Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. スタイリスト丸林広奈
  4. CanCamスタイリスト丸林広奈が選ぶ、超使える春のitアイテム

FASHION

2017.03.26

CanCamスタイリスト丸林広奈が選ぶ、超使える春のitアイテム

こんにちは! CanCamスタイリストの丸林広奈です。

軽い春アウターで外出できる陽気な天気の日がどんどん多くなってきましたね。冬の終わりから準備してきた春アイテムを活躍させられる機会がぐ〜んと増えて、気分上々♪

s__5988397

前回は最近のアクセサリー事情のお話をしましたが、それ以外のファッションアイテムでもお気に入りのものがたくさんあります♡ 新しくワードローブに追加したアイテムはどんなものが多いのかな〜と見直してみたら…デザイン性の高いものばかりということに気がつきました。

もともとのワードローブはベーシックアイテムがほとんどなので、ちょっと派手な遊び心のあるものを選ぶくらいが実はバランスがいいのかも。パッと見たときに「かわいい♡」と思った自分の直感…「一目惚れの気持ち」を大切にしている今日この頃です。

デザインスカートを主役に、カワイイ×モード感をMIX♡

最近、「これかわいい!」とデザインに一目惚れして、ブランド名をチェックすると日本のデザイナーズブランドであることが多いんです。この春購入して活躍しているスカート2枚もまさにそう!

これはakira nakaというブランドのスカート。

s__5972366

ふわっと薄く軽やかな素材にお花のようなデザインが刺繍されています。プレーンなTシャツを合わせて、スカートのデザインを主役にしたコーディネートを楽しみたいなと思ってGET。
実はこのスカート、今期のものではなく去年のコレクションのものなんです。かわいいなぁ〜と狙っていたのに購入しそびれてしまって…(涙)。でもやっぱりどうしても欲しかったので、ずっとネットで探し続けてようやく見つけられた1枚♡ 自分の中にある、かわいいの基準って大きくブレることはないので「どうしても欲しい!」と思ったものはシーズンが変わっても、諦めずに探し続けることが多いです。とにかく粘り強くネットサーフィンし続けます!

そして、もう1枚はAKANE UTSUNOMIYAのスカート。

s__5972365

春ものではあるけれど素材感がしっかりとしているので、まだちょっと寒いかな〜? という時期からすでに投入しちゃっています。
ピンクと黄緑のチェック柄に、フリンジがついたデザイン。スカートが持っている、可愛らしい女性っぽさと程よいモード感の両方を際立たせたくて、トップスは黒ニットでスタイリングすることが多いです。黒ベルトとの相性もいいですしね♪

デザイナーズブランドのお洋服って難しいイメージが強かったけど、最近は程よいモードさのアイテムが増えているような気がして。コーディネートに取り入れるとおしゃれ感もぐっとUPするのでよくCHECKしています。

デザインアイテムって難しそう…と思ったら、モノトーンからスタートして★

そして、このZARAのトップスもかなりお気に入り。

s__5972368

トップス全体にふんだんにあしらわれている刺繍に、これまた一目ぼれ♡ 刺繍の端っこがフリンジのようになっていて立体感のあるデザインだけど、白ベース×白刺繍なのでやりすぎじゃないんですよね。こんな感じでデニムに合わせてさらっと着こなす予定です。ただの白ブラウスだと物足りないけど、これなら程よくナチュラルにおしゃれ感を演出できます◎

お洋服だけじゃなく、靴もちょっと凝ったデザインのものをGET。これはTOGA PULLA。あ、これも日本のデザイナーズブランドですね!

s__5972369

お花っぽいモチーフが入っていたり、その周りはスパンコールでキラキラしてたり、つま先部分はちょっとメッシュっぽいデザインになっていたり…と靴のどの部分を見ても「かわいい!」と思わせてくれるデザインがたくさんされているんです。でもオールブラックだから派手すぎたり、主張が強すぎたり…ということはないんです。

遊びのあるデザインアイテムも、ZARAのトップスやTOGA PULLAのサンダルのようなモノトーンを選べばコーディネートも難しくないはず。「かわいいけど、どう組み合わせたらいいんだろう…」とためらってしまう人は、“色は控えめ”からスタートして楽しんでみてください♪

初出:しごとなでしこ

丸林広奈 CanCamスタイリスト

1992年生まれ、福岡県出身。2012年、CanCamスター読者として誌面に登場すると瞬く間に読者から圧倒的な人気を集め、2013年にはなんとCanCamの表紙モデルに抜擢され大きな話題を呼ぶ。そのファッションセンスをかわれ、現在はCanCamスタイリストとして活躍中。誌面コーディネートはもちろん、本人の私服スタイリングにも多くのファンが。ファッションだけでなく、ビューティやライフスタイルまで注目を集めている。
Instagram→@hironamarubayashi


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.24

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature