Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. feature(fashion)
  4. ファッションニュース
  5. 【ティファニー】ダイヤモンドの原産地を顧客と共有することを発表

FASHION

2019.01.10

【ティファニー】ダイヤモンドの原産地を顧客と共有することを発表

ティファニーでは、現在のダイヤモンド業界の慣行では難しいダイヤモンド原産地の特定と、その共有を始めることを発表しました。

大切なダイヤモンドの原産地がわかる、新たな時代を牽引する情報公開

ダイヤモンド

ティファニーが、調達した個別登録済みダイヤモンドの原産地(原産地域または原産国)情報を顧客と共有していくことを発表しました。

原産地

これはダイヤモンドの透明性を高める大きなステップであり、2020年までに業界初となる個々の製造工程情報の公開も予定しています。ティファニーのダイヤモンド調達におけるこの取り組みは、20年をかけて責任ある資源調達とダイヤモンドの製造工程に投資してきた成果です。

各個別登録済みダイヤモンド

各個別登録済みダイヤモンド(0.18カラット以上)に肉眼では確認できないレーザーによる刻印で独自の「T&Co」シリアルナンバーを施して追跡し、それぞれに特有の調達先情報を顧客に向けて提供していきます。原産地を知るという取り組みは、「紛争と無関係なダイヤモンド」の調達に関する一般的な保証の枠を超え、ティファニーにおいて、世界的にも非常に厳格な責任ある資源調達が行われていることを確約するために重要です。

スタートと同時に、世界各地のティファニー ブティックにおいて、Love & Engagementのケースラインに陳列するダイヤモンド リングに、個々の原産地情報を分かりやすく表示します。さらに、すべての個別登録済みダイヤモンドの原産地情報について、ティファニーのセールスプロフェッショナルやカスタマーサービスを通して伝えることが可能になります。

ティファニーでは、新規に調達するすべての個別登録済みダイヤモンドの原産地の透明性を100%確保することに取り組んでおり、今後はたとえ責任ある資源調達が保証できたとしても、原産地が不明のダイヤモンドは一切調達しません。

2019年初旬には、個別登録済みダイヤモンドのティファニー ダイヤモンド鑑定書に、宝石のその他の特性とともに原産地の記載を開始。これは、他のグローバル ラグジュアリー ジュエラーが一般に提供している民間の第三者研究所のレポートには記載されていない情報となります。

そして2020年には、原産地に加え、製造工程(カットや研磨の工房所在地)の情報提供を始めます。

現在、世界のダイヤモンド原産地を余すことなく明確に特定することが困難な中、ティファニーでは調達先の特定を通し、完全な透明性の確保に向けて前進します。自然の奇跡によって、30億年も昔に結晶化し、地表付近まで運ばれてきたダイヤモンドは、人生の大切な瞬間を共に刻む象徴的な存在。

これからティファニーでは、新たなシステムにより、持ち主にとって何にもかえがたい大切なダイヤモンド ジュエリーがどこで産出されたのか、どのような流通ルートを経て手元に届いたのか知ることができるようになるのです。

ティファニー


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.06.19

編集部のおすすめ Recommended

Feature