Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. お手入れ
  4. 【自分磨き】おばあちゃんの形見のリング、こんな色だったの!?|30分体験でリングも気持ちもピッカピカ

FASHION

2018.07.22

【自分磨き】おばあちゃんの形見のリング、こんな色だったの!?|30分体験でリングも気持ちもピッカピカ

お気に入りで毎日身につけているジュエリー、彼や家族からもらったジュエリー、みなさんどんなお手入れをしていますか?

ジュエリーのお手入れ、どうしてる?

ジュエリー

素肌にきらめくジュエリーが活躍する季節。去年使ったままお手入れせずにしまったままでは、輝きを失っている可能性も。汚れがたまっていたり、黒ずんでいたり、ちょっと歪んでしまっていたりと、気に入って身に付けていたものほどキラメキは失われていくもの。

肌に触れるものだから、意外と汚れている?!

毎日のように「直接肌に触れ」ながら、コーディネートに華を添えてくれているジュエリーですが、気づかないうちに汚れていることに気づいていない人が多いのも事実。リングならハンドクリームや、手を洗うたびに石鹸がついていたり、ネックレスなら汗をかいたり、ヘアスプレーがつくだけでも本来の輝きを少しずつ失ってしまっています。

ただ、汚れてしまったジュエリーをどうキレイにするか? は意外とわからないもの。

ジュエリーメンテナンス体験に行ってみた

ジュエリーメンテナンス実演体験 in 立川髙島屋店

専用のクロスで拭いたりと自分でできることもありますが、もうこれはプロに頼んで一気にキレイにしてしまいたいっ! というズボラ精神で、ジュエリープランニング専門店「アイデクト」が開催する「ジュエリーメンテナンス実演体験 in 立川髙島屋店」に行ってきました。

「一級貴金属装身具製作技能士」の資格を持つ職人さん

「一級貴金属装身具製作技能士」の資格を持つ職人さんが、専門店でできるジュエリーのメンテナンスについて丁寧に説明してくれます。

トラブルのあるジュエリーは、プロの手にかかればピカピカに磨き上げてくれるのはもちろんのこと、リングの歪み修復やサイズの修正、パールネックレスの紐の交換、さらにはデザインに飽きたら素材を活かしたリフォームも可能なんだとか。思った以上にサービスの幅が広くてびっくり。

パールのネックレスは、簡単に切れて飛び散る! を体感

冠婚葬祭に必須のパールアイテムが、どれだけ切れやすいかを体感すべく、イベントでは実際にパールブレスレットを引きちぎらせていただきました!

パールブレスレット

恐る恐る引っ張ってみますが…グッと力を入れた瞬間!

バラバラ

「ブチッ」ともろくもバラバラに…!

「ネックレスが引っ張られてパールが飛び散る」シーンは映画で時々目にしますが、簡単に起こり得るかもしれない、というくらいの力加減。パールネックレス(ブレス)の紐は徐々に劣化して弱くなるので、メンテナンスが必要なんだそう。初めて知りました。家族のお下がりを使っている人、要注意かもしれません。

感動、真っ黒リングに輝きが!

他にも、歪んだリングに棒を通し、叩いて整形する実演を見て金属の柔らかさを体感したりと勉強になるレクチャーが続きます。そして一番驚いたのはコレ。

真っ黒リング

真っ黒なリングの一部を磨くとこんな輝きが現れました…!! というか、こんなにジュエリーって黒ずんでしまうものなんですね。

リングの「新品仕上げ」を無料で!

さらに、アイデクトではジュエリーメンテナンス実演体験にリングを持参すると、ピカピカに磨き上げてくれる「新品仕上げ」を無料でやってくれるということで…

新品仕上げ

祖母から譲り受けた、形見のパールリングをお願いしてみました! キレイにして使いたいと思っていたんですが、そのままになっていて良くも悪くもヴィンテージ感があったので…。

専用の機材を使って、職人さんが丁寧に仕上げてくれます。

職人さんが丁寧に仕上げてくれます

結果…!

わかりますでしょうか? この輝きの違い。

輝きの違い

くすみ、黒ずみが消えてピッカピカに。さらに衝撃だったのが、ゴールドだと思っていたリングが、実はピンクゴールドのリングだったということ。これはメンテナンスしてもらわなければ分からなかった事実。

おばあちゃんがつけていたのはこのリングだったのか…。若い頃の祖母に思いを馳せつつ、大切にしようという気持ちも高まります。

ジュエリーのお手入れは、まとめてプロの手に任せるのも手!

こんなことならもっと早く来ればよかった! と思えた「ジュエリーメンテナンス実演体験」。他にもアイデクトでは、ジュエリーデザイナーと一緒にジュエリーデザインを楽しめるワークショップや、ジュエリーのことを直接鑑定士に聞ける鑑定会など、無料で楽しめるイベントが色々あるそう。ジュエリーについて知りたいことがある人は、友達を誘って一度参加してみては?

アイデクトのイベント情報はこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.08.22

編集部のおすすめ Recommended

6月28日に発売したOggi8月号P.100掲載の“Teva”のサンダルのライン名に誤りがありました。正しくは「ミッドフォーム ユニバーサル」です。お詫びして訂正いたします。

Feature