Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. センス抜群な【岐阜】のお土産決定版! 誰にあげても喜ばれる新定番7

LIFESTYLE

2017.10.22

センス抜群な【岐阜】のお土産決定版! 誰にあげても喜ばれる新定番7

人気アニメや映画、ドラマの舞台として、最近何かと話題の岐阜県。実は、おいしくて、かわくて、ステキ〜♡ なお土産ばかりで“女子旅”にはもってこいなんです。そこで「センスがいい」なんてみんなに喜ばれちゃう、岐阜旅でおすすめの最新お土産をご紹介します。

喜ばれること間違いなし♡ 岐阜土産7選

■1:見た目もかわいくて、値段もお手頃な「美濃焼」

「美濃焼」で有名な岐阜県。なんと、全国の焼きものの半分以上は岐阜で作られているって知っていましたか?

多治見市、土岐市、瑞浪市には、窯元や器ショップ、卸売問屋、ギャラリーなども多くいので、美濃焼のうつわがお手頃な価格でゲットできちゃう!現地で買うからこそのお得感が嬉しい♡

美濃焼の器

▶おすすめのお店や作家さんもチェック
【器探しの岐阜旅】モデル・高山都が溺愛する「美濃焼」4選


■2:ばらまき土産にレトロかわいい「モザイクタイル」

岐阜県の多治見市は「モザイクタイル」の生産量も日本一! だから、種類も豊富なめちゃかわなタイルが、安くて手に入るんです。ミニサイズのタイルを色違い購入すれば、友プレに最適。(モザイクタイル1個50円+税)

モザイクタイル1モザイクタイル2

DATA
『多治見市モザイクタイルミュージアム』
岐阜県多治見市笠原町2082-5
☎︎:0572-43-5101
営業時間:9:30〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
入館料:300円
休館日:月曜
公式H.P.

多治見市モザイクタイルミュージアム

多治見市モザイクタイルミュージアムでは、タイル女子が泣いて喜ぶモザイクタイルについての本にも取材全面協力。この本もお土産によし♥

にっぽんのかわいいタイル/加藤郁美著

にっぽんのかわいいタイル/加藤郁美著(国書刊行会)


■3:懐かしくほっこり「スワンタイルカフェ」のオリジナルグッズ

モザイクタイルの貿易で使われていた当時のロゴ入りトートバッグや、タイル型の付箋など、懐かしくほっこりするグッズがたくさん! ここでしか買えないオリジナル商品は女子ウケ間違いなしです♡(トートバッグ1200円、タイル型の付箋380円、モザイクタイル大200円、小100円 ※すべて税込価格)

スワンタイルカフェ トートバッグスワンタイルカフェ タイル型の付箋スワンタイルカフェ モザイクタイル

DATA
『スワンタイルカフェ』
岐阜県多治見市旭ヶ丘10-6-15(美濃焼卸団地内)
☎︎:0572-26-9516
営業時間:11:00〜17:00(17:30〜カフェのみ完全予約制)
休館日:火曜
公式H.P.

スワンタイルカフェ店内


■4:インスタジェニックな「陶勝軒」の食べられるモザイクタイル

「多治見市モザイクタイルミュージアム」から徒歩3分にある、地元に人気の和菓子屋さん。モザイクタイルミュージアム開館記念に作った和菓子「彩り」(150円+税)は黒糖餡がほんのり甘くておいしい。食べるのがもったいなくなっちゃうタイルのようなクッキー「たべられるモザイクタイル」(12個入り400円+税)も、インスタで人気のお土産です。

たべられるモザイクタイル1たべられるモザイクタイル2

DATA
『陶勝軒』
岐阜県多治見笠原町2127-1
☎︎:0572-43-3041
営業時間:9:00〜19:00
休館日:水曜
公式H.P.

陶勝軒


■5:ピリリ、だけど甘じょっぱい「大人味のかりんとう」

飛騨美濃伝統野菜にも認定された唐辛子と、醤油、砂糖で味付けした、細長のかりんとう。甘じょっぱいのに、後からピリリとくる味がくせになる。お酒と合うんですよね〜。(岐阜のかりんとう あじめこしょう醤油 325円税込)

岐阜のかりんとう あじめこしょう醤油


■6:懐かしい気持ちになる「長良川サイダー」

清流の国、岐阜はお水がとてもきれい。そんな名水百選にもなったほどの、岐阜を流れる長良川の水を使用したサイダーです。しゅわしゅわっと程よい炭酸で喉越し爽やか。味のあるデザインも気に入ってます。(サイダー250ml 191円+税)

長良川サイダー


■7:丸ごとごろりと贅沢美味しい「甘栗納豆」

岐阜は美味しい栗が取れることでも有名なんです。栗を丸ごと1個ごろりとお砂糖をいっぱいまぶした栗甘納豆は、一口食べるだけで贅沢気分に。旅帰りの新幹線のお供にどうぞ。(恵那栗工房 良平堂 栗納豆 500円+税)

甘栗納豆

撮影協力/フカヤマノリユキ 取材・文/山本有紀

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature