【水瓶座】裏ホロスコープ占い|2019年12月16日~31日の運勢【みずがめ座】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. 裏ホロスコープ占い
  4. 水瓶座
  5. 【水瓶座】裏ホロスコープ占い|2019年12月16日~31日の運勢【みずがめ座】

FORTUNE

2019.12.16

【水瓶座】裏ホロスコープ占い|2019年12月16日~31日の運勢【みずがめ座】

2019年12月後半のみずがめ座の運勢は?「裏ホロスコープ占い」を知っていますか? あなたが生まれたときに、太陽がどの星座エリアに位置していたかを占うのが、一般的に浸透している12星座。一方、生まれたときの「太陽と月の軌道の交点」がどの星座エリアにあるかを見るのが「裏ホロスコープ占い」です。この占いでは、あなたの使命やこの先の運命をより深く知ることができるのです。

流光七奈

12月後半の水瓶座さんは、ラッキーなことが目白押しな運気です。嬉しいお知らせが飛び込んできたり、レアなプレゼントが当たったりなど、運が味方についている!と感じられるでしょう。ただこのラッキーは、狙っていないところで起こるので、宝くじを買っても大きくは当たらなそうです。一発逆転は狙わない方が吉ですが、反対に、今まで頑張ってきたことや準備してきたことが報われます。また今は、小さな努力にも大きな成果が返ってくるでしょう。

仕事運は勢いがあります。突然、ずっとしてみたかった仕事のオファーが舞い込んできたり、希望の部署への異動が叶ったりしそう。またとないチャンスなので、多少の戸惑いはあったとしても、嬉しさが大きいようでしたら是非引き受けましょう。水瓶座さんが受け入れさえすれば、物事が急展開に進み始めます。第一段階は勢いで乗り越えられますが、その後のめまぐるしい変化に対応できるように、体調管理はしっかりとしましょう。

ドラマチックな恋模様となりそうです。シングルの人は、一目惚れをされた相手と恋に落ちたり、出会って間もなく意気投合した相手からプロポーズを受けたりするかもしれません。おつきあい中の人も、年末のロマンチックな雰囲気に合わせて、プロポーズや結婚の話が出てくるでしょう。あなたからプロポーズしてもうまくいきそうです。片思い中の人も急展開が予想されます。自分でもびっくりするようなシチュエーションになるかもしれませんが、チャンスは逃さないで。

ラッキーアイテム・スポット

ティーカップ・赤い花・イルミネーションのある場所

感性豊かでセンス抜群の水瓶座さん。好奇心や想像力豊かで、人とはちょっと違うお仕事をしている人も多い星座です。ファッションやクリエイティブな仕事では、特に才能を発揮することでしょう。

積極的に人と繋がっていくことで、多くのチャンスをもらえるのも水瓶座さんの特徴です。とても合理的な考え方ができるので、物事を感情に流されず冷静に判断できるだけでなく、あまり努力しなくとも直感力でチャンスを掴むこともできます。

恋愛では、とても自由でフレンドリーな関係を好むので、お互いの立場や時間を尊重しながらも、きちんと愛情が感じられるような、メリハリのある恋愛関係になることが多いようです。

水瓶座さんが輝く装いは、現在の仕事や生活スタイルによって、自分の感性が活かされるようなファッションです。ヴィンテージの柄ワンピースなどなかなか真似できないような個性的なファッションでも、いとも簡単に着こなすことができるのですね。ファッションにご自分のトレードマークとなるようなアイテムを取り入れることがオススメです。

持ち前のセンスを活かしてアイラインに色を足してみるなど、メイクでは色使いや足し算、引き算のバランスを大事にしましょう。

裏ホロスコープ占い換算表

イラスト/窪田エリー

流光七奈

長年連れ添った夫を亡くした3年前より、本格的に占い師としての活動を始める。通常の星座占いより、より精度が高い運命を占うことができるオリジナルの占星術「裏ホロスコープ」で、悩める女性の恋と仕事、人生を占う。前向きなアドバイスと占いの命中率が評判を呼び、「女性セブン」(小学館)をはじめ、多数メディアで活躍。著書に「ダンナさまは幽霊」、「ダンナさまは幽霊 霊界だより」(イースト・プレス)。原宿竹下通りにある「占いリリコイ」を主宰。流光七奈公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.11.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature