Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ワンピース
  4. ワンピースコーデ
  5. 「どこの?」の聞かれる最旬ワンピースは、EC発ブランドで見つける!

FASHION

2022.06.12

「どこの?」の聞かれる最旬ワンピースは、EC発ブランドで見つける!

高いデザイン性と抑えめの価格帯が魅力の「EC発ブランド」。夏に着たい、鮮度の高いワンピースを探すならココで!

Q|真夏向けの鮮度の高いワンピースはどこで買える?

A|個性の効いたEC発ネクストブランドがおすすめ!

ネット販売に特化した新世代のECブランドは、ワンピースを得意とするところが多数。今どきのデザインを気軽に試せるのが魅力です。「それどこの?」と聞かれるような最旬ブランドを続々紹介♡

1|女っぽモードな旬デザインなら〝AKTE〟(アクテ)をチェック!

トレンドを確実にとらえながら、女性らしい上品ムードが漂う〝AKTE〟。ツートンカラーがモダンなワンピースは、背中の深い開きで凜とした色気を表現。トライしたい気持ちを後押しする価格設定も魅力。

ワンピース¥13,970(AKTE) バッグ¥17,600(S&T〈HVISK〉) 靴¥4,400(シードコーポレーション〈イパネマ〉) 帽子¥33,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ヴァン パルマ〉) ピアス¥5,500(アルアバイル) バングル¥39,600(レム) リング¥19,800(HASLA Jewelry〈ハスラ〉)

スタイリスト縄田さんセレクト! きれいめ派におすすめなEC発ブランド5選!

1|ワザありデザインが見つかる〝HeRIN.CYE〟(ヘリンドットサイ)

デザイン性の高いスタイリッシュな服を打ち出す〝HeRIN.CYE〟は、マキシワンピも異素材使いで鮮度高く。明るいキャメルブラウンは、派手にならずにリッチな華やかさを出せる色。夏の気軽な気分転換におすすめ。

ワンピース¥22,000(バロックジャパンリミテッド〈HeRIN.CYE〉)

2|甘めモードで目立ちたい日は〝MACHATT〟(マチャット)を!

エレガントなディテールを洒落感モードに振るのがうまい、神戸発の実力派ブランド。フリル切り替えのドッキングワンピは、やや張り出す肩のカッティングや黒のハリ感素材でクールさをプラス。甘いだけに終わらないバランス感覚がさすが。

ワンピース¥23,100(MACHATT)

3|〝ガリャルダガランテ ネイビー〟なら鮮やか色もこなれて見える

〝ガリャルダガランテ〟のEC限定セカンドラインは、よりカジュアルで抜け感のあるスタイルを発信。ターコイズグリーンのワンピースは、袖内側のタックデザインで今どきの個性をアピール。

ワンピース¥19,800(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ ネイビー〉)

4|サテンのストライプが涼しげな〝MIESROHE〟(ミースロエ)

通勤にもぴったりな、きれいめワードローブを主軸とする新ブランド。カジュアルになりがちなブルーストライプのワンピースも、サテン素材で品よくフェミニンに着地。ノースリーブで肌見せする分、胸元は小さな開きのシャツ襟デザインできりりと。

ワンピース¥21,450(MIESROHE)

5|話題の〝カルメール〟はリラクシーな抜け感が上手

人気ブランドを多数展開するベイクルーズ グループから、2022年春デビュー。大人の洗練カジュアルをコンセプトに、クリーンなアイテムが多くそろう。白のコットンワンピも、甘くならずモダンな仕上がり。

ワンピース¥35,200(ベイクルーズカスタマーサポートセンター〈カルメール〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2022年Oggi7月号「大人の『夏ワンピース』トレンドジャーナル」より
撮影/渡辺謙太郎(人物)、魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/朝比奈 彩(Oggi専属) 撮影協力/バックグラウンズファクトリー 構成/三尋木奈保
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature