【明日のコーデ】パウダリーブルーとヌーディピンクの新鮮配色で淡コーデ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 365日コーデ
  5. 【明日のコーデ】パウダリーブルーとヌーディピンクの新鮮配色で淡コーデ

FASHION

2017.12.11

【明日のコーデ】パウダリーブルーとヌーディピンクの新鮮配色で淡コーデ

思わず目を奪われる美しい色合わせは、是非マネしてみたい配色技! この企画では働くアラサー女子の毎日のシーンに合わせたコーディネートを365日毎日紹介しています。ぜひ参考にしてください♪

淡い色のカラーMIXは、あえてコントラストをつけず同じトーンでまとめる

寒色のパウダリー・ブルーならではの甘くなりすぎない特性を味方にして、ヌーディピンクと新鮮な配色にトライ。全身淡いトーンというだけで十分フェミニンなので、旬のコーデュロイパンツでカジュアルな抜けをON。

コート¥34,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) ニット¥22,000(ショールーム セッション〈ADAWAS〉) パンツ¥17,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ジャーナル スタンダード レサージュ〉) ネックレス¥252,000・リング¥35,000(アーツワークス〈CHERRY BROWN〉) ピアス[片耳]¥27,500(カラットアー〈カラットアー〉) バッグ¥32,000(Theory)

2018年Oggi1月号「金子 綾の12 color stories」より
撮影/長山一樹(S-14) スタイリスト/金子 綾(f-me) ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY)モデル/浅見れいな  構成/菅 博子、木村 晶(Oggi)
再構築/Oggi.jp編集部


< 2021年5月 2021年6月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

【6/1のコーデ】シンプル黒スカートを奥行きのあるコーデに仕上げるコツは…

1

【6/2のコーデ】女らしいシルエットのスカート… だけどパイル生地! のギャップがいい

2

【6/3のコーデ】女らしさもカジュアルさも楽しめるピスタチオカラーの映えスカート

3

【6/4のコーデ】ドラマティックなスカートをデイリースタイルに落とし込むコツは?

4

【6/5のコーデ】悪目立ちせず、おしゃれ見えする柄スカートの選び方

5

【6/6のコーデ】今日は、ロエベのミニバッグをコーデの主役に♡

6

【6/7のコーデ】発色の美しい美シルエットスカートで洗練カジュアルを狙って

7

【6/8のコーデ】雨の日は頼れるブランドのマウンテンパーカーにおまかせ!

8

【6/9のコーデ】配色や小物で大人ピンクに進化させるなら?

9

【6/10のコーデ】脱コンサバ! レーススカートを大人スポーティへ昇華

10

【6/11のコーデ】いつものスカートを長め丈のペンシルタイトに更新!

11

【6/12のコーデ】透け感ありカフタンワンピで、軽やか&ヘルシーに!

12

【6/13のコーデ】休日コーデは「スキがあってラフな感じ」が今っぽい

13

【6/14のコーデ】今っぽさが香るカラーフレアスカートで月曜日も気分明るく♡

14

【6/15のコーデ】ニュアンスカラーなら大胆なプリントも気負いなく!

15

【6/16のコーデ】エコレザースカートならTシャツ合わせで即カッコよく♡

16

【6/17のコーデ】フレアスカートをハンサムな気分で着こなしたいから… チノ素材!

17

【6/18のコーデ】優しい色のチェックスカートでワンマイル散歩を楽しむ金曜日♡

18

【6/19のコーデ】タイトなシルエットが生む清涼感とほんのり女っぽさが漂うスタイル

19

【6/20のコーデ】オール黒コーデは異素材合わせで奥行きを出すのが正解!

20

【6/21のコーデ】今季トレンドのフリルスカートならシンプルコーデも華やか!

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

< 2021年5月 2021年6月

Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.22

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature