Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 天秤座
  5. 連載 当たる裏ホロスコープ占い【天秤座】人生の転換期の4月前半、ラッキーアイテムは名刺入れ!

FORTUNE

2022.04.01

連載 当たる裏ホロスコープ占い【天秤座】人生の転換期の4月前半、ラッキーアイテムは名刺入れ!

2022年4月前半のてんびん座の運勢は?さまざまなメディアで活躍中の人気占い師・流光七奈先生による「裏ホロスコープ占い」。あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができます。

流光七奈

4月前半の天秤座さんは、まさに転換期。人生の新たな章が幕を開けるでしょう。

特に「別れ」がキーとなり新たな生活がスタートする予感ですが、ここで起こる別れは喜びある別れで、悪い別れではありません。双方とも心から納得した上での別れとなるでしょう。

そしてその別れが運んでくるものは、新しい出会い。そしてこの時期の天秤座さんはエネルギーも十分。何事も、始めるよりは終わらせる方がエネルギーを使うもの。これを機に別れたい物事にスパッと見切りをつけましょう!

天秤座さんの中の独立心旺盛で野心的な部分が顔を出してくる予感。

ここでの成功のポイントは、賢く立ち回ること。意見を押し付けすぎず、うまく同意を得られるように持っていく工夫をしてみるとよいでしょう。

周囲の仕事に苛立ちを感じることがあっても、急かさず少し離れて見守るのが吉。

労力と金額が見合わないと感じる場合は、現状をよく分析した上で解決策を考えましょう。パートナーシップ運が高まるため、いいビジネスパートナーも見つかるかもしれません。

出会いを求めている人は、小さなグループ内で恋が生まれる予感。友達関係や仕事関係など、5人くらいの少人数で集まることがあったらちょっと気合いを入れて行ってみるとよいかも。

片思い中の人は、相手に対する気持ちがスッと消えていくかもしれません。それがスッキリと感じたら、前進するときです。

おつきあい中の人で別れを悩んでいた人は、結論が出るとき。未来のあなたではなく、「今のあなたが」その人と一緒にいて幸せかどうかを問うてみて。未来は今の積み重ねですよ。

ラッキーアイテム・スポット

ラッキーアイテム:グリーン系の香り・名刺入れ

ラッキースポット:次に行きたいと望んでいる場所、またはそこに近い場所

思いやりがあり、調和と平和を大切にする天秤座さん。

コミュニケーション能力は抜群で、調整能力にも長けているので、幹事などを頼まれることも多いのではないでしょうか? 人当たりが良く気配り上手なので、相手と衝突することはまずありません。また、人からどのように見られているのかを重要視する天秤座さんは、自分の身だしなみにはとても気を使います。

恋愛は、相手を束縛するようなことはなく、とても自由で友達のような気ままさが特徴。どちらかと言うと、自分から告白するよりは、相手からアプローチされる機会が多いようです。

また、おつきあいの相手や結婚相手には、周りから高い評価を受けるような男性を選ぶ傾向があります。ただ、時々相手に合わせすぎて疲れてしまうことも。

天秤座さんを輝かせてくれる装いは、シンプル服にひとくせ小物を効かせるようなきちんとしている中にも遊び感のあるファッションです。

メイクはカラーレスメイクやヌードリップなど、つくり込みすぎないのが大切です。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

占い師・流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした5年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」に加え、2020年1月「ダンナさまは幽霊 天国からのメッセージ」を発売(イースト・プレス)。流光七奈公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature