気持ちが引き締まる「働くおうち服」滝沢カレン主演リモートワーク5days | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. カジュアルコーデ
  5. 気持ちが引き締まる「働くおうち服」滝沢カレン主演リモートワーク5days

FASHION

2021.03.22

気持ちが引き締まる「働くおうち服」滝沢カレン主演リモートワーク5days

リモートワーク5daysのコーデを、Oggi専属モデル 滝沢カレンが着こなし! おうちで働く日々をもっと素敵に♪

MONDAY

仕事スイッチを入れてくれるのは、お気に入りのコーヒーの香り。そして、ほんの少しのキレが効いたおしゃれ。おうちだから気楽に。だけど、背筋が伸びるきちんとさも必要。一周回って気づいたのは、オンオフを切り替えることの大切さ。

微光沢の素材感が、ルームウエアと一線を画す決め手に。程よくボリュームのあるフレンチスリーブが、オンライン会議でのモニター映えを叶えてくれる。

カットソー[3月下旬以降発売予定]¥16,000(インターリブ〈サクラ〉) カーディガン¥19,000(サザビーリーグ〈ベアフット ドリームズ〉) スカート¥7,200(SNIDEL ルミネ新宿2店〈スナイデル〉) イヤーカフ¥17,000(デミルクス ビームス 新宿〈マリア ブラック × チノ フォー デミルクス ビームス〉) マグカップ¥1,600・プレート¥2,000(ロンハーマン〈サクザン〉) その他/スタイリスト私物

TUESDAY

自由なスタイルで働けるのはワークフロムホームの醍醐味。頑張りすぎず、自分の機嫌をうまく取りつつ、心地いいスタンスをつかむのが新時代のエレメント。仕事が一段落したら、ワークスペースから離れて小休憩。手抜きランチだって、ときには全然あり! らくちんなパンツがあれば、いつだってご機嫌でいられる。

リラックス感と旬を両立できるウエストゴムパンツがあれば、おうちで働く日のスタイルもぐっとおしゃれにセンスよく。きれい色をチョイスすれば、気分も明るくなってポジティブムードが漂う。

パンツ¥20,000(エストネーション〈エストネーション〉) ニット¥24,000(ショールーム セッション〈ADAWAS〉) ピアス¥29,000(アガット) サンダル¥29,000(PIPPICHIC)

WEDNESDAY

おうちでずっと根を詰めていると気も滅入りがち。お散歩がてらランチをテイクアウトすれば、いい気晴らしに。着心地のいいワンピースにスマホポシェットを肩に掛けて、エコバッグをさっと持てば、外出もずっと気楽。外の澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込んで、午後へのエネルギーチャージを。

ワンマイルのお出かけも気軽に行けるのは、部屋着見えしないワンピがあるから。黒小物を引き締め役にすれば、リラクシーなワンピもぐっと大人の表情に。肩に掛けられるスマホポシェットは、ワークフロムホームのちょっとした外出にもはや欠かせない存在。

ワンピース¥26,000・手に持ったブルゾン¥38,000(スタニングルアー 新宿店〈スタニング〉) スマホポシェット¥25,000(ショールーム セッション〈OAD NEW YORK〉) バッグ¥5,900(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店〈ル タロン〉) 靴¥18,000(エミ ニュウマン新宿店〈UGG®〉)

THURSDAY

思考を整理したいときは、陽だまりが心地いいスペースで。情報をインプットするときは、リラックスできるソファで。オンライン会議には背景がシンプルなデスクで――。タスクによって仕事場を変えられるのも、おうちの利点。自分に合ったお気に入りの居場所を見つければ、ワークフロムホームが、もっと楽しくなる!

カーディガン感覚で着られるソフトなジャケットは、着るだけで気持ちもしゃっきり。モチベアップの支えにもなるし、クライアントとのオンライン会議にも活躍してくれる。

ジャケット¥33,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ドローイング ナンバーズ〉) Tシャツ¥7,000(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町〈マルティニーク〉) デニムパンツ¥10,000(パブリック トウキョウ 渋谷店) ピアス¥88,000(ホワイトオフィス〈GIGI〉)

FRIDAY

毎日おうちにいれば、頭も体も凝り固まる。特に週の後半はそんな状態に陥りがち。作業に行き詰まったら、体を伸ばしてリフレッシュ! 隙間時間にストレッチ、なんてこともわけないのはきれいめに着られるスウェットがあるから。適度に気分転換を取り入れれば、効率だってずっといい。

どんな動きも受け止めてくれるスウェットは、きちんと見えするタイプを選ぶのが正解。ネイビーならカジュアルすぎず、ちょうどいい品のよさに着地する。

スウェット¥9,000(GUEST LIST〈STATE OF MIND〉) 中に着たカットソー¥8,000(フィルム〈ダブルスタンダードクロージング〉) ニットパンツ¥12,000(イウエン マトフ 横浜店〈イウエン マトフ〉) ヘッドボードに置いたメガネ¥32,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉) ピアス¥60,000(アガット)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2021年Oggi4月号「『働くおうち服』で過ごすリモートワーク5days」より
撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/滝沢カレン(Oggi専属) 撮影協力/AWABEES 構成/佐々木陽子、望月琴海、福本絵里香
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.08.03

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature