Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. スタイリスト丸林広奈
  4. 【秋のZARA】人気スタイリストが選んだ「女っぽ」アイテム

FASHION

2017.09.10

【秋のZARA】人気スタイリストが選んだ「女っぽ」アイテム

読者モデルからスタイリストへと活躍の場をさらに広げている「まるちゃん」ことCanCamスタイリスト丸林広奈さん。彼女のaddictなものを紹介する連載コラム「丸林広奈のmy addict…」。先月リニューアルオープンしたZARA名古屋店で購入した秋アイテムを教えてもらいました!

みなさん、こんにちは! CanCamスタイリストの丸林広奈です。

9月に入って、一気に気温も空気も秋めいてきましたね♡ フライング気味に購入していた秋アイテムたちも、ようやく活躍させられそうでうれしい今日このごろ♡

さてさて。先週に続いて今週も、リニューアルオープンしたZARA名古屋店(日本最大級の広さ!)でGETしたお気に入りアイテムをご紹介。涼しくなってきて、まさに今たくさん着たいなと思っているものばかりなんです。その中から、この秋のトレンドであるレディライクな2着をお見せします。

この秋もマストバイ! ZARAの女っぽアイテム

◼1:ボルドーの背抜きシャツが女っぽ!【フローデザインVネックブラウス】5,990円

カラーアイテムが旬のこの秋、私がいちばん気になっているカラーは「赤み系」。レッドにピンク、パープル、ボルドーなど、赤っぽいカラーを見ると、ついつい手に取ってしまいます。その「赤アイテム現象」はZARAでも。思わず手に取り、迷わず購入を決めたのがこのブラウス。

zara1

カラーに惹かれたのはもちろんですが、肩がゆるっと落ちたシルエットやふわっと広がる袖コンシャスなデザインも今っぽくてかわいい。とろみ素材×赤みカラーってエレガントすぎちゃうものも多いけど、これなら気負わずにデイリーに活躍させやすそう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏の終わりから秋口はライトブルーのデニムに合わせてボルドーカラーを強調。秋が深まってきたら、黒デニムをなじませるように合わせてかっこよく落ち着いた雰囲気に。レディな雰囲気をもっと堪能したいときはキャメルやベージュのスカートを…そんな合わせ方をしたいなと思っています♡

◼2:ZARAの花柄が女っぽ!【ロング丈プリント地ワンピース】6,990円

「花柄」にめっぽう弱い私。とりわけ好きなのが「ZARAの花柄」なんです。
ZARAって花柄の出し方がとっても上手。ベースにも柄の中にも濃色をうまく効かせて、かわいいけれど落ち着いて見える“大人女子の花柄”になっているんです。この連載の中でも、去年の冬と今年の春…すでに2回「ZARAの花柄」を紹介していました。毎シーズンのようにGETしてるんですね。自分でもびっくり(笑)。そんな「ZARAの花柄addict」な私がこの秋買い足したのがこちら。

zara2

柄だけじゃなくて、ウエストがキュッと締まったシルエットもとってもきれい。試着して、迷うことなく即購入を決意しました! ボタンまで同じ素材でくるんである、そんな細かなディテールにもキュンときます。

ワンピースとして着るときは、レース付きインナーを重ねて胸元のVカッティングの胸元からそっと覗かせたい! フロントボタンが上から下まで付いているから、羽織りのように活用させるのも◎。ベルトで少しブラウジングして、ロングボトムとレイヤードするのも今どきですよね。

zara_1

先週・今週と私の戦利品をお見せしましたが、まだすべて紹介できていないのが、我ながら恐ろしい…! あともう1週だけお付き合いください(笑)。もうそろそろ出番がやってきそうな秋アウターをお見せしようと思っています。では、また来週〜♪

初出:しごとなでしこ

丸林広奈 CanCamスタイリスト

1992年生まれ、福岡県出身。2012年、CanCamスター読者として誌面に登場すると瞬く間に読者から圧倒的な人気を集め、2013年にはなんとCanCamの表紙モデルに抜擢され大きな話題を呼ぶ。そのファッションセンスをかわれ、現在はCanCamスタイリストとして活躍中。誌面コーディネートはもちろん、本人の私服スタイリングにも多くのファンが。ファッションだけでなく、ビューティやライフスタイルまで注目を集めている。
Instagram→@hironamarubayashi


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.24

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature