Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. スタイリスト金子 綾さんが「ビームス ライツ」でセレクト!「初夏に着たい大人のワードローブ、10のキーワード」PART1

2019.05.10

スタイリスト金子 綾さんが「ビームス ライツ」でセレクト!「初夏に着たい大人のワードローブ、10のキーワード」PART1

PR/ビームス ライツ

PR

「Life as a Journey」をコンセプトに、旬の気分を上品に取り入れた大人のデイリーアイテムを提案する〝ビームス ライツ〟。今回は、そのラインナップを駆使した初夏の着こなしを、大人気スタイリスト金子 綾さんがスタイリング! 金子さんが今季気になる「10のおしゃれキーワード」を、2回にわたってお届けします。

【PART2】はこちら

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 01
「〝トーン違いの白〟を重ねる」

異なる「白」で、オールホワイトをさりげなく仕上げ、奥行き感を表現

“洗練度もクリーンな印象も抜群な、オールホワイトの着こなし。ですが、全身まったく同じ白で統一すると気負いすぎて見えたり、のっぺり見えたりしがちに。そこで、それぞれのアイテムの「白のトーンを変える」のがポイントです。真っ白なノースリーブとバッグ、オフ白のパンツ、グレイッシュなカーディガン。カーディガンのトーンにリンクするシルバーのバレエシューズで、カジュアルさとモード感をプラス。無彩色の白だからこそ表情豊かに、多彩に見せる。そんな色の合わせ方を楽しみたいカーディガンはUVカット加工も。”

〝ビームス ライツ〟のカーディガン¥13,000Tシャツ¥7,500パンツ¥14,000〝パオラ ヌッティ〟のバッグ¥16,000〝レメ〟の靴¥14,800(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 02
「半袖ニットが好き」

大好きなアースカラー配色をラメ入りニットで上品モードにシフト

“初夏から夏が終わるまでのトップスは、Tシャツやカットソーがメインになり、どうしても素材感が偏りがち。そんな時期こそ半袖ニット。Tシャツ感覚でつかえるのに素材はニット、ってかわいい! 毎日のコーディネートに違いを出せ、単調にならずおしゃれを楽しめます。だから、半袖ニットって好きなんです。ベージュのラメニットにオリーブのリブタイトスカートを合わせて。繊細なラメの上品な輝きが、ともすると地味になりがちなアースカラー配色に軽やかなアクセントを加えてくれます”

〝ビームス ライツ〟のニット¥8,500スカート¥9,000〝マルコ ビアンキーニ〟のバッグ¥12,000〝ニコラス ライナス〟の靴¥7,800〝エクアアンディーノ〟のハット¥9,800(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 03
「〝初夏のブラック〟は、バランス計算で軽やかに」

カシュクール&ショート丈の相乗効果で全身をバランスよく見せるトップスを味方に

“一年中大好きな色ですが、この時期の「黒」の着こなしは少し注意が必要です。しっとりリッチな素材が素敵に見える秋冬や、肌見せの抜け感で軽く見せられる真夏とも違う。重たく見せないアプローチを心がけます。そんな「初夏の黒」の着こなしに役立つのがこのトップス。ショート丈で重心がアップし、さらにカシュクール風のXシルエットで上半身が締まってぐっとバランスよく。黒に負けないビビッドなグリーンで上下の強さを均等に。スカートの揺れ感も軽やかさの演出にひと役買って”

〝ビームス ライツ〟のブラウス¥9,000スカート¥11,000〝ラウゴア〟のバッグ¥5,900 ・〝ステファニー×ビームス ライツ〟の靴¥11,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 04
「きれいめカラーパンツをくずして着る」

統一感のある配色のなかにさまざまなテイストを兼ね備えた、饒舌な着こなし

“センタープレスと絶妙なテーパードで、シルエットがとても美しいこのパンツ。こんなきれいな形のパンツなら、ベーシック派でも色に挑戦しやすいと思います。黄みがかったコーラルピンクの色になじむ、ベージュ系のアイテムを重ねて。その際、サファリ風ジャケットやリブタンクトップ、同系色のビーチサンダルできれいめカラーパンツのきちんと感や華やかさを「あえてくずす」のがポイントです。女らしいパンツの色を活かしつつカジュアル感やヘルシーさもあわせもつ、表情豊かな着こなしに”

〝ビームス ライツ〟のブルゾン¥15,000キャミソール¥8,000パンツ¥14,000〝フィオレッリ〟のバッグ¥11,000〝イパネマ〟の靴¥3,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 05
「フレンチシックは永遠」

黒のモード&シックな持ち味でキュートな柄on柄を大人仕様に

“ボーダートップスやバレエシューズ、少量効かせる赤のさし色など、パリっぽいスタイルは昔からずっと好きなもののひとつ。パリジェンヌ御用達のボーダーと小花模様、2つの柄を合わせた柄on柄の着こなしも、黒ベースの柄どうしを選べば簡単。共通する黒が異なる柄をすんなりつないでくれて、かつシックな雰囲気に仕上がります。花柄スカートに少量入った濃いピンクの赤みを拾って、朱赤のミニショルダーでリフレイン。メンズライクなサンダルで柄の甘さをセーブし、大人のカジュアルにシフト”

〝ビームス ライツ〟のTシャツ¥9,500スカート¥13,000〝マルコ ビアンキーニ〟のバッグ¥13,000〝ジェイヴィエム〟の靴¥10,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 06
「ターバン風に巻くストールでヘアをまとめる」

レイヤードしたデニムの色とリンクするブルーのストールを選択

“ヘアをすっきりまとめた全身バランスが好きで、自分でもターバンやニット帽などをよくつかっています。夏に向かいつつあるこの時期なら、さらっとしたコットンのストールをターバン風に巻くのもよさそう。合わせる服は、ティアードのデザインでも甘くなりすぎず、着回せる幅が広い黒のワンピース。九分丈デニムをレイヤードしてカジュアルダウンします。そのデニムのブルーとリンクするブルーのストールを選べば、ヘッドアクセっぽいつかい方も難しくなく、初心者でもさらっと取り入れやすいはず”

〝ビームス ライツ〟のワンピース¥14,000〝モナーム×ビームス ライツ〟のパンツ¥15,000〝スタイロ〟のバッグ¥6,000〝ジェイヴィエム〟の靴¥9,000〝マーファ〟の髪に巻いたストール¥6,800(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 07
「同系色じゃない、アースカラーのグラデーション」

ニュアンスの異なる色の重なりが、着こなしに奥行きをもたらして

“セットアップが好きです。ワンピースよりコーディネート感が出るし、きちんとしたスタイルにもカジュアルっぽくも振れるから。ここではグリーンがかったマスタード色のセットアップを選択。そこに、ほんのり透け感のある素材が涼しげな赤みのあるベージュのライトコートを重ねます。狙いたいのは、完全に同系色ではなく「少しトーンをずらした」アースカラーのグラデーション配色。ほんのりスポーティなコートのディテールやサンダルで、セットアップの「きまってる感」をはずして仕上げます”

〝ビームス ライツ〟のセットアップ[上下セット価格]¥16,000コート¥23,000〝ノスタルジック ガレージ〟のバッグ¥13,000〝ジェイヴィエム〟の靴¥12,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 08
「モードすぎず女っぽい。黒×ヌードカラー配色」

ミント色のサンダルでクリーンで軽やかな雰囲気を投入

“大人の女性のレギンススタイルは、あくまで女らしく仕上げたい。そこで選んだのは、ヴィンテージみたいなクロシェ編みに、レギンスがドッキングされたデザインのスカート。モードっぽさ満点の黒のレギンスの着こなしに女っぽさを宿してくれるのが、ヌードピンクのリブカットソーです。そのヌードピンクとトーンは同じだけど、反対色のミントカラーを一点アクセントに効かせて。強くてモードな印象の黒と、やわらかなヌードカラーという相反するベクトルの配色。そんなスタイリングが気に入っています”

〝ビームス ライツ〟のプルオーバー¥7,000レギンス付スカート¥14,000バッグ¥6,500〝ジェイヴィエム〟の靴¥9,800(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 09
「ラベンダー×ベージュで叶える大人の上品モード」

キュートなラベンダーのスウェットを端正でモダンなベージュ小物で格上げ

“〝ラベンダーにはベージュ〟も、私の大好きな配色のひとつ。ラベンダーは、ベージュの効果で上品さと女っぽさを増し、逆にベージュにはラベンダーによってフレッシュな印象が備わります。このラベンダーのスウェットは、タイトめ (少しAラインなんです)スカートとのセットアップでカジュアルすぎず、きれいめに着られて優秀。ほどよくハリのあるさらっとした肌ざわりで、初夏にもさわやかに着られそうです。マットでクリーンな雰囲気のベージュのショルダーバッグやフラットシューズで、大人っぽく洗練された雰囲気に”

〝ビームス ライツ〟のプルオーバー¥13,000スカート¥12,000〝マルコ ビアンキーニ〟のバッグ¥13,000〝ジェイヴィエム〟の靴¥11,000(ビームス ライツ 渋谷)

AYA’S EARLY SUMMER KEYWORD 10
「ニュアンスカラーのレイヤードで完成度を上げる」

単調になりがちなワンピースは、トーンをそろえた重ね着でおしゃれに

“着回し力が高い反面、ワンパターンになりがちなのがシンプルな中間色のワンピース。まだレイヤードが楽しめる初夏のうちに、重ね着のバリエーションを楽しみたい! Gジャンなどでコントラストをつけるのも好きですが、ワンピースのオリーブとなじみのよいベージュのブルゾンを合わせて。トーンをそろえたレイヤードで、よりさりげなくてかつおしゃれな印象に。肩を少し抜いたアウターの着こなし方や、ビッグサイズのトートで、「きちんときれい」なワンピースの持ち味に、ラフな表情をプラスします”

〝ビームス ライツ〟のブルゾン¥19,000・ワンピース¥14,000〝シラレア〟のバッグ¥5,500〝スペルガ×ビームス ライツ〟の靴¥6,500(ビームス ライツ 渋谷)

詳しくはコチラ

【PART2】はこちら

協力/ビームス ライツ 渋谷
03-5464-3580

撮影/渡辺修身 スタイリスト/金子綾 構成/須藤由美

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.16

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000