お洒落人がこぞって手にしている名品バッグ… Dior【ブックトート】に注目! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. アクセサリー・バッグ・帽子
  4. バッグコーデ
  5. お洒落人がこぞって手にしている名品バッグ… Dior【ブックトート】に注目!

FASHION

2021.08.29

お洒落人がこぞって手にしている名品バッグ… Dior【ブックトート】に注目!

おしゃれな人たちが認める、新世代の名品とは? 今回はおしゃれプロも納得の「間違いない」名品バッグを紹介。

老舗メゾンの「ブックトート」でカジュアルをモードに!

ファッションの先達が、こぞって「後悔ナシ」と太鼓判を押した、〝間違いない〟バッグ大賞はこちらです!

Dior(ディオール)の「ブックトート」

定番のビッグからミニまで多様なサイズを展開。毎シーズン登場する新たなファブリックやモチーフが見逃せない。最新作はエスプリの利いたレオパード柄。

バッグ[35×41.5×18]¥429,000(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)

スクエアシェイプに見る、究極シンプルな〝粋〟
「私が愛用しているのは無地の黒レザーですが、このバッグの魅力の真髄は、シャキッとしたスクエアのシルエットにあると思います。シンプルなのに存在感があり、驚くほどどんなテイストの服にも合うんです。ムダはないけど、計算はある、老舗メゾンのワザを感じます。何度も『買ってよかった』と思えた、ここ最近いちばんのブランドバッグです」(Oggi副編集長・安藤奈津)

肩掛けも手持ちも◎ すべてが理想的なバッグ
「今日持つバッグに迷ったら、『ブックトート』が今の私の定説になりつつあります。研ぎ澄まされたデザイン性の高さは元より、すべてのサイズ感が絶妙なんです。縦×横×マチ、ハンドルの長さと太さ、背面に配されたラインの配置。トートバッグというシンプルなアイテムに凝縮された、老舗メゾンの美意識の集大成であることを日々、実感しています」(エディター・須藤由美さん)

◆この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。
◆文中の[ ]内の数字はバッグのサイズ[縦×横×マチ]を表し、単位はcmです。

2021年Oggi9月号「『かっこいい私』のラグジュアリー新名品」より
撮影/渡辺修身 スタイリスト/川上さやか 構成/村上花名
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature