Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 【インスタグラマー|ジャンヌ・ダマス】の「A」シルエット|高見えテクニックをスタイルアイコンに学ぶ!

FASHION

2018.10.04

【インスタグラマー|ジャンヌ・ダマス】の「A」シルエット|高見えテクニックをスタイルアイコンに学ぶ!

お手頃プライスの服は、全身のシルエットが大事なポイント。インスタグラマー ジャンヌ・ダマスさんから「A」シルエットを学びます!

お手ごろプライスの服は、合わせ方でひと工夫するとぐっと高見えする。1トップ×1ボトムで過ごしたいときこそ、全身のシルエットが大事なポイントなのです。シンプル派のスタイルアイコン3人の特徴的なシルエットからテクニックを盗みます!

ジャンヌ・ダマス的「A」シルエット

甘くないのに女っぽいスカートスタイル

インスタグラマー ジャンヌ・ダマス
パリ発の人気インスタグラマー。「ジェーン・バーキンの再来」ともいわれるファッションセンスが話題を呼び、モデルとして活躍するほかブランド「Rouje」を手がけるなど注目のItガール。

甘辛コケティッシュな「A」シルエットは、こうつくる! タイトトップス×すそ揺れスカート

上半身はボディラインにフィットして、歩くとスカートのすそが揺れるゆるやかなAライン。大胆に広がるガーリーなAラインではなく、このくらいさりげないのがパリシックを体現するダマス的。ハイヒールを合わせないのも今どきの抜け感につながる重要ポイント。

ダマス的フレアスカートのセレクトポイントは、腰回りにギャザーが入ったものではなく、腰回りは自然にフィットしてすそだけ揺れるタイプを厳選。タイトトップスから鎖骨をのぞかせるとさらに色っぽさがアップ。
ニット¥6,400(BLANCHIC) スカート¥6,990(キャン カスタマーセンター〈テチチ〉) バッグ¥15,500(ジュエルチェンジズ 新宿店〈ラウラ ディ マッジオ〉) 靴¥16,800(バロックジャパンリミテッド〈STACCATO〉) ピアス¥3,800(スナイデル ルミネ新宿2店〈スナイデル〉)

「A」シルエットは、こう着こなす!

✔️ 鎖骨をチラ見せするボートネックやVネックが基本
✔️ ボディラインにフィットするトップス
✔️ 腰から広がらずすそだけ揺れるデザインが理想
✔️ 高いヒールやポインテッドトウはトゥーマッチ! 1cmヒールが好相性

さりげないフィット&フレアでセンシュアルに導いて

一見普通の服なのにひときわ女性らしく見えるジャンヌ・ダマスの着こなしは、フィット感とスカートのすその揺れ感が肝。そのゆるやかなAシルエットをベースに、鎖骨の肌見せや1cmヒール靴という今っぽいエッセンスを足すのも大事な条件。甘めラベンダーパープルは黒で締め、優しさと強さのバランスをとって。
カットソー¥990(アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード〈アース ミュージック&エコロジー〉) スカート[8月下旬入荷予定]¥5,462(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉) バッグ¥7,000(アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店〈アナンズ〉) 靴¥24,000(フラッパーズ〈スペルタ〉) イヤリング¥2,900・バンル¥3,900(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)

「A」シルエットな3ルックをご紹介!

王道モノトーンでつくる肩の力が抜けた大人の色っぽさ
深Vネックカーディガンに変化球のアシメトリースカートでスタイリッシュな女らしさを表現。シンプルモノトーンだからこそできる色っぽさ重視の攻めのスタイリング。バッグ&靴でカジュアルダウンさせるくらいがちょうどいい。
カーディガン¥1,990(アメリカンホリック プレスルーム〈アメリカンホリック〉) スカート¥3,702(H&M カスタマーサービス〈H&M〉) バッグ¥5,546(ザラ・ジャパン カスタマーサービス〈ザラ〉) 靴¥24,000(フラッパーズ〈スペルタ〉) ネックレス[チェーン]¥7,000(NOJESS)

ガーリーな小花柄フレアは黒トップスとつなげてシックにまとめる
小花柄のフレアスカートはともすると幼く甘く見えてしまいがち。黒ベース&あえてのギンガムパンプスという柄ミックスで、シックかつエスプリの効いたパリジェンヌ的発想でものにして。合わせるトップスはスポーティなクルーネックより、フェミニンなボートネックを選ぶとより大人びた印象に。
カットソー¥990(GU) スカート¥4,990(コエ 渋谷店〈コエ〉) バッグ¥8,800(SENZO TOKYO〈 メゾ〉) 靴¥19,000(Dhyana.〈ディアナ ドット〉) ネックレス¥2,500・ピアス¥2,400(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)

カーディガンを肩がけしてアンニュイなニュアンスをまとう
タンクトップ1枚よりカーディガンをはおったほうが女らしいのは、見え隠れする肌とニットの揺れ感のおかげ。甘いディテールがなくても女らしさは表現できる。
カーディガン¥8,000(アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店〈アーバンリサーチ〉) タンクトップ¥2,900(トップウィンジャパン ショールーム〈カルベリーズ〉) スカート¥4,628(H&M カスタマーサービス〈H&M〉) バッグ¥7,398(ザラ・ジャパン カスタマーサービス〈ザラ〉) サンダル¥3,400(ドウシシャ お客様相談室〈ハワイアナス〉) リング¥18,000(NOJESS)

Oggi9月号「3人のスタイルアイコンに学ぶ、高見え『I』『Y』『A』シルエット」より
撮影/酒井貴生(aosora/モデル)、渡辺修身(静物) スタイリスト/金子 綾 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/矢野未希子(本誌専属)、飯豊まりえ、宮田聡子 デザイン/Permanent Yellow Orange 構成/木村 晶(本誌)
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.15

編集部のおすすめ Recommended

Feature