Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. スタイリスト丸林広奈
  4. 今週末は最低気温10℃以下のところも! …でも、話題沸騰の丸林広奈さんコラボコートはお財布にも暖かい♡

FASHION

2017.11.11

今週末は最低気温10℃以下のところも! …でも、話題沸騰の丸林広奈さんコラボコートはお財布にも暖かい♡

旬なアイテムが豊富にそろう、小学館女性メディアの公式オンラインショップ『editstore(エディットストア)』。今回は、冬のおしゃれがもっと楽しくなる、CanCam12月号掲載の人気スタイリスト・丸林広奈さん渾身のコラボアウターをご紹介します。デザインはもちろん、コスパも超優秀だから、これは見逃せない!

11月に入り、いよいよ寒さも本番。今週末からは各地で最低気温が10℃以下になるそう。

アウターが欲しいと思いつつもまだ買えてない…。さらには何を買えばいいかもよくわからない! そんな迷える働く女子必見!! CanCam人気スタイリスト「まるちゃん」こと丸林広奈さんがコラボしたコートが今、20代女子の間で超話題なんです!

“sophila(ソフィラ)”のリバーシブル袖コート

グレー×ラベンダーのリバーシブル袖コート

▲グレー×ラベンダーのリバーシブル袖コート 26,000円(sophila)

シーンレスに愛用できるノーカラーのロングコートは、折った袖からチラ見えする効かせ色がアクセント。このひとクセデザインが、冬の着こなしを即、旬気分にアップデートしてくれます。

キャメル×チェック柄のリバーシブル袖コート

▲キャメル×チェック柄のリバーシブル袖コート 26,000円(sophila)

通勤などきちんと着たい日は袖を折らずに、シンプルにそのままはおればよりきちんと感のある装いに。シーンや気分に合わせて着分けられるから、着こなし幅が一気に拡大できちゃうんです!

◆オーバーサイズがこなれ感たっぷり! 気負いなくまとえるゆるっとシルエットが今年っぽい

コーデ1

シックなグレーのイメージに反する、袖口のキュートなラベンダーカラーが今どき感たっぷりの着こなしを後押し。

ほどよくゆとりのあるシルエットは、スカートやヒールを合わせたエレガントなコーデにはもちろん、大人カジュアルな装いにも難なくなじみます。肉厚なニットも重ねやすいので、寒がりさんにもうってつけ♡

サイドにある大きめポケットも全体を引き締めるポイントになっています。

ニット5,463円(COS 青山店〈コス〉)、バッグ7,900円(キャセリーニ〈キャセリーニ〉)、ピアス8,000円(アビステ)、靴19,000円(サン・トロペ コーポレーション〈セヴン・トゥエルヴ・サーティ〉)

◆上質素材は5万円クラス!? 本格ウールは暖かさもお墨付き♡

コーデ2

キャメルは袖裏にチェック柄を配したデザイン。上品かわいいルックスが、ほんのりブリティッシュムードを引き寄せてくれます。

そして、注目すべきはその素材。“sophila”では5万円台のコートに使用している生地を、このコラボコートでは贅沢に使っているのです!! アウターはできるだけコスパ重視で探したい…という人もつい手を出したくなるコートは、とにかく肌あたりよく、着心地&保温力も抜群!

大人になり、ちょっとずつ質にもこだわりたくなってきた女子が納得する品格素材だから、ラフに着てもどことなく華のある装いに。

パンツ14,000円(sophila 新宿ルミネ2店)、ニット3,900円(dazzlin)、バッグ4,900円(アンビリオン〈カカトゥ〉)、靴6,900円(CAMILLE BIS RANDA)、ネックレス2,800円(Heartdance)、リング9,000円(Jouete)

見慣れたコーデにパパッとはおってもこなれたスタイルに仕上がる大人コートは、editstoreで販売中。”sophila”では完売店舗も続々と出ているそうなので、早めのチェックがマストです!

コラボコートの詳細はこちらから
CanCam12月号「まるちゃんのキュン♡買いSelect Shop」より
撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE/人物)、寺山恵子(静物) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/コンイルミ(ROI) モデル/石川 恋(CanCam専属) 構成/新城真紀

初出:しごとなでしこ

小学館 女性誌 公式オンラインストア editstore/エディットストア

女性たちの「すぐ買いたい」を叶える小学館の女性誌公式オンラインストアです。
editとは…<編集された><編集者の眼を通してセレクトされた>お店。
人気スタイリスト、モデル、編集者、著名人たちのコーディネート力、クリエイト力で、私たち女性誌が長年培ってきた美意識をカタチにしました。「今の私たちが本当に欲しいもの」をお買い物できる場として、ぜひ楽しんでください。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature