掲載のブラウスのブランド名は正しくは"ビューティ&ユース"です。なお問い合わせ先は、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り 03-5428-1894 になります。お詫びして訂正致します。

Feature