Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ジャケット
  4. スーツスタイル
  5. 小柄でも淡い色のスーツをバランスよく着こなすコツとは?【スーツ着こなし2019レディース#11】

FASHION

2019.02.27

小柄でも淡い色のスーツをバランスよく着こなすコツとは?【スーツ着こなし2019レディース#11】

スタイリスト高橋裕美によるスーツの着こなしを紹介する連載。今回はORIHICAの上品パンツスーツを紹介。おすすめのスーツスタイルから合わせたいインナー等、幅広く紹介していきます! 自分の味方になってくれるようなお気に入りのスーツを探してみて!

スタイリスト 高橋裕美

フェニミンにパンツスーツを着こなすなら優しげな淡い色で

スタイリスト高橋裕美です。スーツの細かな魅力をお伝えしていく連載。今回試着していただいたのはOggi.jp‘sの小田さん(158cm)。キレのいいショートヘアと上品なパンツスーツが高バランス。

【ORIHICA 2】

今回ご紹介するのはORIHICAのパンツスーツ。ゆったりとしたシルエットと、優しいブルーのトーンがパンツスタイルでも女性らしく見せてくれます。

小柄な方に嫌われガチな淡いトーンのスーツですが、小田さんのようにバランスよく着こなすポイントは、全体をワントーンに仕上げること。

メリハリ配色でコーディネートをすると、かえって、淡い色味を悪目立ちさせてしまいスタイルが悪く見えてしまうことも。

スーツスタイルは配色バランスがそもそも決まってしまうので、インナーの選び方がコーディネートの肝になる、といっても過言ではないでしょう。

▲ジャケット¥16,000・パンツ¥9,000・ブラウス¥3,900 以上すべて(ORIHICA) ネックレス¥50,000(ココシュニック) 靴¥14,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

◆同系色ボタンが洒落ているシンプルデザインのジャケット

ジャケットのVネックが深めでボタン位置がやや低め。前を開けた時のネックラインが縦ラインを強調するので、ロングネックレスとの相性が抜群! ボタンがジャケットと同系色なところも気がきいてますよね。

このジャケット、ブラウスのように軽やかな素材で、長時間着ていても疲れにくく、シワにもなりにくく、自宅ケアもできちゃうのに1万円代! というコスパの良さにはホントに感心してしまいます。

◆こなれ感も印象付ける2タック入りテーパードパンツ

パンツは2タック入りのゆるやかなテーパードシルエット。タックの上の部分が縫いつけになっていて、腰回りがスッキリと収まりがいいのがうれしい。しかも、ウエストの後ろはゴムなので楽チン♬

ここまでおしゃれ感と機能性がかみ合うスーツもなかなか探せないもの。まさしく今どきな通勤スーツなのでは!?

次回もORIHICAのスーツをご紹介します! どうぞお楽しみに。

◆Oggi.jp’s 小田真理子さんの感想は?

「スタイリスト高橋さんに淡い色のときは全身ワントーンがバランスよく見せるカギと聞いて納得。勉強になりました。このスーツはパンツなのに女らしい印象もありますよね。軽くて着心地も抜群。華やかな印象もあるので、人前に立つ講師の方などに向いてそう。私の職種にはほんの少し派手かもしれません」

着心地度:★★☆
買いたい度:★☆☆

撮影/田中麻以 スタイリング・文/高橋裕美 モデル/小田真理子(Oggi.jp’s)

最新スーツ着こなし2019レディース

スタイリスト 高橋裕美

Oggi、Domani、での活動を経て、現在は各女性誌、ゴルフ雑誌、TV、広告で活躍。

大人のカジュアルスタイルが得意で、トレンドをひとさじ加えた、ほんのりスパイシーなコーディネートに定評あり。趣味のゴルフではプレイはもちろん、仲間とドレスコードを決めるなど、ゴルフファッションの楽しみ方も追求。

毎年行くハワイ旅行でハイコスパアイテムを見つけることが得意になり、最近ハマっているのは日帰りで行く、弾丸食い倒れツアー。

Instagram:@styyumitakahashi


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.10

編集部のおすすめ Recommended

Oggi 8月号P.63に掲載のサングラスの値段とブランド表記に誤りがありました。正しくは、物撮りの一番上のサングラスが「サングラス¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店<センスオブプレイス>)」で、一番下のサングラスは「サングラス¥3,500(SNIDEL)」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature