Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. スタイリスト金子 綾さんセレクト!「ビームス ライツ」で見つける「秋を始めるおしゃれキーワード7」

2019.09.20

スタイリスト金子 綾さんセレクト!「ビームス ライツ」で見つける「秋を始めるおしゃれキーワード7」

PR/ビームス ライツ

PR

「Life as a Journey」をコンセプトに、旬の気分を上品に取り入れた大人のデイリーアイテムを提案する「ビームス ライツ」。その最新ワードローブから、大人気スタイリスト・金子綾さんがこの秋真っ先に着たいコーディネートを提案。9月のおしゃれにぜひ取り入れたい7つのキーワードをご紹介します。

AYA’S AUTUMN KEYWORD 01

「旬のCPOジャケット風シャツは、大人シックに」

今シーズンらしいCPOジャケット風のシャツ。ミリタリーにルーツを持つ辛口&カジュアルなアイテムだからこそ、大人っぽく女らしく仕上げたいです。そんな気分にぴったりなのが、ほどよいきちんと感とコーディネートの決定力があるスカートとのセットアップ。さらに旬のダークブラウンなら、シックで今っぽい雰囲気に。

ミルキーベージュのボトルネックニットやバレエシューズ、レオパード柄バッグでグラデーション配色にしつつ、抜け感をプラス。単調になりがちなセットアップの着こなしに奥行きをつくります。

“ビームス ライツ”のシャツ¥16,500・スカート¥17,000、“ル グラジック”のニット¥17,000、“マルコ ビアンキーニ”のバッグ¥12,000、“ステータス”の¥13,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S AUTUMN KEYWORD 02

「かっちりジャケット×ニットワンピで質感ミックス」

秋冬の一大トレンド、チェック柄を軸にしたコーディネート。ダブル仕立てのメンズライクなジャケットにリブニットワンピースを合わせ、テイスト&質感のミックス感を狙って。ニットワンピは、ジャケットのチェックに配されたブラウンとリンクするキャメルを選ぶと、個性の異なるアイテム同士もすんなりまとまります。

チェック柄はモノトーンだけの配色だと合わせやすい反面、辛口すぎにもなりがち…。でもブラウンが入ったこんな柄だとぐっと今年らしいし、ネイビーやグレーをはじめパキッとした色までさまざまな色とコントラストがつきすぎずなじむので、思った以上に着回せるはず。

“ビームス ライツ”のジャケット¥17,000・ワンピース¥13,000、“ハブファン×ビームス ライツ”のバッグ¥21,000、“ウニサ”の¥28,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S AUTUMN KEYWORD 03

「季節をスライドする時期は、オールホワイトで素材感の重なりを楽しむ」

一年を通して大好きな、オールホワイトの着こなし。なかでも、素材感の違いや、さまざまな素材を重ねることで生まれる奥行きをいちばん楽しめるのが、夏から秋へ、涼感から温もりへと季節をまたぐこの時期だと思います。

甘めのシャツブラウスに重ねたのは、スポーティなサーマルカットソーと端正なウール風パンツ、カジュアルなキャンバススニーカー。全身を白で統一しつつ、それぞれのテイストも素材感も変えることでコーディネートの奥行きを出しました。今まではウエストにインしていたシャツの裾を、今季はアウトにするのが個人的におすすめです。

“ビームス ライツ”のブラウス¥13,000・肩に巻いたサーマルカットソー¥8,500・パンツ¥13,000・ソックス¥1,300、“マルコ ビアンキーニ”のバッグ¥12,500、“スペルガ×ビームス ライツ”の¥6,500(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S AUTUMN KEYWORD 04

「モッズコートは、『ザ・女っぽい服』合わせで」

カジュアルアウターの代表格のひとつ、撥水加工のモッズコート。だからこそインナーには王道の女らしいベーシック服を合わせる、そんな着こなしが好きです。ここで選んだのは、シンプルな黒のVネックカーディガンとエコレザーのスカート。レザー素材のボトムはとても今年っぽいうえ、全身にリッチ感が備わります。

足元はパンプスでもフラット靴でもなく、ショートブーツでぐっとキレよく。さらにエコファーバッグで抜け感を投入。定番どうしのコーデが陥りがちな無難さを小物で払拭した、大人の辛口スタイルに。

“ビームス ライツ”のコート¥23,000・カーディガン¥10,000・スカート¥14,000・ソックス¥1,300、“ヘレン ムーア”のバッグ¥11,000、“ウニサ×ビームス ライツ”の¥28,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S AUTUMN KEYWORD 05

「大人のチェックは脱・トラッドでモード感を盛る! が正解」

どこかグッドガールな雰囲気が今シーズンらしい、チェック柄のすとんとしたワンピース。柄のネイビーを拾ったネイビーのパンツを合わせ、可愛らしさや甘さをセーブした着こなしに。フラットシューズよりも強さのあるチャンキーヒールを選ぶことで、着こなしをぐっとモードな表情にシフトさせます。

バッグも小ぶりタイプではなく、存在感があるものが気分。きりっとしたフォルムと艶やかなパテント素材が凛とシャープなバッグを効かせて、意志ある今年のクラシカルなコーディネートが完成。

“ビームス ライツ”のワンピース¥15,000・パンツ¥13,000、“ラウゴア”のバッグ¥9,800、“ステファニー”の¥12,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S AUTUMN KEYWORD 06

「レイヤードするボトムを、プリーツスカートに変えてみる」

重ね着を楽しめるアイテムは1枚持っておくと、着こなしの幅が一気に広がります。今回は片側にスリットが入ったニットチュニックをピックアップ。秋口はレギンスやワイドデニムを合わせて、冬はさらに中にタートルを着たりブラウスを着たり…と、今から長く楽しめそうな一枚。

去年まではパンツを合わせていたけれど、今年はぜひプリーツスカートをレイヤードしたいです。特に細いプリーツはこの秋冬らしいし、また重ねたときに繊細な立体感が出るのでおすすめ。黒×ヌードベージュも好きな組み合わせ。仕上げにスマートなフォルムの黒小物で、フェミニンなプリーツを引き締めます。

“ビームス ライツ”のニット¥12,000・スカート¥14,000・バッグ¥5,000、“ジェーヴィエーエム”の¥13,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S AUTUMN KEYWORD 07

「デニムは、レディヴィンテージな着こなしをめざす」

この秋は、いつもよりきれいめな着こなしをしたいと思っています。いつものデニムスタイルにも、端正で女らしいボウタイブラウスを合わせてみました。上に重ねたカーディガンは、濃い色でコントラストをつけるとトラッドな雰囲気になりすぎるので、同系色のゆるっとしたリブ編みタイプを選んでなじませます。

ころんと丸みのあるバッグやバレエシューズで、上品な女っぽさをプラス。トラッドではなく「レディライクなヴィンテージ」に仕上げるのが、今の気分です。

“ビームス ライツ”のカーディガン¥13,000・ブラウス¥12,000・バッグ¥6,500、“モナーム”のパンツ¥16,000、“ステータス”の¥13,000(ビームス ライツ 渋谷)

ビームス ライツ公式サイト

協力/ビームス ライツ 渋谷
03-5464-3580

撮影/渡辺修身 スタイリスト/金子 綾 構成/須藤由美

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000