Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ライフスタイルニュース
  4. 「男と男の対決を見てほしい」【是枝裕和監督インタビュー後編】映画『三度目の殺人』

LIFESTYLE ライフスタイルニュース

2017.09.12

「男と男の対決を見てほしい」【是枝裕和監督インタビュー後編】映画『三度目の殺人』

現在公開中の映画『三度目の殺人』が話題の是枝裕和監督へのスペシャルインタビューをお届け。

今年最大にして最高の「問題作」に秘められた「謎」とは?

1995年の『幻の光』で映画監督としてデビューし、『ワンダフルライフ』(1998年)、『花よりもなほ』(2006年)、『歩いても 歩いても』(2008年)、『海街diary』(2015年)など、公開されるたびに話題となる作品を生み続けている是枝裕和監督。

2004年公開の『誰も知らない』では、主演の柳落優弥さんが第57回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞、2013年公開の『そして父になる』は、第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど、今や国際的に名を馳せる日本人のひとりとして、映画界においてなくてはならない存在になっています。
そんな是枝監督の最新作は、現在公開中の『三度目の殺人』。

『そして父になる』で主演を務めた福山雅治さんと再びタッグを組み、名優・役所広司さんを共演に迎えた今年最大にして最高の“問題作”に秘められた“謎”を、少しだけ、解き明かしていきましょう。

【謎_4】
深まる謎とともに心に重く響く映像。そこに隠された謎とは?

映画全体を通して、少し古い映画を感じさせるような、重くノスタルジックな印象が感じられたのですが、それも狙いですか?

是枝:カラーの映画なんだけど、印象がモノクロームになるような、そんな雰囲気で作り上げたかったんです。1950年代頃に作られた犯罪映画や、フィルムノワールのような世界観っていうのかな。撮影監督の瀧本幹也さんと相談して、そういう光と影のコントラストをやってみたいとお願いしました。今回はアレクサっていうデジタルカメラで撮影しているんですけど、これを一度フィルムに落として、“銀残し”っていう技法を使って黒の艶を足して、全体の発色も落として、そこからもう一度、デジタルに戻して……って。非常に手をかけたことで、求める“色”を出すことができたと思います。雪の白、そこに印象的に使われる赤。それに闇の黒。こうした色彩の演出も、楽しんでいただきたいですね。

【謎_5】
是枝監督が考える、現代日本の“問題点”とは?

この作品を通して語りたかった、是枝監督ご自身が考える、日本の“問題点”はどんなことでしょう。

是枝:今回の映画の中で考えていたのは「見てみぬふりをする罪」です。これをもうひとつのテーマにしようと思って、作品を作ったんです。「見てみぬふりをする」。これが今、日本の至る所で起こっている。この映画の登場人物たちも、「見てみぬふり」をするんですよね……

あ、そこから先は、観てのお楽しみですね♡

是枝:そうですね。そこから先は観て、考えてみてください。

【謎_6】
監督デビューから22年。12本の作品を世に送りだし、様々なCMやTV番組、またプロデュース作品も続々と生みだすなど、全力疾走中の是枝監督。そのモチベーションの源とは?

仕事のモチベーションは、どのように保っているんですか?

是枝:あまりかっこよく聞こえるとイヤなんですけど……仕事のモチベーションは、下がらないです。あ、かっこよすぎますか?

あ、いや、あの、正直言って、かっこいいです。

是枝:逆に、仕事をしないと“生きる”ためのモチベーションが下がっちゃうんですよ。周りからは「病気だ」って言われるんですけど、泳ぎ続けていないと死んじゃうマグロみたいなもんです。だから、いちばんモチベーションが下がるのが、仕事が休みになる年末年始なんですよね。「休め」って言われても、もう、どうしたらいいかわからなくなっちゃってね。家で子どもと遊んでればいいのに……新年2日から仕事場に行っちゃったりして。そうしないと、もたなくなっちゃうんですよ。逆に。

仕事命なんですね。

是枝:うん。楽しいですね、仕事。

では最後に。「三度目の殺人」の中で、Oggi読者に「ここを見て欲しい!」という部分がありましたらぜひ、教えてください。

是枝:それはもう“男”と“男”の対決ですね。そんなに難しいことを考えて映画を観なくても、男同士の対決映画として楽しめると思うんです。福山さんの色っぽい顔も、楽しみにてしていてください。犯人は誰だ、っていう映画ではないので、そこはかなりハードルが高い映画だと思いますけど。ハマってくれればきっと、これまでに経験したことのない体験ができると思うので。是非、観てみてください。

得体のしれない男が犯した2度目の殺人。その真相を追求するうちに、闇に飲み込まれていく主人公……謎が謎を呼び、心に深く突き刺さっていく「三度目の殺人」の真相とは……!? 是枝監督が今回明かしてくれた“謎”を楽しむためにも、この秋ぜひ、映画館へ!

【是枝裕和監督インタビュー】映画『三度目の殺人』に隠された謎とは?(前編)>> インタビュー前編に戻る

是枝裕和(これえだ ひろかず)
1962年 東京都生まれ/早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。ドキュメンタリー番組の演出を経て、1995年に「幻の光」で映画監督デビュー。2014年に独立し、制作者集団「分福」を立ち上げる。映画やCMの制作、ミュージックビデオ作品の演出、若手監督のプロデュースなど、さまざまなアプローチから精力的に“映像”に携わっている。

文/和栗 恵 写真/小嶋淑子

映画『三度目の殺人』公開中

監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:福山雅治 役所広司 広瀬すず 満島真之介 市川実日子 松岡依都美 橋爪功 斉藤由貴 吉田鋼太郎
配給:東宝 ギャガ

是枝監督 公式サイト
三度目の殺人 公式サイト


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.24

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature