「小学館の図鑑NEO」の中の生き物に出会える“生きるミュージアム”! 新感覚の体験型施設【ZUKAN MUSEUM GINZA】が7/16オープン | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. ライフスタイルニュース
  5. 「小学館の図鑑NEO」の中の生き物に出会える“生きるミュージアム”! 新感覚の体験型施設【ZUKAN MUSEUM GINZA】が7/16オープン

LIFESTYLE

2021.06.25

「小学館の図鑑NEO」の中の生き物に出会える“生きるミュージアム”! 新感覚の体験型施設【ZUKAN MUSEUM GINZA】が7/16オープン

小さな子供から大人まで楽しめる体験型施設「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」が銀座にオープン。ローソンチケットにてチケットの販売が始まりました。

知的好奇心を刺激する“アカデミック・エンターテインメント”

累計発行部数約1,100万部を超える小学館の図鑑シリーズ「小学館の図鑑NEO」。老若男女問わず愛されるこの図鑑の世界を楽しめる体験型施設「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」が、2021年7月16日(金)、東急プラザ銀座にオープンします。

施設に足を踏み入れると、そこはデジタルとリアルが融合した空間。

中は、雑木林で普段見られる生き物をアリ目線で観察できる「アントビューゾーン」、美しい川を象徴する生き物たちと出会う「ウォータープルーフゾーン」、暖かい地域のうっそうとした森や寒い地域の針葉樹の生えた森などに住む生き物が現れる「ディープフォレストゾーン」、世界各地の様々な淡水に暮らす生き物を集めた「アンダーウォーターゾーン」、サバンナや乾燥地帯に住む動物が現れる「ワイルドフィールドゾーン」の5つのゾーンで構成され、それぞれのゾーンで図鑑の中でしか見ることのできなかったさまざまな生き物たちに出会い、その息吹を感じることができます。

また、1日を24分に凝縮した固有の「時間の流れ」が設定されており、朝、昼、夕方、夜の時間の経過や天候の変動など“地球の自然”をリアルに表現。風景が移り変わるだけでなく、生き物の動きも変化し、その時々で新しい発見を楽しめます。

併設のオフィシャルストア「memoria」では、施設内に現れる生き物39種を完全網羅した「公式生き物図鑑」やTシャツなどを販売。老舗 松崎煎餅とZUKAN MUSEUM GINZAのコラボレーション商品「ZUKAN MUSEUM 瓦煎餅」はお土産にもおすすめです。

▲(写真:左から)「公式生き物図鑑」¥700、銀座 松崎煎餅「ZUKAN MUSEUM 瓦煎餅」3枚入り ¥756

学びにおいて「読んで知る」と同等に大切な「実体験をつくる」ことを目指し誕生したZUKAN MUSEUM GINZA。あらゆる生き物が共存している世界の空間や時間を“めぐる”ことで“地球の自然”を五感で体感できる、新しい図鑑体験を提供します。

☆チケットはローソンチケットで先行販売中

ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.07.29

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature