Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 双子座
  5. 連載 当たる裏ホロスコープ占い【双子座】準備期間の2022年3月前半、"いつも通り"で生活するのが幸運のキー!

FORTUNE

2022.03.01

連載 当たる裏ホロスコープ占い【双子座】準備期間の2022年3月前半、”いつも通り”で生活するのが幸運のキー!

2022年3月前半のふたご座の運勢は?さまざまなメディアで活躍中の人気占い師・流光七奈先生による「裏ホロスコープ占い」。あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができます。

流光七奈

3月前半の双子座さんは、ふだんと変わらないルーティンで生活する「いわゆる変わり映えしない毎日」というのが幸運のキー。

つまり今は、大きな目立つ動きをするのにあまり適していないということ。刺激を求める傾向がある双子座さんにはその生活はキツイかもしれませんが、そうしたほうがいいというのは表向きということであって、双子座さんの頭の中はいつだって自由!

内に秘めている野望は来るべきときに発散させるため、今は水面下でひとり着々と情報収集(得意ですよね!)をして、そのときに備えた準備をしましょう!

不確実なことが多くなるかもしれません。新しいことにチャレンジするよりは、今ある仕事を確実にこなしていきましょう。

今続けている仕事では安定の成果を上げられるため、遠回りとなっても結果それが双子座さんの評価を上げるいちばんの近道となります。

不確実な状況とは反対に、双子座さん自身は仕事に対する気持ちが駆り立ててられるため、この先に予定している企画などの準備を着々と進めていきましょう。結局は下準備が成功の秘訣!

出会いを求めている人は、過去の経験を経て相手に求める基準が低くなりすぎてはいませんか? 高望みしすぎもよくありませんが、低すぎてもよくありません。今の自分の中にある基準を少しだけ上げてみて。

片思い中の人は、告白は真剣になりすぎないことが成就のポイント。「もしかして自分のことが好きなのかな?」と相手が思うくらいの言葉で伝えてみて。

おつきあい中の人は、あなたのひと言がきっかけとなり、望みどおりの関係になれそう。どんなときでも相手への思いやりを忘れないで。

ラッキーアイテム・スポット

ラッキーアイテム:恋愛ドラマ・紙の本

ラッキースポット:集中して本が読める場所

クールでサバサバしているイメージの双子座さん。イメージだけではなく、本当に優秀な女性が多いのも双子座さんの特徴です。

職場では、いつも勇敢でブレずに一本筋が通った働きぶりに、きっと双子座さんに憧れている後輩女性も多いはず。気配りもできてコミュニケーション能力も高いので、上司にするなら、まさに双子座さん以上の人材はいないでしょう。

恋愛では、明るく楽しい友達のような関係を好みます。男性顔負けの勇気もあるのに、実は女性らしいかわいらしさも持ち合わせていて、そんなギャップに男性はキュンとしてしまいます。

双子座さんを輝かせてくれる装いは、シャツやセンタープレスパンツなど知的でシャープな雰囲気のファッション。また、双子座さんはトレンドにも敏感ですので、自分に似合う装いにどこかトレンドの要素を入れることで、センスの良さが光ります。

知的な雰囲気が魅力の双子座さんは、立体的な太眉やカーキのアイシャドウでクールビューティに磨きをかけましょう。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

占い師・流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした5年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」に加え、2020年1月「ダンナさまは幽霊 天国からのメッセージ」を発売(イースト・プレス)。流光七奈公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature