Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. アウター
  4. アウターコーデ
  5. トレンチよりもこの2択!? 今秋はおるべき【軽アウター】を発表!

FASHION

2019.10.04

トレンチよりもこの2択!? 今秋はおるべき【軽アウター】を発表!

なんとなくはおっていたトレンチを今年の秋はお休みして、今っぽく更新!

気分は、トレンチよりもこの二択♡

なんとなくはおっていたトレンチを秋はお休み。バサッとはおるだけで瞬時に今っぽく更新できる、軽アウターは?

◆新顔【CPOジャケット】

フラップポケットが目印。大きめをゆるっと着ると、瞬時に「おしゃれな人」に。

3つのおすすめPOINT!

POINT1:身幅の広いオーバーサイズシルエットが決め手。このゆとりが大人の抜け感を演出する。
POINT2:メンズライクにルーズに着られる、ドロップショルダーが今の気分にぴったり!
POINT3:本格コートの手前まで着られるよう、しっかりと肉厚な素材をセレクト。

CPOジャケット

▲ジャケット[ライナー付き]¥17,000(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店〈グリーンレーベル リラクシング〉)

展示会でもそこかしこで目にしたのが、胸に大きめのフラップポケットが付いているこのCPOジャケット。「CPO」とは「Chief Petty Officer」の略語で、アメリカ海軍下士官のチーフのこと。

元々は彼らが着用していた軽いウール製のシャツをルーツとしたアウターシャツが、この秋多くのブランドからさまざまなデザインやカラーで出ていて、大ヒットの予感です。

セレクトのポイントは思ったよりも大きめを選ぶこと。肩が落ちているデザインが多く、メンズサイズを着ているかのような、ゆるっとしたサイズ感が決め手に。今までのGジャンのようなコンパクトなものを選ぶと、今どき感が出ないので気をつけて。

素材は程よく肉感のあるものがインナーが厚手になったときにもバランスが取りやすく、冬の手前まで着られます。

コーディネートもご紹介!

CPOジャケット コーディネート

カジュアルな印象のくすみブルーは、ベージュワントーンにさらりとはおってきれいめへシフト。

ジャケット[ライナー付き]¥17,000(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店〈グリーンレーベル リラクシング〉) 「ジェネリカ ジーン&コー」のTシャツ¥9,500・「ソフィー ブハイ」のピアス¥52,000(プラージュ 代官山店) スカート¥17,000(ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店〈フォンセ〉) バッグ¥37,000(コード〈VASIC〉) 靴¥9,800(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店〈ル タロン グリーズ〉) サングラス¥39,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉) ブレスレット¥9,400(アルアバイル〈フィリップ・オーディベール〉)

◆ブラウン系【着流しノーカラー】

定番デザインは、トレンドのブラウン系と長めの丈感でアップデートを図って。

3つのおすすめPOINT!

POINT1:目立つ装飾のないすっきりしたデザインで、大人っぽく洗練された佇まいに。
POINT2:見慣れた定番デザインも、旬のブラウン系なら圧倒的におしゃれ感がアップ!
POINT3:トレンドボトムとの相性がいいのは、ひざ下以上のミディからロングの丈感。

ブラウン系【着流しノーカラー】

▲コート[共布ベルト付き]¥37,000(Liesse〈Liesse〉)

さらりとはおれて様になる定番人気の着流しアウターは、トレンドのブラウン系を選ぶとぐっと鮮度がアップして更新のイメージに。インナーにブラウン系をもってきてもすっとなじみ、旬の配色を楽しめます。

デザインでは、ノーカラーが断然気分。いつものベーシックなノーカラーに加え、Vネックのノーカラーも増えてきました。着丈はひざ下以上の長めが主流なので、ノーカラーならそのボリューム感でも重たく見えないのが利点です。

シルエットは少しゆとりがあり、ふわりとボリュームの出るものが今っぽさをかなえてくれます。Aラインならより女性らしく、Iラインならよりシャープな印象に。

共布ベルト付きの場合は、普段はあえて結ばず、自然に垂らしておくのがベター。少し華やかなシーンでは、ウエストでキュッと結ぶときちんと感がアップします。

コーディネートもご紹介!

ブラウン系【着流しノーカラー】コーディネート

インナーにこっくりブラウンを入れて、メリハリの効いたブラウングラデーションに。旬の配色を堪能して。

コート[共布ベルト付き]¥37,000(Liesse〈Liesse〉) ニット¥23,000(プラージュ 代官山店〈カレンテージ〉) パンツ¥27,000(ENFÖLD) バッグ¥34,000(アルアバイル〈マルコマージ・for・アルアバイル〉) 靴¥44,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉) ピアス¥12,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ソコ〉) ネックレス¥170,000(ベルシオラ)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

Oggi10月号「気分は、トレンチよりもこの二択!」より
撮影/魚地武大(静物)、遠藤優貴(MOUSTACHE/人物) スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/中山友恵 モデル/泉 里香(Oggi専属) 構成/小池百々子
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature