【水瓶座】裏ホロスコープ占い|2020年10月16日〜31日の運勢【みずがめ座】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 水瓶座
  5. 【水瓶座】裏ホロスコープ占い|2020年10月16日〜31日の運勢【みずがめ座】

FORTUNE

2020.10.16

【水瓶座】裏ホロスコープ占い|2020年10月16日〜31日の運勢【みずがめ座】

2020年10月後半のみずがめ座の運勢は?さまざまなメディアで活躍中の人気占い師・流光七奈先生による「裏ホロスコープ占い」を知っていますか? あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができるのです。

流光七奈

10月後半の水瓶座さんは、前へ前へ進むことで、運気がどんどん上がっていきます! 何かにトライしてみても失敗してしまったり、思い通りにいかなかったりしても、パッと気持ちを切り替えて、次に、前へ進みましょう! 人生に無駄なことなど何ひとつなく、過去の失敗や経験は必ず活かされるときがきます。「過去は過去」と割り切って。過ぎてしまった変えられないことに引っ張られずに、自分でいかようにも変えられる未来に目を向けていくことが、この先の成功へのキーとなるでしょう。

仕事でも、前を見ることが運気アップに繋がります。今の仕事やこの先のキャリアに悩みを抱えている人ほど、「過去」や「今」にとらわれず、自由に未来を思い描いてみましょう。未来に目を向けることで、きっと不思議と将来のキャリアに繋がるような情報が入ってきますよ。ひとりで考えて堂々巡りとなってしまった場合は、キャリアアップした先輩や信頼できる人に相談を。思わぬ協力者を紹介してもらえる可能性があります。


これまでとは違うタイプの恋愛が始まる予感です。違うタイプの相手、または違うタイプの恋愛関係が水瓶座さんを待っているようですよ! 予測がつかない恋にトキメキが止まらなくなりそう! 多少の不安は感じても、今は飛び込んでみるのが正解です。片思い中の人は、今の相手は仕事モード全開となっている様子。あなたの優しい笑顔と言葉が相手の恋愛スイッチをオンにしてみましょう。おつきあい中の人は、相手の悩みを真剣に受け止めることで、相手が結婚を決意するようです。

ラッキーアイテム・スポット

フラットシューズ・コスモス

感性豊かでセンス抜群の水瓶座さん。好奇心や想像力豊かで、人とはちょっと違うお仕事をしている人も多い星座です。ファッションやクリエイティブな仕事では、特に才能を発揮することでしょう。

積極的に人と繋がっていくことで、多くのチャンスをもらえるのも水瓶座さんの特徴です。とても合理的な考え方ができるので、物事を感情に流されず冷静に判断できるだけでなく、あまり努力しなくとも直感力でチャンスを掴むこともできます。

恋愛では、とても自由でフレンドリーな関係を好むので、お互いの立場や時間を尊重しながらも、きちんと愛情が感じられるような、メリハリのある恋愛関係になることが多いようです。

水瓶座さんが輝く装いは、現在の仕事や生活スタイルによって、自分の感性が活かされるようなファッションです。ヴィンテージの柄ワンピースなどなかなか真似できないような個性的なファッションでも、いとも簡単に着こなすことができるのですね。ファッションにご自分のトレードマークとなるようなアイテムを取り入れることがオススメです。

持ち前のセンスを活かしてアイラインに色を足してみるなど、メイクでは色使いや足し算、引き算のバランスを大事にしましょう。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

占い師・流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした5年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」に加え、2020年1月「ダンナさまは幽霊 天国からのメッセージ」を発売(イースト・プレス)。流光七奈公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature