Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. スタイリスト
  4. 高橋リタ
  5. スタイリスト高橋リタさん本【10年愛せる10の着こなし リタ・ベーシックのすべて】

FASHION

2019.06.06

スタイリスト高橋リタさん本【10年愛せる10の着こなし リタ・ベーシックのすべて】

絶賛発売中のスタイリスト高橋リタさん本を特別にちょっぴりご紹介!

絶賛発売中! RITA’S BASIC 10years 10styles
「10年愛せる10の着こなし」リタ・ベーシックのすべて

RITA'S BASIC 10years 10styles

スタイリスト高橋リタさんのおしゃれ哲学が詰まったムック本「10年愛せる10の着こなし リタ・ベーシックのすべて」。もう、ご覧になられましたか?

5年でも10年でも〝ぶれないおしゃれ〟って?

13年続いた人気連載「リタ・ベーシック」をつくってきた高橋リタさんが語る〝10年愛せる着こなし〟とは…?

そんな、私たちの「知りたい!」に応えてくれる道標のような一冊。今回は気になる内容を特別にちょっぴりご紹介します。

10年たっても好きな服、好きな着こなしは案外、変わらない!

2006年の着こなし

2006年の着こなし

「カジュアルなデニム、ガーリッシュな靴、クラシカルなパールやスカーフ。『クリーン、知的、品格』という私が最も大切にしている3つの軸を体現するネイビーのニットが、多彩なベクトルをもつアイテムたちをさらっと心地よくまとめてくれます」(高橋リタさん)

2006年Oggi10月号 撮影/水田学
denim:Rock&Republic
knit:LA FONTANA MAGGIORE
bag & shoes:TOD’S
skirf:PINTO
necklace:Nathalie Costes

2016年の着こなし

2016年の着こなし

「私の不動の定番・ネイビーのニットと相性抜群で、いいアクセントになるのがパールやシルバーが放つ「白い光」。10年前のパールをシルバーのチョーカーに変えたくらいで、ラフなデニムや女らしいバレエシューズをミックスするという着こなしの構成は、今も変わりません」(高橋リタさん)

2016年Oggi12月号 撮影/江原英二
knit:SLOANE
denim:upper hights
bag:YAHKI
necklace:Ron Herman Jewelry
hat:Super Duper Hats
bangle:PHILIPPE AUDIBERT
shoes:Repetto

リタ・ベーシック 基本の「き」を、大ボリュームでお届け!

リタ・ベーシック 基本の「き」

リタ・ベーシックをつくる1〜10のキーワードに沿って、コーディネート例や高橋リタさんの解説を余すところなくご紹介しています。

1|スカートはグッドガールで!
2|デニムで遊ぼ♡
3|カジュアルはモノトーン一択
4|シャツこそ男前に
5|ブラウンはミラノっぽく
6|グレーはワントーンで
7|気分転換はカラーボトムで
8|ジャッキーは永遠
9|ドレスアップは黒がいい
10|バカンスこそハッピーに

リタベーシックの基本3をちょっぴり覗き見♡|カジュアルはモノトーン一択

リタベーシックの基本|カジュアルはモノトーン一択

リタベーシックの基本|カジュアルはモノトーン一択

そのほかにも、リタさんのファッション哲学が詰まったコメントや着こなしかたをたくさんご紹介。読んでおしゃれになれること間違いなしのこの一冊、必見です。

これを読めば、今も10年先も、好きな服だけで生きていけるはず♡

高橋リタ

スタイリスト。シンプルベーシックをベースに、旬の気分が絶妙に反映されたスタイリングが幅広い年代の女性から支持されている。女性誌『Oggi』で、10年以上続く連載「リタ・ベーシック」は、ブレないファッション信条が生かされたスタイル提案と世界観が人気。大人のラグジュアリー誌『Precious』でも、本当に素敵なものを選ぶ独自の審美眼に信頼が集まっている。プライベートでは、東京と七里ヶ浜を往来するデュアルライフをおくり、SNSで発信するライフスタイルも注目されている。著書に『リタ的ハッピー・クローゼットRITA’S BASIC』(小学館刊)がある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.06.18

編集部のおすすめ Recommended

Feature