#1【働く30代のマンション購入】毎月のその家賃、もったいないと感じている人が大半だった!? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. #1【働く30代のマンション購入】毎月のその家賃、もったいないと感じている人が大半だった!?

2021.06.04

#1【働く30代のマンション購入】毎月のその家賃、もったいないと感じている人が大半だった!?

PR/フージャースコーポレーション

PR

忙しく働く毎日だから、自分の時間は、より自分好みで、より心地いい空間で暮らしたい。それならばマンション購入というのも選択肢のひとつです。お仕事の面でも信頼と実績を重ねた30歳は、実はマンションの買いどきと言われています。いったいそれはどうして?

自宅で過ごす時間が増えた今、Oggi世代の約半数がマンション購入を検討!

Q. ひとり暮らし用マンションの購入を検討したことがありますか?

Yes 72%

No 28%

働き方や暮らし方が大きく変わった昨今、おうちで過ごす時間がぐっと増加。そこでOggiでは公式Instagramを通して意識調査を実施。その中の約半数が「マンションを購入したい」と考えていることがわかりました。

その主な理由は次の3つ。1位「そろそろ将来の安定した資産が欲しい」、2位「コロナ禍を経て自宅で過ごす時間が増えたため、自分の暮らしをもっと大切にしたいと思うようになった」、3位「自分の居場所の確保」。一方で、「買いどきなどがわからない」「本当に買っていいの?」という不安の声も。そこで、すでに購入済みの女性の意見を聞いてみましょう。

購入済みの女性に質問! すると「マンションはもっと早く買っておけばよかった!」という声が多数

多くの働く女性が30代後半に住宅購入に興味を持ちはじめ、実際購入に至る年齢は40代が多いよう。まず興味を持ち始めるきっかけとなるのが、毎月支払っている家賃がもったいないと気づくから。それからすぐに行動に起こせない理由が、「買うことが得なのかわからない」「資産性ばかりを気にしていた」「何から始めたらよいかわからなかった」「どんなマンションがよいのかわからなかった」というもの。

Q1. マンションを買ったきっかけは?(複数回答可)

57

【1位】家賃や更新料がもったいないと思った(57.6%)

44

【2位】快適で安全に暮らせる家が欲しかった(44.2%)

37

【3位】資産として残せるから(37.1%)

35

【4位】このまま賃貸だと将来が不安(35.5%)

34

【5位】分譲マンションの方が設備仕様が良いと思った(34.7%)

ほかにも、「ひとり暮らしするなら賃貸よりも購入と思った」「分譲マンションの方がセキュリティ管理が安心のため」「分譲マンションの方が耐震性・遮音性が良いため」「はじめは住んで、将来は貸して家賃収入を得たいと思った」「分譲マンションの方が広くて収納が多いため」などの意見も。

Q2. マンションを買った年齢は?

1位 40〜44歳
2位 35〜39歳
3位 30〜34歳

買ったほとんどの女性が口にするのが「もっと早く買えばよかった!」ということそれは月々の家賃や一般的に35年と言われるローンのこと、資産として考えたときに早く買った方がお得でのちのち楽であることに加えて、暮らしの充実した変化に理由がありました。

Q3. マンションを買ってよかったことは?

賃貸よりも快適、便利な設備が多い
これまでの家賃が資産形成につながる安心
防犯面、設備面、広さ、すべてにおいて賃貸より充実している
仕事のモチベーションが上がった
共用施設が使えたり、リフォームが自分好みにできたり、暮らしの質が上がって居心地のいい生活がおくれている
「ここにいていい」という安心感が得られた
購入価格より、売却額が上になっている

購入を迷っている人の中には「30代でのマンション購入は早いかも…」という声も聞かれましたが、今のうちに買うことは実は賢い選択なのかも。暮らしの充実感、幸せ実感が得られるのも魅力的ですよね!

next close up!
もし独身の30歳が買うならどんなマンション?

女性の住まい選びで大切なことは「都心立地」「駅近の物件」「コンパクトな間取り」であるということ。

次回の#2では、今話題の働く女性のためのコンパクト分譲マンション「デュオヴェール」の魅力をご紹介します!

デュオヴェール公式サイトはこちら
公式Instagram
公式YouTube

協力/フージャースコーポレーション

【自宅シーン】“Le minor”のボーダーカットソー¥14,300・“RED CARD”のデニムパンツ¥20,900(GUEST LIST) ピアス¥74,800・バングル¥71,500(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)
【通勤シーン】ニット¥27,500(スローン) デニム¥25,300(GUEST LIST〈upper hights〉) バッグ¥49,500(ヴァジックジャパン〈ヴァジック〉) 靴¥14,300(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) ピアス¥96,800・ブレスレット¥135,300(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) ジャケット/スタイリスト私物

【協力社リスト】
ヴァジックジャパン:03-6447-0357
ウノアエレ ジャパン:0120-009-488
GUEST LIST:03-5728-8788
スローン:03-6421-2603
ダイアナ 銀座本店:03-3573-4005

撮影/須藤敬一 スタイリスト/槇 佳菜絵(モデル)、今田 愛(インテリア) ヘア&メイク/川嵜 瞳 読者モデル/有木万美子 構成/藤木広子

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.15

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。