Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. ブラウスコーデ
  4. トレンドNo.1【そでコンシャスなトップス】年末年始のイベントにも活躍【洗える服】

FASHION ブラウスコーデ

2017.11.09

トレンドNo.1【そでコンシャスなトップス】年末年始のイベントにも活躍【洗える服】

そでコンシャスでバックシャン。今季No.1トレンドはヘビロテした~い! 1枚で映える〝そでコン〟トップスが家で洗えたら最強です!

洗える【そでコンシャス】がイベント向きな理由

今季の流行ではずせない〝そでコンシャス〟なブラウスは、バーやコリドー街の立ち飲み屋さんなど、ほの暗いお店でもシルエットからかわいげを発揮。デートに女子会に大活躍です。ちょっと酔っ払って、「おそでで赤ワインバーン!」な状況に陥っても、これがあれば憂鬱な気持ちにならなくていいんです。

洗える【そでコンシャス】トップス6

■1.Spick&Span(スピック アンド スパン)のレッドブラウス

そでコントップス 赤 洗える スピックアンドスパン

たっぷりとしたボリュームのあるそでに対し、身ごろのミニマルなシルエットとデザインのバランスは洗練度が高い。シルク混のコットン地はほのかな光沢感があり、きれいめな印象に。
洗えるブラウス¥10,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈スピック&スパン〉)

■2.GoutCommun(グーコミューン)のストライプ柄ブラウス

そでコントップス グーコミューン

帰宅したらすぐに洗濯機へ! マシンウォッシュ可のこの一枚があれば、デザイン性の高い〝そでコン〟ブラウスをより気軽に楽しめる。洗いざらしでもシワになりにくい生地。
洗えるブラウス[マシンウォッシュ可]¥12,800(グランカスケードインク〈グーコミューン〉)

■3.ランズエンドのレースブラウス

そで今トップス ランズエンド

繊細なレース生地もマシンウォッシュできる時代! 「汚れが目立つから」と、躊躇しがちなホワイトで見つかるのもありがたい。インナー透けを気にせず着られる裏地付き。
洗えるブラウス[マシンウォッシュ可]¥8,900(日本ランズエンド〈ランズエンド〉)

■4.ザ ヴァージニアのヴィンテージ調ブラウス

そでコントップス ヴァージニア 黒

肩が落ちた今どきの〝抜き〟に、たっぷりギャザーの効いたそでと、モード好きにおすすめしたいヴィンテージライクなデザイン。ハイウエストパンツやスカートと相性のいいショート丈も◎。
洗えるブラウス¥13,000(The Virgnia アトレ恵比寿店〈The Virgnia〉)

■5.ミミ&ロジャーのモカブラウス

そでコントップス ミミ&ロジャー 茶

今季復活を遂げたカシュクールデザインに、共布ベルトであしらわれたリボンが、女性らしく好印象な一着。一見扱いが難しそうな高デザインが洗濯機洗いOKなんて感動!
洗えるブラウス¥18,000[マシンウォッシュ可]¥18,000(ミミ&ロジャー)

■6.バルコニー アンド ベッドのバックデザインブラウス

そでコントップス ネイビー バルコニー アンド ベッド

フロントはすっきりとした立ち襟でキリッとかっこよく。バックスタイルはリボンと貝ボタンでかわいらしく。今年らしいミックス感が味わえる一枚。
洗えるブラウス¥16,000(サロン ドバルコニー ルミネ新宿店〈Balcony and Bed〉)

【コラム】働く女性の味方!「機能美」服が素晴しいブランド研究

グーコミューンのセミフォーマル服はOLの強い味方!

グーコミューン セミフォーマル

「最近の自信作はフランスの高級生地メーカーの合成繊維を使用した逸品。縦横にテンションが利いて着心地がよく、上質な風合いをキープしながら洗濯機洗いがOKです」(プレス 宮崎亜沙美さん)
洗えるプルオーバー[マシンウォッシュ可]¥13,800(グランカスケードインク〈グーコミューン〉)

Oggi最新号の試し読みはこちら

2017年12月号「必要なのはジェニックで洗える服!」より。
本誌掲載時スタッフ:撮影/蓮見 徹(人物、取材)、魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) 構成/村上花名(本誌)
再構成:Oggi.jp編集部


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.20

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature