Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. feature(fashion)
  4. 丸林広奈
  5. 【ZARA】ストライプシャツにチェックコート♡ 人気スタイリストが選んだ「今っぽキレイめ」アイテム

FASHION

2017.09.17

【ZARA】ストライプシャツにチェックコート♡ 人気スタイリストが選んだ「今っぽキレイめ」アイテム

読者モデルからスタイリストへと活躍の場をさらに広げている「まるちゃん」ことCanCamスタイリスト丸林広奈さん。彼女のaddictなものを紹介する連載コラム「丸林広奈のmy addict…」。先月リニューアルオープンしたZARA名古屋店で購入した秋アイテムを教えてもらいました!

ZARA名古屋店で見つけた「今っぽきれいめ」アイテム

みなさん、こんにちは! CanCamスタイリストの丸林広奈です。

ここ数回にわたって連続で大好きなZARAについてお届け中ですが、addictすぎてまだまだネタは尽きません♡
先月、リニューアルオープンしたZARA名古屋店(日本最大級の広さ!)におじゃまして、秋服を大量GET! 先週、「ちょいモード」「女っぽ」アイテムをお見せしてきましたが、今週はトラッド要素が香る「今っぽきれいめ」アイテムをご紹介したいと思います。

きれいめアイテムは“崩し”具合が絶妙なんです

◼1:コートも“背抜き”しちゃいます! ZARA【千鳥格子トレンチコート】13990円

zara123

この秋のトレンドのひとつが“クラシカル”です。チェック柄のアイテムはその気分を取り入れるのにもってこいのアイテム。私は、ジャケットやコートなどアウターが気になっています。そこでとっても心惹かれたのがこちら!

zara1

オーバーサイズのシャツを背抜きでラフに着るのは定番になってきたけれど、そのワザをコートにも取り入れてみました♡
チェック柄のコートをきちんと着るとかっちりと見えすぎちゃうけど、こうすることで今どきの程よいゆるさが♡

といっても、「チェックコートだから背抜きする」というルールが自分の中にあるわけではありません。
このコートはデザインが気に入ったんですが、この時は少し大きめのサイズしか残っていなくて…だったら“背抜きしてみようかな”と発想を転換! こういう偶然からも新しいおしゃれって始まるし、それがファッションの楽しいところだと思うんです。あ、でもやわらかい素材であること、襟が小さめであること…は必要条件かな。ハリのあるコートで背抜きしても、シルエットが決まらないし、襟が大きいコートでオーバーサイズを選んでしまうと「着られてる感」がすごく強く出てしまうからNG。あくまで自然に“背抜き”しましょう♡

ちなみにこのコート、私はMサイズを購入しています〜!

◼2:夏も秋も買ってる! ZARA【サテンシャツドレス】6990円

1

トラッドアイテムでもう一つ、見逃せないのがストライプシャツ! なんですが、今年の夏も「ZARA」の「ストライプ」の「シャツ」をこの連載で紹介していました…! 同じキーワードのアイテムをシーズンごとに買い足していることが見事に判明(笑)。似たようなデザインのアイテムばかり買っているの? と思われるかもしれませんが、前回買ったのはとても細いストライプで、今回選んだのはインパクト大な太ストライプシャツ。

柄を縦横切り替えで使っているところもデザインが効いていますよね。一見するとモード感の強いシャツだけど、ツヤっとした光沢感やとろんと落ち感のあるサテン素材と体が泳ぐビックシルエットのおかげで、すごく女性らしく着られる1枚なんです。トラッドでモードでしかも女っぽい…とっても欲張り♡

そして購入の最後の決め手になったのが、ひとひねり効いた袖ボタン♡

こういう、ほんのちょっとしたあしらいに心惹かれてしまうんですよね。細かいところまでデザインが行き届いていると、自然とおしゃれ感もUPするもの。う〜ん、やっぱりZARAってにくい!

…と、こんな感じで今シーズンも、私のクローゼットにはZARAのアイテムが増殖中です(笑)。どんどん新作が登場するから、今週もまたZARAパトロールに出かけなくっちゃ!! と思わずにはいられないっ。人気のアイテムは即完売してしまうことも多いからこまめにチェックすべし、が鉄則です♡

初出:しごとなでしこ

丸林広奈 CanCamスタイリスト

1992年生まれ、福岡県出身。2012年、CanCamスター読者として誌面に登場すると瞬く間に読者から圧倒的な人気を集め、2013年にはなんとCanCamの表紙モデルに抜擢され大きな話題を呼ぶ。そのファッションセンスをかわれ、現在はCanCamスタイリストとして活躍中。誌面コーディネートはもちろん、本人の私服スタイリングにも多くのファンが。ファッションだけでなく、ビューティやライフスタイルまで注目を集めている。
Instagram→@hironamarubayashi


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature