Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. スカートコーデ
  4. おしゃれプロ絶賛!【ATON(エイトン)】のフレアスカートが支持される3つの理由

FASHION スカートコーデ

2017.11.09

おしゃれプロ絶賛!【ATON(エイトン)】のフレアスカートが支持される3つの理由

おしゃれプロも絶賛、新作が出るたび大人気! フレアスカートの大本命ブランド「ATON(エイトン)」の魅力を徹底分解。

ATON(エイトン)ってどんなブランド?

「つくりたいのは、動いた瞬間に美しい服。生地から動きを考えて、デザインする-建築に近いかもしれない」ディレクター 久﨑康晴さん

「生地マニアなんです」と笑う久﨑さん。2016秋冬デビューながら、高感度なおしゃれ好きたちから圧倒的な信頼と評価を得ているエイトンの実力は、数々のブランドのディレクターを経て培った彼の職人気質のモノづくりと、生地、そして服へのあくなき探求心に裏打ちされている。「クオリティがよいことはあたりまえ。『色』『動いたときの品』で、どうベーシックをよく見せるかを追求しています。かちっと動かない状態がきれいなスカートより、動いた瞬間に素敵だな、と思わせる一枚。それは生地の揺れ方、光り方…生地の特性を生かすにはどんな形ならどう動くか、を頭の中で完成させる。建築に近い服づくりかもしれません」

トップ画像:スカート¥69,000(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉) ジャケット¥50,000(アストラット 青山店〈アストラット〉) カーディガン¥14,000(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) バッグ¥30,000(ハルミ ショールーム〈カフネ〉) 靴¥54,000(アマン〈ペリーコ〉) 時計¥1,830,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) リング[人さし指]¥40,000・[中指]¥63,000(アガット〈agete〉)

■支持される理由1
「生地マニア」がつくるブランドである

ATON 生地

久﨑さんの生地コレクションを公開!

写真は、長年集めてきたという久﨑さんの生地コレクション。さまざまなテクスチャーや厚み、イメージの異なる布の特性や豊かな表情が、無垢な白でピュアに感じられる。使いたい生地から形を考えることもあるし、こんな動き方をする形にしたいから、と生地からつくることもあるこだわりぶり。

■支持される理由2
動いたときに美しさを発揮するドラマティックな「シルエット」

ATON フレアスカート

秋冬は豊作! まだまだフレアスカート、あります

写真上はカシミアと同等の繊細な糸を密に編み込んだ後、表面を短くかりこんだメルトン生地。しっとりとした風合いで空気をたっぷり含み、フレアの山がはっきりと出る。スカート各¥59,000(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)

■支持される理由3
「シンプルトップスに映えるスカート」という発想

ATON フレアスカート

’18年春夏の新作、いち早くチェック!

「Tシャツからスタートしたブランドなので、ボトムで女性らしさを表現したい。甘さではなく、動いたときに女らしさを感じさせるのが理想」と久﨑さん。スカートはすべて2018年春夏の新作。

1:2017年春夏の大人気スカートが、バックルでよりシャープな雰囲気に。各¥39,000(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)

2:カットソー素材を使用。¥49,000(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)

3:軽く羽根のように揺れるフレア。¥59,000(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)

Oggi最新号の試し読みはこちら

2017年12月号「特別感No.1!シンプル派こそ、フレアスカート」より。
本誌掲載時スタッフ:撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/モデル) 魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/入江未悠 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/土屋巴瑞季 構成/須藤由美
再構成:Oggi.jp編集部


【 おすすめの関連記事 】Read more

Feature