Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. feature(fashion)
  4. 丸林広奈
  5. 【秋のツヤ肌】はコレでつくる! CanCamスタイリスト丸林広奈の溺愛コスメ

FASHION

2017.10.16

【秋のツヤ肌】はコレでつくる! CanCamスタイリスト丸林広奈の溺愛コスメ

読者モデルからスタイリストへと活躍の場をさらに広げている「まるちゃん」ことCanCamスタイリスト丸林広奈さん。彼女のaddictなものを紹介する連載コラム「丸林広奈のmy addict…」。今回は、最近GETした秋のイチ推しコスメについて語ってもらいました!

お気に入りは、話題の「クッションファンデ」とプロから教わった名品「ハイライト」

みなさん、こんにちは!
CanCamスタイリストの丸林広奈です。

早いもので10月ももうなかば。秋のおしゃれが存分に楽しめる今、メークだってもちろん秋仕様に! この秋は、ファッションだけでなくメークにもレッドやブラウンを積極的に使っているのですが、その色がちょっと「重く」見えてしまうときもあって。

そんなときは、肌そのものに自然なツヤ感・透明感をもたせることでメークのトータルバランスを上手にとるのが大事

そんなメークルールにぴったりハマる「秋のツヤ肌コスメ」を最近GETしたんです。今回は、現在進行形で愛用しているお気に入りコスメをご紹介します♡


すでに入手困難!?
「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」のクッションファンデ

商品名:「マイ アルマーニ トゥ ゴー クッション」

クッションファンデ アルマーニ

9月の中旬に発売されたばかりの新作ファンデなんですが、すでに入手困難なほどの人気ぶり。私はキャンセル待ちの末に運良く入手することができました。

カバー力が高いのに、ツヤがあって見え方はすごくナチュラル。そんなクッションファンデならではの魅力はもちろん、つけ心地がみずみずしくて滑らか。というのも、このファンデは美容成分入り! ファンデをつけていながら、肌をケアできるってうれしいですよね。このファンデを使っていると「肌のキメが整ってるな〜」と感じられることが多いんです。

私は4番のカラーを使っているのですが、これが自分の肌色と絶妙にマッチしていることも手放せない理由のひとつ。素肌感を上手に演出できるクッションファンデだからこそ、肌色との相性って大切ですよね。この「マイ アルマーニ トゥ ゴー クッション」は全部で6色あるので、きっと自分の肌色にぴったりマッチする色が見つかると思います♪


ひと塗りでキラめくツヤ肌に♡
美容プロから教わった「バーバリー ビューティ」のハイライト

商品名:「フレッシュグロウ ハイライター」

バーバリー ハイライト

これは撮影のときにヘアメークさんから教えてもらったアイテム、「フレッシュグロウ ハイライター」。カラーは、No.4のローズゴールドです。ややウェットで微細なラメが肌にきれいに密着するので、ふわっとひと塗りするだけで肌のつやっぽさがぐんとUP。 私はいつもまぶたの上あたりや、目の下の涙袋キワ付近にさっとのせるようにして使っています。重ね付けしても決してギラギラせず、さりげなくキラっと肌に輝きを出してくれるのがうれしい♡

そして、このローズゴールドの肌馴染みのよさもポイント! ただツヤや光をプラスするのではなくて、あくまでも「さりげなく」…ナチュラルに素肌に溶け込むように、ハイライトのラメ感を楽しめるところが魅力的なんです。通勤コスメとしても使いやすいと思います。

今年らしいカラーを楽しみながらも、ベースになる肌は自然にツヤっぽく! 今年の秋メークに欠かせない最新お気に入りコスメです。
どちらも本当にオススメなので、ぜひチェックしてみてくださいね♡

初出:しごとなでしこ

丸林広奈 CanCamスタイリスト

1992年生まれ、福岡県出身。2012年、CanCamスター読者として誌面に登場すると瞬く間に読者から圧倒的な人気を集め、2013年にはなんとCanCamの表紙モデルに抜擢され大きな話題を呼ぶ。そのファッションセンスをかわれ、現在はCanCamスタイリストとして活躍中。誌面コーディネートはもちろん、本人の私服スタイリングにも多くのファンが。ファッションだけでなく、ビューティやライフスタイルまで注目を集めている。
Instagram→@hironamarubayashi


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature