Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ライフスタイルニュース
  4. 心に響く没入体験ができる!【チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com】新豊洲に2020年秋まで期間限定オープン

LIFESTYLE

2018.07.04

心に響く没入体験ができる!【チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com】新豊洲に2020年秋まで期間限定オープン

新豊洲駅前に7/7にオープンする巨大デジタルアートテーマパーク「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」のメディア発表会をレポート。

7月豊洲に新登場するデジタルアートテーマパーク♡

2016年にお台場で6時間以上待ちのまま47日間で幕を閉じた「DMM.プラネッツ Art by teamLab」を覚えている方も多いはず。

そこから構想2年を経て超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」が、東京・豊洲に、7月7日から2020年秋まで2年間限定でオープンします。

新豊洲駅前に無機質な倉庫のような巨大建物。これが総敷地面積は10,000平米の「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」

チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.comチームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com

中に入ると、ロッカールームがあり、靴や荷物はここにいれます。

チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com

さていよいよ出発! どんな体験ができるのでしょう?

この空間ではひざ下あたりまで水につかります! また床がミラーになっている場所も多いので、行くときは動きやすい服装、パンツスタイル(ひざまでたくしあげられるもの)がマスト! そうでないと、下着が丸見えなんてことになりかねません。

中は巨大迷路さながら! 暗闇を抜けると斬新な空間が現れる!

まずはムニュムニュのクッションの山「やわらかいブラックホール」を越えていきます。これが没入体験へのウォーミングアップに!

cpl
Floating in the Falling Universe of Flowers
v
変容する空間、広がる立体的存在 – 自由浮遊、3色と新しい9色 / Expanding Three-dimensional Existence in Transforming Space – Free Floating, 12 Colors

取材に訪れたときは、新しいものに慣れているはずのメディアの人々も、初めはセカセカと取材する雰囲気だったのに、時間がたつにつれ、空間にのみこまれ、一体化し、そのうちに空間との対峙を楽しむように。

取材

私もそのひとり。周りにご一緒した取材の人たちがいるけれど、ひとりで球体を叩いてみたり、わけいってみたり、床に座ってみたり、写真や動画を撮りながら無意識に一点を凝視していたり。それでいて人々の囁く声が心地よく耳に入ってきたり…。

取材

個を感じながらも孤独ではない。柔らかい空気に包まれているような気持ちになりました。見渡すとほかの人も床に座って撮影したり、車座になっておしゃべりしていたり、だんだんと取材というよりも、その空間を楽しむ雰囲気に変わっていった不思議な時間でした。

それぞれが、デジタルアートの空間に身を委ねる。そうこれこそまさに没入体験。

水の演出も! 五感をフルに使って全身で感じて!

「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」で特筆すべきは水を使った演出。裸足だからこそ得られる不思議な体験をすることができます。

人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People - Infinity
人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People – Infinity

大人でも子供でも時間を忘れてしまうこと間違いなし! 次々と水面に映る色鮮やかな世界。本物かと見紛う錦鯉。つい足を動かしてみたり、手で水をすくってみたりしたくなります。

取材

無料のタオルも貸し出してくれるので、濡れても安心。着替えスペースもあるので、ここに行くときはショートパンツなどを持参して、現場で着替えるのもあり!

と、ここまででも紹介したのは「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」のほんの一部それぞれの空間で、刻々と変化していくデジタルアートに見入っていると時間があっという間に過ぎていきます。

先日、お台場にもチームラボによる「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless」がお台場パレットタウンに登場し、連日大盛況。展示内容が異なるので、両方体験してみるのもおすすめですよ!

「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」の場所は新豊洲駅の目の前! すでにチケットも発売されています。オープン記念の平日割引チケットもあるので要チェック!

なお、併設されるレストランのオープンは8月予定だそう。

メディア発表会では、チームラボ代表の猪子さんが「ひとりで来てもいいと思う」と言っていたので、次回はひとりで来てみようかなと思いました。なんせ最終入場は24:00! 仕事帰りとか、なんかちょっと考えたいなーなんてときにもふらっと来るのもいいかも。

「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」が名称に“東京”とうたっているのは、東京の新しい魅力空間になるようにという思いのほかに、ニューヨークでも展開する予定があるからだとか。世界的に高い評価を得ている彼らのデジタルアートは、さらに人気が集まること間違いなし!

teamLab Planets TOKYO DMM.com
■営業期間:2018年7月7日〜2020年秋
■営業時間:平日10:00〜25:00/土日祝9:00〜25:00(最終入場24:00)
(※7月7日は18:00オープン)
■公式サイト:https://teamlabplanets.dmm.com/

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature