Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. 白コーデ
  5. 色で“春”を漂わせるなら! ホワイトトーンの上品コーデ5選

FASHION

2022.02.10

色で“春”を漂わせるなら! ホワイトトーンの上品コーデ5選

春らしさを一足早く取り入れるなら、「明るいきれい色」がおすすめ。クリーンなホワイトカラーでまとめた5コーデはこちら!

クリーンな「ホワイトカラー」で春を感じて

ダークカラーに手が伸びがちな冬もそろそろ終盤。気温はまだ低くても、春らしさをどこかに感じさせたい。そんな時に取り入れたいのは、気持ちも上がるきれい色!

今着たい「ホワイトカラー」を取り入れたコーディネートを紹介していきます♪

1|ツヤにコーデュロイ、質感を重ねて旬の全身ホワイトを小粋に

注目されている全身ホワイトの着こなしは、違う素材を組み合わせることでのっぺり見えを回避。ボリューミィな肩掛けも洒落見えにひと役。

肩に掛けたスウェット¥7,150(バロックジャパンリミテッド〈MOUSSY〉) シャツ¥15,400(バナナ・リパブリック) パンツ¥25,300(GUEST LIST〈upper hights〉) バッグ¥145,200(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥23,100(MIKIRI〈ディアナドット〉) イヤリング¥198,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) ネックレス¥30,800(マリハ) リング¥52,800(ショールーム セッション〈マリハ〉)

2|ペプラムデザインの甘さを淡グレーのデニムで引き算して

引き締めつつ明度も保ちたいから、ライトグレーのデニムがちょうどいい。

シャツ¥23,100(LE PHIL NEWoMan 新宿店〈LE PHIL〉) デニムパンツ¥25,300(GUEST LIST〈upper hights〉) 手に持ったカーディガン¥39,600(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) バッグ¥24,200(S&T〈HVISK〉) 靴¥35,200(ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉) 眼鏡¥33,000(アイヴァン 東京ギャラリー〈アイヴァン〉) リング¥25,300(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ シルバーコレクション〉)

3|スタイリッシュなIシルエットを優しいカラーでまとめて

ペンシルタイトスカートの直線的な着こなしには、キレのいい真っ白よりまろやかなオフ白~エクリュが正解。小物などでブラウンをほんのりワンポイントで効かせれば、やわらかさを維持したままシャープさを加味できる。

シャツ¥23,100(THIRD MAGAZINE〈THIRD MAGAZINE〉) タンクトップ¥8,910(アンクレイヴ〈アンクレイヴホワイト〉) 〝AZUL BY MOUSSY〟のスカート¥4,950・〝SLY〟のバッグ¥7,700・ピアス¥3,850(バロックジャパンリミテッド) 靴¥39,050(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) ネックレス¥6,200(ロードス〈ルメル〉)

4|ほんのりコクのあるベージュ使いで、白のクリーンさをキープ

デニムを合わせる感覚でベージュのチノパンツを合わせると、きれいめカジュアルも難なく。

ブラウス¥28,600(フィルム〈ダブルスタンダードクロージング〉) パンツ¥15,400(アンクレイヴ〈アンクレイヴ〉) 〝ミカ デラ ヴァッレ〟のバッグ¥34,100・〝マリア ブラック × チノ フォー デミルクス ビームス〟のイヤーカフ¥26,400(ショールーム セッション) 靴¥33,000(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉) ネックレス¥52,800(MIKIRI〈クードル〉) リング¥187,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)

5|白からベビーピンクのグラデは、くすみ色で大人のかわいさを

彩度低めのトーンを重ねることで、淡いピンクでも大人っぽさが引き立って。旬のペプラムプリーツでぐっと表情豊かに。

ブラウス¥12,980(リノーム バイ エーティー〈リノーム バイ エーティー〉) スカート¥10,780(SNIDEL ルミネ新宿2店〈スナイデル〉) バッグ¥7,700(バロックジャパンリミテッド〈THROW by SLY〉) 靴¥17,600(ダイアナ 銀座本店〈エフ バイ ウェルフィット〉) ピアス¥30,800(ショールーム セッション〈モダン ウィーヴィング〉) ブレスレット¥16,500(アマン〈アンセム フォー ザ センセズ〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2022年Oggi3月号「今年も働く私は『キレイな色』でいこう!」より
撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/神戸春美 モデル/泉 里香(Oggi専属)、麻宮彩希 構成/佐々木陽子
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature