Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 共感の嵐! 仕事に恋に占いに… 働く女性のリアル♡【OLあるある10話まとめ読み】

LIFESTYLE

2020.02.29

共感の嵐! 仕事に恋に占いに… 働く女性のリアル♡【OLあるある10話まとめ読み】

毎週木曜に配信する【木曜のOLあるある】。これまで公開された10話分のエピソードをまとめてお届けします! 仕事の悩みや旦那への不満、恋人とのアレコレまで…♡ OLのリアルな日常をイラストレーター・しまだななさんが描きおろします。

毎週配信【木曜のOLあるある】10話まとめて一気読み!

思わずクスッとくるような、OLのあるあるを毎週木曜にOggi.jpにて配信中。ゆるっとしたタッチの絵も人気の理由! 今回は、OLあるあるの#81〜90までまとめてお送りします。

■あるある81
年末も旦那は通常営業…

我が家は、フルタイムで共働き夫婦です。12月に入り、毎週末わたしは、通常の家事の合間に、年末の大掃除をしています。なのに、旦那はまったくもって年末感ゼロ! いくら言っても片付けも断捨離もしないし、スマホをいじってばっかり。

たまった漫画や雑誌くらいまとめて捨ててよ! あまりの何もしてくれない旦那を見ると、いっさいがっさい旦那も含め、ぜーんぶ捨ててやろーかと思いはじめています。ふぅ…!

(33歳/IT)

■あるある82
弟よ!! その子で本当にいいのか?

今回の年末、弟(29歳)が「結婚したいと思っている彼女を紹介したい」と親と私を呼んで食事会を設定。現れた彼女(26歳)のことは、両親もわたしもひと目で「あら♡ かわいい」と感じたのですが、食事会がはじまると弟にコソコソなにか言っているんです…! 「これ味がイヤ。もういらない」とか「これ苦手なの知ってるくせにぃー」などなど。。。

どうやら食べ物の好き嫌いが激しいようで、弟にそれをコソコソ言っているんです。弟は「そうだよね、ごめんね、これは俺が食べるよ」と彼女を完全に甘やかしている様子。別にふたりがよければそれでいいとは思うけれど、うちの弟はなんでもよく食べる男子なので、結婚してこの彼女がちゃんとお料理してくれるんだろうか? とか不安です。

(32歳/薬剤師)

■あるある83
振り返るのはいいよ。でもさ…

つい先日、高校1年のときのクラスメイトの同窓会が卒業以来ありました。今、私は31歳なので、15年ぶりにみんなに会ったのですが、同級生の男子が口々に私に向かって「“あのころは”本当に可愛かった」「高1のとき“は”憧れの存在だったよ」「“昔は”超美人だったよね」と。。。

褒められて… ない… ですよね(泣)。どうせ今の私はあのころより太ってるし、顔もすっかり変わりましたよ! でもさ、そういうアンタ達だって、すっかりおっさんになってるじゃん! と言い返したかったです。

(31歳/化粧品会社営業)

■あるある84
私を苦しめる黒い敵たち…

寒いのが大の苦手。。。。そんな私は、ヒートテックやら防寒ソックス、発熱タイツなどあらゆるものを駆使していますが、全部がペラペラした黒いもの。なので、洗濯物の山から見つけ出したり畳むのが超めんどくさく、そのままクローゼットにドバッと入れちゃうのですが、こうなると探し出すのが至難の業…(泣)

タイツだと思ったらヒートテックのトップスだったりなんてしょっちゅう。毎朝寒さに震えながらもレッグウォーマーの片方やタイツを探したりするのが、日課となりつつあります。これって私だけですか? みなさん黒い防寒グッズってどう管理してるんでしょう? 教えてくださいっ!!

(33歳/百貨店勤務)

■あるある85
私のデートには視線がつきもの

私の彼氏が、アイドル系イケメンです。自慢の彼氏である反面、つらいことも多々。とにかくモテるので、常に目を光らせてないと危ないんです。デート中にも彼をじーっと見つめてくる女性がいたり、なかには勝手に写真を撮る女性まで…。

私が彼の横にいると女性同士が「なんであの子?」とか「イケメンって顔は重視しないのかしらね?」みたいな会話しているのを耳にすることもあって…。いつどこの誰かに奪われるのではないかとヒヤヒヤしする毎日。イケメンって彼氏にしないで眺めているだけのほうがいいかもしれません。これって、幸せな悩みなのでしょうか?

(28歳/化粧品会社)

■あるある86
今年1年無事に過ごせますように…

日頃から雑誌の占い記事や特集が好きでよく読んでいるごく平凡なOL。新年になり、せっかくだからと1年の運勢をみてもらおうと女友達と予約困難な有名占い師のところへ行ってみたんです。女友達は「結婚につながる出会いがもうすぐ!」とか「仕事の努力がみのり、社内でも評価が高まります」などいいことばかり言ってもらえた、とルンルンで部屋を出てきました。しかし…!

次に私が部屋に入ると「あーいろんなもの背負ってるねー」から始まり、「交通事故とか大きな病気とか注意」だの「親と縁を切るような難しい出来事が起こる可能性あり」、「金運は今年はダメ、恋愛も厳しいかな」など散々な言われよう。2020年の私、いったいどうなるんでしょう。今のところ何も起きてないのですが、不安で毎日ビクビクしながら生きてます。私よ、どうか無事であれ!!

(31歳/メーカー)

■あるある87
だっておいしそうなんだもん…

そろそろバレンタインだな〜! と思っていたところ、仕事帰りに某有名ショコラティエのチョコレートにひと目惚れ。包装紙も箱も可愛くて、しかもおいしそう! 結構いい値段したのですが、彼にあげるものだし! と思い、買ってしまいました。

ところが、バレンタインまで一週間以上もあり、毎日その包みを見ていると、どうしても我慢ができなくなってしまって…。ゆっくりとラッピングをはがし、とうとう開封。キラキラと輝くチョコレートボンボンがお目見えしました。

見るだけだと開けたつもりが、もう止まらない! 気づくと口の中に…。さすが有名ショコラティエ… おいしすぎます(涙)。この感動をもう一度! とどんどん食べ進めてしまって、気がついた頃には、箱の中身は空。おそるべしブランドチョコレート!! 彼には申し訳ないけど、手頃な値段のチョコレートを用意したいと思います。気持ちが大事… だよね…!

(28歳/ドラッグストア勤務)

■あるある88
あの頃はハマってたけど…

アウトドアブームに乗っかって簡単なトレイルやお手軽キャンプをしていたところ、山好きの男性と知り合いましたが、私はニワカだったのに対して彼は学生の頃から登山をやっているガチ山系男子とでも言いますか。。おつきあいを初めて間もない時は、外で淹れたコーヒーはおいしいな♪ 川で釣ったばかりの魚はおいしいな♪ と楽しんでいたのですが…。

だんだんと彼の本気度が増し、登山に誘われ始めてからはついていけなくなってきました。あの頃はハマってたけど、アウトドア熱もだんだん冷めてきてしまったし…(汗) それでも人柄は素晴らしい人なのでおつきあいは続けていますが、今は土日含めほとんどの休みは私は友人と街で、彼は山で過ごすような不思議カップルになっています。

(26歳/広告会社勤務)

■あるある89
私の気持ちとは裏腹に…

うちの職場の派遣さんの話です。橋本マナミとか壇蜜的な愛人キャラで、おっとり美人なのはいいんですけど、とにかく仕事が遅い上に細かいミスが多い…。何度注意しても同じミスを繰り返すんですよね。注意すると「すみません」と頭を下げるんですけど、直らない! 通常作業に加え、彼女のミスをカバーする毎日に心身ともにストレスが。。

他の派遣に変えてほしいのですが、美人なだけに上司のウケはいいんですよね。私が完璧に仕事をこなしてもチヤホヤされるのは彼女って…(涙) 彼女のような人は受付嬢とかに職変えしてもらったほうが世の中平和なのでは? と思ってしまいます。

(31歳/証券会社経理)

■あるある90
お金は心の余裕ってホントかも…

年越し年明けの旅行で散財した上、夢を追い転職してまだ間もない私。そんなわけで、2020年は金欠街道まっしぐら。にも関わらず… 3月以降10月までびっちりと、30歳になる前に! と焦って“駆け込み婚”を決めた友人たちの結婚披露宴お呼ばれ予定が入っています。

しかし、困ったことに金欠独身の私に人の幸せを心から祝福する余裕など、1ミリもないのです。。お金の余裕とここの余裕は比例するのかも! 仲が良い子はもちろんお祝いしたいけど、もう何年も会ってない高校時代の友達にも誘われちゃって… 正直しんどいし断りたい。こういう場合、どうやって断ればいいのか誰か教えてください!

(28歳/化粧品メーカー)

いかがでしたか? みなさんもあるある… と思わず頷いた方もいらっしゃるのでは? さまざまな業種のOLさんたちの体験談をもとに、イラストレーター・しまだななさんが描きおろすこの連載は、毎週木曜日に更新しています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

イラストレーター しまだなな

大阪府出身在住。独自の視点から、シュールでメルヘンな世界観を表現するイラストレーター。アクリルガッシュによるオリジナル作品や、カットイラストや漫画など、絵をとおしていろいろなジャンルで活躍。インスタグラム上では @kobito_monster のアカウントで大人気。公式ウェブサイトはこちらから。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.03.30

編集部のおすすめ Recommended

Feature